フィリピン留学の重要ポイントは先生とのマッチング

今回の留学生

・お名前:ネーブル
・ご年齢:25歳
・ご職業:機械商社
・通われた語学学校:Target
・留学滞在期間:2週間

1、この学校を選んだ理由

こちらの学校に通う前にオーストラリアに語学留学を行っており、外国人と一緒に生活することにストレスを感じていました。しかし日系のTargetの場合、70%程度の学生は日本人ということで安心して生活し、勉強に集中できると思い選択しました。

2,フィリピン留学前に準備してきた事

自分の語学力の実力確認。TOEICを事前に受けました。また単語力を鍛える為、単語帳を徹底的にやりました。事前に準備したアイテムとしてはカップラーメン。

留学期間が比較的短く、現地での食事が合わないことが1番の心配事であった為、詰め込めるだけのカップラーメンを持っていきました。

3,実際留学してみて準備が足らなかった事は?

基本的な知識。フィリピン独特の多少の訛りはあるものの、現地の先生達が通常のスピードで話すと、聞き取ることさえ難しかったため、通常のスピードの英語に慣れておくことが必要であったと感じました。

4,学校の施設について

宿泊部屋としては何不自由なく生活できたと思います。また教室も狭い部屋ではありますが、他の教室の会話も聞こえづらく、逆に集中できる環境が整っていました。

サービスに関しては、困ったことがあればすぐに日本人スタッフにサポートしてもらえる環境にあります。

5,選んだ授業のカリキュラム内容と感想

1日8コマの全てマンツーマン授業を受講。授業内容としては発音の授業が2コマ。ボキャブラリーの授業が1コマ。スピーキングの授業が5コマ。

発音の授業では先生の口の形、舌の形、息の使い方を実際に見ながらアルファベット1つ1つを発音していき、先生に正しいのかチェックして頂く。徐々に慣れてきたら単語や節の発音の練習をしていくイメージ。ボキャブラリーに関してはひたすら単語を正しい発音で覚えていく。

スピーキングは先生によって授業内容が違う。英語の文章を順番に発音していく授業や、先生の質問に答えていく授業、独自に文章を考えて発表する授業など様々なものがありました。

6,最もためになった授業は?

最も為になった授業はスピーキングの授業の1つです。その授業は独自で文章を考えて発表するタイプのもので、先生からテーマが与えられ、そのテーマに沿って自分の考えを英語で文章としてまとめ、英語で発表しました。

しかも、考えるのも発表するのも制限時間が与えられており、私が体験したのは3分間話す為に、10分間文章を考えるというものでした。しかも条件として、考える時にメモ帳に書いて良いものはキーワードのみで、文章全部を書くことは禁止でした。

またその発表している時の時間を正確に計測し、スマホに録音をし、何度も聞き直しながら添削していくというものでした。実際この授業をやってみると自分の実力の無さを実感しました。

正直初めのうちは全くと言っていいほど喋れませんでした。自分が思っていることを英語に表すことがこんなに難しいことかと実感しました。

しかし実践していくうちに、どれだけ文章が間違っていても、声に出して話すことが目的であるので、自分が知っている文法や語彙を、頭の中で英語に変換して、簡単な英語ではありますが、少しは話すことができるようになりました。

この授業をやることによって単語力が上がり、文法の知識も付き、発音も見直され、話す力も付いたと思います。正直かなりハードなものではあると思いますが、実力をつける為には1番良い授業だったと思います。

7,周りの環境、治安の様子

周りの環境はとても良いと思います。何といっても日本人の学生が多いので安心感があります。1日8時間缶詰状態で英語を話しているので、それ以外の時間は自分のゆっくりした時間が必要です。

そんな時に自分と似た状況にある仲間達と会話することは、良いリフレッシュタイムになりました。治安に関してはセブの一般的な感じだと思います。

発展途上国なので日本と比べると良くないですが、東南アジアの平均的な環境といった感じで、海外にいるという事を意識していれば危ない目に遭うことは殆どないかと思います。

8,日々の食事内容

日本のレストランと同じレベルという事はありませんが、日本人の学生が多いので日本人に合わせた食事となっています。他の学校の食事を食べたことはないので比べることはできませんが、美味しくないと感じる料理は特にありませんでした。

キッチンスタッフはトレーニングをしているようで、周りにいる長期間いる友達としてはいろいろと改善されているとのことで、時間が経てば更に良くなるのではないかと思います。

9,インターネットの環境について

WiFiが全室完備しているのでネットが繋がらないことは無いです。ただ場所によって繋がりやすい場所と繋がりにくい場所はあります。私の部屋の場合、ネットサーフィンは問題なくできましたが、動画をスムーズに見るのは少し厳しかったです。

10,この学校の最大のメリットを教えて下さい。

最大のメリットはマンツーマン授業の充実だと思います。私の場合1日8コマ全てマンツーマン授業だったので、自分が英語を話さないといけない時間がかなり多くあり、1日のほとんど英語に触れていた気がします。

マンツーマンが少ない学校では、自分が喋れなくても授業が進んでいってしまう為、積極的にしゃべる事が困難な方には英語学習の意味が薄いと思います。マンツーマンであれば必然的に話さないといけないので英語学習がかなりはかどると思いますよ。

11,私が考えるフィリピン留学を成功させるコツ

グループ授業では無く、マンツーマン授業を重点的に入れること。またフィリピン留学では発音やスピーキングの力が付きやすいので、その前に単語力や文法力の基礎的な英語力を上げておく。そうすることによってスムーズに発音やスピーキングができると思います。

12,その他

今後の留学生の為に伝えたいことは、学校選びで毎日の食事と環境がとても大切であるということ。食事は毎日3食あるもので、その食事によって勉強へのテンションが変わってくると思います。

また環境では、フィリピン留学では授業を受けている以外の時間がとても大切だと思います。

授業で学んだことを復習する時間が限られているので、空いた時間や土日に自分でどれだけ自習することができるかによって、英語の伸びが変わってくると思うので、授業を受けている時以外の時間を大切に過ごすようにするとフィリピン留学ライフがより充実したものになると思います。

▶︎TARGETの公式HPはこちら

その他、留学体験談はこちらから。
▶︎英語力0!それでもセブ島留学してみた【FEAプレミアム校】
▶︎オーストラリアの留学サポートがしっかりできる学校はTARGETだけ!
▶︎TARGETの最大のメリットは自分のレベルに合った授業を希望に合わせて作り上げれる点でした

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。