イギリス語学留学~知っておいても損はない情報6選~

今回の留学生

・お名前:R.K
・ご年齢:30代前半
・ご職業:主婦
・通われた語学学校:C&C Language Center
・留学滞在期間:2011年7月から10月

1,この学校を選んだ理由

価格を重視してフィリピンを選びましたが、どうしても心配なのは治安でした。フィリピンの中でもイロイロは教育都市でもあり、比較的治安が良いという情報を得てイロイロに決めました。

C&C Language Centerはマンツーマン授業を含めてみっちり1日中授業があり、更に自主学習まであるスパルタだということ、日本人の割合が少ないということで、本格的に英語を勉強したかった私にとってはこれ以上良い条件の学校は無いと思って決めました。

2,フィリピン留学前に準備してきた事

元々大学で英語専攻だったため、英語の読み書きはある程度できると自負していました。能力を伸ばしたかったのはリスニングとスピーキングでした。

4ヶ月しか留学期間がないため、少しでも能力を伸ばすためにレアジョブというオンラインの英会話講座を2ヶ月ほど受講しました。レアジョブの講師もフィリピン人だったため、留学前に良い予行演習になったと思います。

3,実際留学してみて準備が足らなかった事は?

リスニングはもう少し日本でも独学すべきだったと思いました。また、チューターと話す際に、意外と自分は日本人にも関わらず日本のことを知らない、もしくは説明できなことがあり日本の文化なども整理して知っておくべきだと思いました。

4,学校の施設について

宿泊部屋は3人1部屋や1人部屋、2人1部屋などがありましたが、私が宿泊した部屋は2人1部屋でした。韓国人のルームメイトができました。部屋は授業に行っている際にヘルパーさんが清掃してくれますし、洗濯もすべてしてくれます。

学校の教室に関しては、マンツーマンは狭い部屋ですがチューターと向き合って授業に集中できます。グループクラスは大学のゼミ室のようでした。

共に勉学には最適の空間となっています。宿泊部屋とも近いです。施設内にあるプールも利用できるので、勉強に疲れた時や運動不足を感じた時などに利用できます。

5,選んだ授業のカリキュラム内容と感想

午前中4時間のマンツーマン、午後に2時間のグループクラスがありました。チューターによって指導内容や方法は異なります。他の学生の噂を聞いてチューターを変更する人もいました。

私が受講した授業は、会話重視もあればライティングやリーディングも万遍なくやる授業、発音重視の授業でした。グループクラスでは会話重視と文法の授業を受けました。

マンツーマンは自分のレベルやペースでできるので気が楽でした。グループはもともとリスニングやスピーキングに苦手意識を持つ私は、同じ程度のレベルの人が集まっているクラスなのに、他の人ができるように見えて毎回少し緊張しました。

文法は説明もすべて英語なので、日本語の本があると助かると思います。

6,最もためになった授業は?

英語技能のすべてを万遍なくしてくれるマンツーマン授業です。チューターの英語を聞くことで自然に英語には耳慣れます。授業中に日本語訛りの英語の発音は訂正してくれますし、文章を読んで自分の意見を言う機会も与えてくれます。

毎日日記を書くという宿題が出され、自習時間に取り組み、次の日の授業に添削してもらいました。継続することによってライティング力も向上したと思っています。

7,周りの環境、治安の様子

周囲に飲食店もありましたし、ジプニーにしばらく乗るとスーパーもありました。大きなショッピングモールには学校からタクシーで行くことが多かったです。生活に不便はありませんでした。

治安が良い方とはいえ、フィリピンですのでジプニーに乗っている時にスリ被害にあったという人もいるようです。当たり前ですが、日本にいるときより注意深く行動するべきです。

8,日々の食事内容

韓国人がオーナーの学校だったため、韓国人の生徒が多く、韓国食らしいメニューが若干多くでていましたが、苦にはならない程度です。スタッフがよそってくれるので苦手な物がある時は少な目でなど希望も言えます。

生野菜が少ないと感じました。時々授業が終わってから自主学習の前に外に食べに出かけていました。韓国人の生徒と一緒に出掛ける時は、韓国レストランもよく行き韓国食を堪能しました。フィリピン料理も食べましたし、日本食レストランもありました。

9,インターネットの環境について

WIFIのパスワードを壁に貼ってくれているので自由にWIFIを使えます。ただし、フィリピンなので日本よりはインターネット環境は良くなく、インターネット速度はとても遅くイライラすることもしょっちゅうで、途切れてしまうこともありました。使えないことはないけれど少し不便という印象です。

10,この学校の最大のメリットを教えて下さい。

施設や環境なども良い学校ですが、モチベーションを保つ上でも良い学校でした。毎月1回TOEIC形式の試験がありました。リスニングやリーディングだけでなく、スピーキングとライティングの試験もあります。

結果が良ければ、ベストスピーカー賞やベストライティング賞などラウンジで表彰してくれました。次はもっと頑張ろうと目標ができますし、また1ヶ月目標に向かって頑張る意欲が沸きます。

最後にプレゼンテーションで留学を終えました。やりきった感と成長を感じて自信がつきました。

11,私が考えるフィリピン留学を成功させるコツ

英語を学びに来ているので、できなくて当たり前です。チューターも理解して接してくれます。わからなければ何回でも教えてくれますし、言いたいことが伝わるまで根気強く対応してくれます。

積極的に英語でコミュニケーションをとる姿勢が大事です。また、目的や目標を持っているとより頑張れます。フィリピン留学に行こうと決めた当初の気持ちを持ち続けて楽な道を選ばずに勉強に取り組むことが成功の鍵だと言えます。

12,その他

チューターの家に泊まりでお邪魔させてもらったことがとても印象深いです。チューターの家族や親戚にも温かく出迎えてもらい、美味しいフィリピン料理を振る舞ってもらってとても幸せでしたし、良い経験ができました。

フィリピン留学は英語を学習するのはもちろんのこと、色々な人と出会ったり、他の島へ旅行したり、異文化体験ができるなど色々なことが経験できる良い機会なので最大限に活かすべきです。

▶︎C&C Language Centerの公式HPはこちら

その他、留学体験談はこちらから。
▶︎学校の近くに遊び場がないので、平日の夜も集中して勉強ができました!FirstEnglish留学体験談
▶︎英語×プログラミング!NexSeedでのエンジニア留学体験
▶︎英語力0!それでもセブ島留学してみた【FEAプレミアム校】

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。