TOIEC200点台、、、といってもこれは高校生時代の話なので、もう10年前の出来事。海外旅行が好きで、すでに海外17カ国、渡航回数でいったら40回オーバーはいろいろなところに行きました。

英語は今も昔もほとんど喋れません。最近なんとなーく相手の言っていることがわかるかな?ぐらいです。それでも私から何かを言うことはほとんどできません。

今回、ご縁があってセブ島にある複数の語学学校に1週間ずつ留学体験をさせてもらい、実際に留学生の皆さんとご一緒に過ごしてきましたので、各学校の様子を英会話力0の目線からお伝えしたいと思います!

セブ島留学の魅力はなんといってもマンツーマン授業と1日平均8時間の授業数です。ですが、今回は体験ということ、私自身仕事をしながらの留学なので、どの学校も基本4時間のマンツーマン授業ということで留学しました。

まず第1校目は俺セブでも1位として掲載している『FEA プレミアム校』の方で1週間留学させていただきましたので、体験談を書きたいと思います!

これからセブ島留学を検討している皆さん!

実際、セブ島留学ではどんなことが行われているのか。すごく不安だと思います。私自身、俺セブでライターとして働いていて沢山の留学体験談や成功の秘訣などの記事を編集します。

沢山の膨大な知識はあったのですが、やはり聞くのと実際するのでは全然違います。本当に緊張ばかりで逃げ出したくなったこと多々…。

今回はこれから留学を考えている方、特に本当に英語力0の人でもセブ島留学はいいのか?それぞれの学校の特色と実際の授業の感想、施設や宿泊施設などの感想などを細かく書いていきたいと思います。

今回留学したFEA プレミアム校とは?

今回最初に留学した学校は、ファーストウェルネスイングリッシュアカデミー、通称『FEA』という日本人経営の学校です。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

FEAは現在、オスメニアサークル近くにあるセブシティ校と、アヤラモール近くにあるプレミアム校の2つの校舎があります。今回はプレミアム校の方に実際に留学し、セブシティ校の方は校舎や雰囲気を見学させてもらいました。

FEAプレミアム校の特徴はなんといっても8時間すべてマンツーマン授業なところです。だいたい他の学校であれば残り2時間はグループであったり、半々であったりと必ずグループレッスンが入るのですが、プレミアム校に限り、すべてマンツーマンで行っています!

*セブシティ校は2時間グループレッスンが入ります。

プレミアム校は2016年12月19日に校舎が新しくなるので、皆さんが留学に行く頃には校舎の雰囲気が変わっていますがご了承ください。今回は旧校舎での体験談を書かせていただきます。

旧校舎では、ウェルカムホテルという一般のお客さんも利用するホテルの最上階に学校があり、そのホテル自体を宿泊施設としています。第二宿泊施設としてウェルカムホテルから徒歩2分ほどにあるMJホテルというホテルも利用出来ます。

こちらは空きがあれば好きな方を選べるそうです。私はMJホテルに宿泊しました。学校の校舎ではないですが、MJホテルの方が綺麗だそうでとても満足しております。

また、新校舎は宿泊施設も学校施設もMJホテルに移行するそうです。なので今年の12月半ばからは、綺麗な方のホテルで快適ライフを過ごせるかと思われます。

新校舎の方も近日中に見学させてもらう予定なので、見学に行き次第、こちらに追記致します。

もう1つの特徴としては最大受け入れを30人ほどとしているので、少人数制でアットホームなところです。私が訪れたのが2016年10月30日〜11月5日の1週間だったのですが、生徒数はプレミアム校で15名ほどでした。

バッチメイト(同時期入学者)が4名でした。先生の数も多くなく、1ヶ月もいれば全員の先生の顔や名前を覚えられるはずです。

また、 FEAプレミアム校はホテル滞在型なので、プレイベート重視したい方、ゆったりと過ごしたい方、綺麗な部屋で過ごしたい大人の方に大人気です。実際に年齢層は平均25歳以上〜と高めとなっています。

学生が多くて騒がしいのが苦手な人は是非、FEAプレミアム校を検討してみてください。

1.FEAプレミアム校の場所と周辺のレストランやモール、治安、環境

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

場所はセブで1番賑やかで人気の場所、アヤラモールというショッピングセンターから徒歩で5分前後のところにあります。Wellcome Hotelというホテルがあるのですが、そのホテルの現在RDという階に学校が入っています。

1-1.アヤラモール

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

この学校の周りには、まずはアヤラモール!フィリピンの中流から上流階級の方がよく来るショッピングモールです。ここでなんでも揃います。服屋、両替所、飲食店、フードコートの他、スーパー、高級スーパー、日本でいうデパートみたいな化粧品、電化製品も売っています。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

案内板です。一階にスーパー、上に化粧品や服、電化製品などがあります。MJホテルはドライヤーは貸し出し有料なので長期滞在の方は買ったほうがいいです。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

アヤラにはファミリーマートもあります。日本みたいなお弁当も少し置いてあります。おにぎりなどはありません。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

スーパーにはお土産NO1の7Dのドライマンゴーがこんなに山積みに!

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

アヤラの中には写真屋さんもあります。もし写真を撮ってくるのを忘れた場合はここで撮れます。ただ、写真を忘れた場合はパスポートの写真で代用してくれるそうなので必要ないかもしれません。

1-2.周辺のレストラン

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

MJホテル横にあるローカルフードレストランです。鍋の中にあるおかずを指差してこれ1つという感じでオーダーします。それら2つとご飯を頼んでだいたい50P前後です。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

そのローカルフードの隣にあるのが火鍋です。かなり有名店みたいでいつも賑わっています。ランチは1時間しかないのでランチ時はおすすめしません。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

MJホテル、ウェルカムホテル前の道路を挟んだ向かいにあるレストラン。食事が運ばれてくるのが遅いのでランチにはオススメしません。夜は火・木とビュッフェがやっているそうです。299Pでのビュッフェはお得です!

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

ビュッフェ以外は一品料理です。こちらはポークベリーです。その他にパスタなどもあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

MJホテルを大通りに出て左に進んでいくとすぐに日本のケーキ屋さんがあります。その隣には韓国料理屋もあるのでそこでもおすすめです。他にピザ屋さんもあります。

1-3.治安

治安はかなり良いです。ただ、ストリートチルドレンや夜には路上で寝ている人もいるので、細心の注意は必要です。手荷物には気を付けましょう。ですが、大通りでアヤラモールが近く、ホテルも立ち並ぶエリアなのでそこまで心配はいりません。

MJもウェルカムホテルも大通りから道を曲がった少し先にあるので夜は怖いと思われますが、特に声をかけられたり危害を加えられたりはないと思います。

1-4.環境

環境はかなりいいです。MJやウェルカムホテルでの滞在もとてもいいですし、周りの環境にもかなり恵まれているため、不自由な思いをすることはありません。

FEAには朝ご飯はホテルの朝食が食べられ、昼と夜は各自ですが、それぞれのホテルのレストランでも食べられますし、近いところでいくつか食べられるところがあるのでリサーチしておきましょう。

すでに留学に来て長い人から聞くのも手です。私もすでに8週間留学をしている人から色々な情報を聞きました。

ただ、あまりにも周りの環境がいいために、少し気が緩むと毎日飲み歩く…なんてことになります。実際私も1週間の留学でほぼ毎日飲んでいましたので夜勉強することが出来ませんでしたw

しっかりと勉強したいのであれば、はっきりと断る勇気も必要です。

2.空港に到着してホテルにチェックインするまで

今回成田発セブパシフィック航空利用で少し遅延して17時にはセブマクタン空港に到着しました。FEA留学生は、空港から出て目の前の横断歩道を渡った向かいにお迎えのスタッフが待っています。

看板を持っていますし、事前にこの人が迎えに行きますよと顔写真が渡されていたので何の問題もなく会うことが出来ました。

その後、迎えの車に乗って宿泊先のホテルへ向かいます。空港からだいたい30分〜40分です。留学は日曜日チェックインの土曜チェックアウトのサイクルです。日曜日なので渋滞はそこまでしないのでスムーズに行けました。

この日はチェックインが終わったら自由時間になるので、初めてセブの人は不安かと思われるので事前にセブンイレブンや両替に行きたいか聞いてくれます。

希望があれば行くようにしましょう。ホテルからでも歩いてセブンイレブンに行きますが、地理もわからないでしょうし、できれば連れて行ってもらった方が安心です。

その後はホテルにそのままチェックインします。チェックインはスタッフの方が手伝ってくれます。パスポートを渡してサインするだけです。その時に茶封筒を渡されます。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

明日の集合時間、場所、オリエンテーションの冊子などが入っていますので、しっかりと中身を見て月曜からの留学をスムーズに行えるように読んでおきましょう。

到着日はこれで終わりです。ホテルでゆっくり休むのでもいいですし、周りを把握するために出掛けるのでもOK!授業1日目は朝がとても早いので夜は遅くならないようにしてください。

授業は8時からですが、初日だけはオリエンテーションとテストがあるので6時45分にロビー集合でした。ウェルカムホテルの人はおそらく直接ホテルの二階にある部屋に集合だと思います。

3.留学初日の様子と実際の流れ

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

初日は朝6時頃からホテルの朝食が利用できるので、食べてからMJホテルの人は6時45分にホテルロビーに集合です。プレミアム校担当である原山さんという方がお迎えに来てくれました。

3-1.オリエンテーション

その後、徒歩で3分ほどのところにあるウェルカムホテルの2階にあるミーティングスペースにてオリエンテーションを開始します。
7時、全員揃ったらまずパスポートやパスポートコピー、写真などを回収し、SSP申請書にサインをします。

申請代金などは両替を行ったあとに回収するので、この時はまだお金は持っていなくて大丈夫です。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

8時頃、初日に配られた茶封筒の中に入っている留学ガイダンスをみんなで読み合わせをします。留学中に注意事項などです。だいたい30分ぐらいの簡単なものです。

この時に、部屋に冷蔵庫がついていなかったり、部屋の設備の不備があったら言いましょう。すぐに対応してくれます。

読み合わせが終わって少し休憩を挟んでからテストを開始です。

3-2.レベルチェックテスト

内容はリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングでした。最初にリスニングとリーディング、その後それぞれ教室に入ってテストの続きという感じでした。

内容はリスニングは比較的易しいかなぁといった印象です。ライティングは私がもともと苦手なのもあり、ほぼ書けませんでした。ちなみに、教室に入ってからのテストは、フィリピン人の先生が隣に常にいるので正直やりづらかったです笑

なんだかずっと手元を見られていて、手が震えて書けない!

feapremiamu16

レベルチェックテストは翌日には結果が返ってきます。このように授業スケジュールとくっついてきます。ビギナーでした。そうですね、もちろん納得です笑

3-3.レベルチェック後は早速授業

テストが終わり一息ついたのも、つかの間…FEAでは初日からがっつり授業があります!最初のオリエンテーションのときに今日のみのスケジュールが渡されます。

feapremiamu14

実際に渡された私のスケジュールです。これが初日だけの流れになります。もちろん私は4時間のみの授業を希望していたので少ないですが、皆さんは基本8時間授業なので、17時まで授業があります。

10時、さっそく授業開始です。渡されたスケジュールを見て、私たちがそれぞれの教室に行きます。A.B.Cと書いてあるのが部屋のエリアでその数字が部屋の番号です。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

それぞれA.B.Cの扉があるのでまず、そこに入り、その後に区切られた個室へと行きます。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

こんな感じです。

初日の授業はまだテスト結果が反映されていない授業なので、生徒のレベルがわからないので先生も手探りで始めていく感じです。といっても、最初は自己紹介など簡単な会話から入っていき、その後プリントを配られて授業という形です。

10時の授業内容はテクノロジーていうテーマでした。正直言ってテクノロジーという言葉を聞くだけで拒絶反応が笑
それでも先生はわからない単語は他の言い回しを使って説明してくれたり、たとえを使って説明してくれるのでわからなくても結構理解が出来ます。

そのテーマが終わった後に、授業内容の配分を自分で決めます。スピーキング、リーディング、ライティング、リスニング、文法、シチュエーション英語などなど…種類が本当に沢山あり悩みました。

私は4時間なので、スピーキングを2時間、ライティング1時間、シチュエーション英語1時間という形で決めました。

11時からの授業は、ライティングの授業。テーマが「私が◯◯を好きな理由」というので文章を書くものでした。この題材は自分の希望でもいいですし、なければ先生が決めてくれます。私の場合は趣味をスキューバダイビングにしていたので、ダイビングが好きな理由になりました。

30分くらいかけて書いてその後添削してくれます。間違った表現や単語のチェックなどをしてくれます。

例:many many〜と書いたら、 a lot of に直されたりという感じです。

初日は2時間授業を受けてお昼休憩を挟みます。お昼は部屋に戻る人もいれば食べに行く人とそれぞれでした。初日はバッチメイトと長く留学している人とランチに出掛けました。

その後、本当は午前で私は終わりなのですが、月火と祝日のための補講があり、午後に1時間だけ授業を。

1日の最後はレビューという授業で、これは授業の最後に必ず設ける授業です。バディティーチャーといって、その先生が1日の終わりに進捗状況や理解度を確認してくれます。明日はこんな感じでやるよなどとも言っていました。

3-4.授業後はアヤラモールへ

その後、授業が終わった後に希望者のみで近くにあるアヤラモールへと買い物に出かけます。この時に買いたいもの、あと両替を行い、SSPの申請代金を払います。

最初にタクシー乗り場の案内、ぐるりと回って建物の特徴などを説明してくれた後に、4階ある両替所へ。そしてその場で解散という流れになります。帰りは各自で帰るという感じです。行きは車でアヤラモールまで行ってくれました。

たいていはバッチメイトとアヤラでご飯という感じになります。今回もアヤラのテラスにあるメキシコ料理屋でご飯を食べました。

4.火〜金曜の授業や勉強内容

実は今回は1週間の留学ですが、月火と祝日であったために、水曜の初日、木・金のみの3日間しか授業を受けていません。少し少ないかもしれないですが、どんな感じか書きます。

留学2日目・3日目
2日目の日にテスト結果が最初に帰ってきました。

feapremiamu16

今日から実際にこの結果を元に授業を進めていきます。祝日の補講のために5時間授業です。

スピーキング→パターンイングリッシュ→ライティング→サバイバルイングリッシュ→スピーキングという流れです。

スピーキング
配られたプリントの文を音読。その後に先生からの質問に答えていくという感じです。今回のお題は結婚でした。なぜ人々は結婚するのか?などを質問されて、ちょっと回答に悩む事しばしばです。

パターンイングリッシュ
左側に日本語、右側に英語が書いてあり、例題にならって自分でどんどん例を答えていくスタイルでした。
I’m trying to 〜。これで例を何個かあげていってどんどん使い方を覚えていくという感じです。日本語では思いつくのに、単語力がなく英語に直すのが難しかったです。
ですが、どのフレーズも簡単な言い方ですが普段から使うのでかなり重要で充実の授業でした。

ライティング
最初に名詞・動詞・代名詞・冠詞・形容詞・副詞・前置詞・感嘆詞・接続詞などを習いました。動詞の単語は?形容詞の単語は?という感じです。ほとんどわからなかったです。
その後に、その8つのセンテンスを使って実際に文章を書く練習をしました。

サバイバルイングリッシュ
英文でいくつか文章が書いてあり、それらを英語で尋ねるにはどういう文章を言えばいいのか?という授業でした。例えば、英文で「今このホームに来ている電車はどこどこにいくのか尋ねたい」と書いてあり、その問いかけを自分でつくといった授業です。
旅行中にはかなり頻繁に使うであろうフレーズを選んでくれているのでこれもとてもためになりました。

基本的にはスケジュールは1週間同じです。先生も同じ先生で教室も同じです。やる内容も同じなので、スピーキングだったらこの時間、この先生、そしてどんどんプリントが配られてステップアップしていくといった感じです。

なので、前回の授業に配られたプリントは捨てないようにしましょう。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

3日目も全く同じ授業内容・先生でした。

毎週金曜日の授業後に卒業式があります。今回は私は午前授業のみでしたので、簡単な卒業式を廊下でしてくださいました!

feapremiamu18-1

先生が全員集合して、卒業賞証を音読。授与といった感じです!Tシャツもいただきました。もちろん金曜日に卒業する人はきちんとした卒業式があります。ですが、FEAに関しては、よく週の途中で卒業の人もいるのでそういった場合はこんな感じの簡単な式です。

本来の卒業式は、きちんとした教室で行われ、先生のダンスや卒業生スピーチが行われるそうです!こちらが実際の卒業式の様子です。

FEAでの留学は、私だけかもしれませんが宿題はそんなに出されませんでした。生徒個々に任せている感じかなと思います。ですが予習復習はやった方が授業はスムーズに進むと本当に実感したのでした方がいいです。

5.実際の客層とバッチメイト

FEAはホテル滞在型留学で、値段も他の留学学校と比べて高めの設定になっています。だいたい1ヶ月平均15〜20万ですが、FEAでは30万ちょっとぐらいです。

なので来ている人は年齢層は高めです。私は訪れたときには、7割方が35歳以上ぐらいでした。お値段が高いとあって、比較的経営者の方が多かったです。あとはすでにリタイアをして来ている人も多かったです。

今回バッチメイトは私を入れて4名。70歳代の男性、50歳代の男性、40歳代の男性でした。とても小さくアットホームな学校なのでバッチメイトとも比較的かなり一緒にランチやディナーに行ったりしました。

それに、それぞれがきちんと仕事を持っていて上を目指している方ばかりなので、いい刺激になります。

6.FEAプレミアムとセブシティ校の施設・宿泊施設

6-1.プレミアム校

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

廊下です。こちらの並んでいる椅子で授業の合間に休憩します。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

教室は透明なドアがついていて個室となっています。中にはテーブルが1つと椅子が2つ、ホワイトボードがあります。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

授業はこんな感じでテーブルを挟んで行われます。かなり距離が近いです。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

それぞれのゾーンの中はこんな感じ。それぞれの個室に番号がついていて、指定の場所にいきます。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

廊下には重要な掲示物も張り出されているのでチェックしてください。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

プレミアム校では扉がA.B.Cの3つあり、それぞれに個室の部屋があります。

feapremiamu8

次に滞在したMJホテルのロビーです。ウェルカムホテルは賑やかですが、こちらのホテルは比較的静かです。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

ベットはクイーンサイズぐらいはあるでしょうか?とてもふかふかで最高の寝心地でした。テレビもあり、日本のアニメも放送されています。見すぎて勉強がはかどらないのが難点ですね。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

勉強出来る机もあります。鏡がちょっと気になりますが、勉強しやすかったです。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

クーラーは追加料金なしで利用できます。ポットもあり、コーヒーがありました。紅茶はありません。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

シャワー室。しきりのみで扉はついていません。バスタブはありません。温水がすぐに出て水量もしっかりと出て満足です。シャワーヘッドは固定タイプです。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

トイレも問題ありません。タオルも毎日取り替えてもらえます。アメニティは歯ブラシとシャンプー、石鹸のみです。その他必要なのは持ってきましょう。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

ルームサービスも利用できます。夜に出掛けるのが面倒なときはルームサービが便利です。しかもチェージ料なしで、値段も比較的安いです。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

MJホテルはルームチャージできるので、帰りにまとめて精算も可能でした。

6-2.セブシティ校

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

次にオスメニアサークル付近にあるセブシティ校の校舎です。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

アヤラ行きの車が出ているそうです。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

廊下。プレミアムと違ってゾーンごとの区切りはありません。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

個室の中はだいたい似ています。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

セブシティ校ではガラスの扉ではなかったので、中の様子は小さいこの窓で覗くことしかできません。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

外で授業をしている方もいらっしゃいました。

セブシティ校ではグループレッスンがあるのでグループレッスン用の部屋もあります。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

同じ階にカフェテリアがあります。ここはセブシティ校の朝食会場にもなっています。朝食はオーダー制です。その他、ここで自習や飲み物を頼んだり、ランチタイムにランチを頼むことも出来ます。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

セブシティ校の部屋です。プレミアムより値段が安くなっているので、部屋も少し簡素にはなりますが、滞在には問題と思います。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

トイレとシャワールームです。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

小さいですが、勉強スペースもあります。テレビも冷蔵庫ももちろんついていて、滞在には問題ありません。

是非、参考にどうぞ。

7.食事内容・洗濯・清掃

7-1.食事

食事は朝ご飯がホテルのビュッフェを利用出来ます。だいたい6時〜10時までやっています。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

種類は多くありませんが、卵料理をその場で作ってくれるタイプが1つ、おかずが4種類、ご飯、スープ、パンが3種類、飲み物が水とジュース一種類、コーヒーといった感じです。

内容は毎日きちんと違うものが出てきていました。味もそこそこ美味しいです。

昼と夜ご飯はFEAではついていません。お昼はだいたいホテルのレストランか、隣にレストランもありますし、近場にいくつか食べるところがあります。お昼は1時間しかないので、アヤラまで行って食べるのは時間がかかりすぎて無理です。近場で食べた方がベター。

夜ご飯はアヤラまで行ったり、ホテルのレストランを使ったりと比較的ゆっくり時間を使えるので、いろんなところへ行って食べに行くのがいいと思います。レストランでの食事も英語の勉強の一環ですのでどんどんと色んなところへ行き実践英会話しましょう!

7-2.洗濯

洗濯は週に2回回収して洗濯という流れになります。ホテルによって曜日が違います。出したらだいたい2日後ぐらいに出来上がるそうです。なので一週間のみの留学の方は、洗濯に出すなら早い方の曜日に出さないと出来上がってこない可能性があります。

7-3.清掃

ホテル滞在なので、清掃は基本的に毎日入ります。ホテルのスタッフによる清掃なので、貴重品の出しっぱなしなどには気をつけてください。しっかりとセキュリティーボックスに預けましょう。

チップは枕に置かなくて大丈夫です。

8.インターネット回線について

インターネット回線に関しては、現在学校のあるウェルカムホテルでは、正直つながりにくいです。MJホテル滞在の方は、ネット回線はかなり安定していて、早いです。

ダウンロードなども比較的早く行えるのでストレスがあまりありません。これに関しては学校は12月半ばにMJホテルに移転、滞在も基本MJだけになるので、今後はネット回線も安定して早くなるはずです。

9.私が思う、物足りなかった点、残念な点

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

学校の施設に関して、残念な点があったのですが、これは今年の12月半ばに移転となりかなり改善するとのことなので、移転に期待です。現状は、休憩スペースが廊下に並べられた椅子のみなのであまりくつろげないところです。

自習室もないのですが、移転後にはカフェテリアができるそうなので、そこで自習や休憩ができるそうです。

また、先生が女性ばかりなので、女子トイレが一個しかないので結構キツイです。10分の休憩にトイレに行くのが大変。

これはあったりなかったりと時々ですが、授業中に廊下での先生同士などのお喋りが結構大きくてきになることもありました。

たまにスケジュールで教室の番号が間違えているときがあります。行こうとしたらすでに生徒が入っていたことが2回ほどありました。よくミスをするらしいので、周りの先生に部屋どこ?などと聞きましょう。

10.この学校に行く際に持ってきた方がいい持ち物

ドライヤー→MJホテル滞在は、ドライヤーは1日100Pの有料貸し出しになります。だいたい1日220円ほどです。1週間では貸し出しでもいいかもしれませんが、長期、3週間以上滞在する方は現地での購入をおすすめします。もしくは海外対応のを持っていれば持ってくることをおすすめします。

カップラーメンなどの即席麺→昼と夜がついていないので、非常用にいくつか日本から持ってきてもいいかもしれません。スーパーでも売ってますが、日本のカップヌードルとは味は違います。

ファイル→留学中はプリントが多く配られます。ファイルがないとごちゃごちゃになるので、あればとても便利です。

12.この学校を特にオススメしたい人は?

・寮はちょっと騒がしい。綺麗なホテルに滞在したい人
・虫が大の苦手!滞在中は虫を見たくない人
・大人数がちょっと苦手。少人数のアットホームがいい人
・すべてマンツーマンで授業を受けたい人
・英語だけでなく、立地もよく滞在中は不便なく過ごしたい人
・大人な人

以上に人に是非おすすめしたい学校です!
留学などは特に夏休みシーズン、冬休み春休みなどは学生でごった返すと思われます。比較的年齢層高めで落ち着いた雰囲気を望んでいるなら是非この学校がいいと思います。

また、ホテル滞在なので不便なことは一切ありません。綺麗でふかふかのベットで毎日眠れますし、掃除も毎日してくれます。タオル類を毎日変えてくれて部屋で勉強出来る机もあります。

また、周りの人も大人な人、落ち着いている人、経営者の人などが多い為、社会人である自分にとって非常に有意義な時間、仲間と過ごす事が出来ます。

セブは常夏で虫が比較的多く、建物にはヤモリ、道には毛虫、蟻などがいますが、FEA滞在・MJホテル滞在中は出喰わすことがありませんでした。なので、虫が苦手な方におすすめです。

わいわいするのは苦手、グループレッスンは嫌、綺麗なところで寝泊まりしたい、宿と学校が離れているのは嫌だという方は、是非一度検討してみてください!

13.今回の留学で思ったこと、ここに留学する人に向けてのメッセージ

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

今回お世話になりました、右がプレミアム校担当:原山さん、左がセブシティ校:山根さんです。

アヤラモールまで徒歩5分ほどにあるので、比較的夜に出歩く事が多いかもしれません。他の留学生の方とご飯に出掛けたり飲みにいったりも多いかもしれません。

誘惑が多いので、メリハリをつけることも大切ですが、それでもせっかくの大人留学。留学に来ている人と知り合い、その後日本に帰っても連絡を取り合える仲間ができる事は最高の留学での宝物だと私は思っています。

私も今回の留学でかけがえのない仲間に出会いました。管理人もここで出会った人たちとは今でも仲が良いと言っています。

ぜひ、勉強だけになるのではなくかけがえのない仲間も作って欲しいと私は思います。また、こんなに色々と周りにお店が揃っているので、ホテルのレストランだけ、とかにならず、色々と足を運んでみてください。

また、英会話は実践が大事ですよね!先生は日本人の英語に慣れているので通じていますが、外ではそううまくはいきません。こちらも色々とチャレンジしてもらえたらと思います。

なお、今回の【FEAプレミアム校】への問い合わせは以下からどうぞ。
FEA公式サイトはこちら

美穂
 

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

マクタン好きのプロダイバー
月1セブを目指しながら東京とセブの往復をしている美穂です。

----現在訪れたダイビングスポット----
サイパン・グアム・パラオ・プーケット・バリ島・セブ島

沖縄本島・石垣島・宮古島・奄美大島・小笠原諸島父島・大島・神津島・三宅島・八丈島・御蔵島(スノーケル)・伊豆半島・葉山

などなど...タンク本数はトータル300本前後です。
現在ダイビングCカードのランクはダイブマスターという、プロの仲間入りのランクです。
ダイビング始めて5年!まだまだ世界の海を潜り尽くしたい!

私運営のセブ島情報HPあるのでよければ見てください。
http://tabi-jyoshi.com
Facebook常時更新中!
https://www.facebook.com/tabijyoshi.miho/

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。