留学先にイギリスを選ぶメリット・デメリット10選

今回の留学生

・お名前:H・F
・ご年齢:34歳
・ご職業:会社員
・通われた語学学校:MBA
・留学滞在期間:一週間

1,この学校を選んだ理由

社会人限定の学校だったことと、日本人経営だったことです。セブの英会話留学はリーズナブルに留学できるということで人気があり、若い年齢層の方や学生も多く留学されています。

学校案内を拝見したところ、同年代の方が多く入学されていたのが決め手でした。また、病気やケガなど、トラブルが発生した時のことを考え、日本人経営の学校を選びました。

2,フィリピン留学前に準備してきた事

日常英会話を勉強していきました。留学中の食事は、朝食以外は学校付近の飲食店で取ることになっていたため、レストランでの注文ができる必要がありました。

また、移動はタクシーを利用することが多いので、目的地を説明する英語力はあった方が良いです。日本の味が恋しくなると思ったので、緑茶のティーバッグも持参しました。

3,実際留学してみて準備が足らなかった事は?

トイレットペーパーは持参した方が良かったと思いました。フィリピンはトイレットペーパーの質が悪く、水に溶けずにトイレを詰まらせてしまうため、学校でもトイレットペーパーを流さないか、少量ずつ流すように指示がありました。一週間滞在するのに、トイレはストレスになりました。

長く滞在する方は「サトウのごはん」と即席味噌汁を持参することを勧めます。海外の米は日本人に合わず、食事は麺類かパンに偏ってしまいます。長く滞在される方の中には、食事に飽きてしまう方もいました。簡単に調理できる日本食は重宝します。

4,学校の施設について

ホテル内にある学校でした。1階がレストランと受付、2階が学校、4階と5階がホテルになっていて、学校の生徒以外は宿泊していませんでした。とても清潔な学校でした。

週に1,2回清掃サービスを受けられ、週1回洗濯機の使用ができました。水道水は飲めませんでしたが、各階に熱湯が出るウォーターサーバーが置かれていました。各部屋にトイレとシャワーがあり、テレビと扇風機とドライヤーが設置されていました。

5,選んだ授業のカリキュラム内容と感想

1コマ50分のレッスンで、マンツーマンレッスンが5コマ、グループレッスンが1コマ、自習時間が1コマありました。マンツーマンのレッスンは、発音のみのレッスンやスピーチのレッスン、事前に希望したレッスン(ビジネス英会話やTOEICに特化したレッスン)がありました。

レッスン毎に授業内容に合わせた先生に変わりました。各生徒にコアティーチャーと呼ばれる担任の先生が付けられ、留学期間中はその先生が勉強や授業以外のこともお世話してくださいました。

一日目の授業で、生徒のウィークポイントを見つけ、コアティーチャーが中心となって先生同士で情報を共有し、翌日からのレッスンはウィークポイントにフォーカスして進められました。

6,最もためになった授業は?

発音の授業です。いくつもの単語が書かれたプリントが用意され、50分間、ひたすら発音し続けました。発音を間違える度に先生に訂正されました。舌の動かし方も教えてもらい、練習を繰り返すことで体が覚えた感じです。苦手だったLとRの発音も、多少は克服できました。

7,周りの環境、治安の様子

学校の近くにコンビニがあったので、不自由はありませんでした。治安は悪くありませんでしたが、一人での外出は控えました。

8,日々の食事内容

朝食は、学校内の日本食レストランでバイキングを食べました。学校から徒歩圏内に、飲食店やコンビニがあったので、昼食や晩御飯は外食しました。

時間に余裕がある夜や休日は、タクシーでショッピングモールに行き、モール内のレストランで食事しました。学校内の日本食レストランも、昼夜は営業されていました。

9,インターネットの環境について

学校内のインターネット環境は良好でした。各階にフリーwifiのパスワードが設定されていて、オリエンテーションの際に、パスワードを教えていただきました。有料ですが、ポケットwifiのレンタルもしていただけました。

10,この学校の最大のメリットを教えて下さい。

ターゲットにしている年齢層が社会人という点です。若い年齢層が少なく、雰囲気が落ち着いていたことと、受けられるサービスがニーズに合っていて、英語の勉強に集中することができました。

11,私が考えるフィリピン留学を成功させるコツ

目的を明確に行くことが大切だと思います。フィリピンは物価も安く、綺麗な海やショッピングモールも近くに多くあるため、勉強以外で楽しむこともできます。

限られた時間しかありませんので、授業以外の時間をどう過ごすのか(勉強に集中するか、どのようなアクティビティも楽しむかなど)事前に計画を立てて留学した方が時間を無駄にしないと思います。

12,その他

セブ島留学は、限られた時間で最大限に英語力を伸ばせることができました。英語に触れる機会が少なく、英語が習慣化されない日本の生活では、上達するのに時間と努力を要します。

週に一度、英会話教室に一年間通いましたが、一日中英語の授業を受ける生活を一週間続けた方が、英語が上達したことは明らかです。

また、社会人にとってはリスクを抑えた留学だと思います。セブ空港へは、直行便だと日本から4時間半で行くことができます。一週間からの留学が可能なので、夏季休暇などを利用すれば、会社を辞める必要もありません。

英語力に自信はありませんでしたが、日本人も多く留学されていることは心強かったです。「行けばどうにかなる」という気持ちで留学を決めました。迷っている方がいれば、ぜひ挑戦していただきたいです。

MBA公式サイトはこちら

当サイト内のMBAの詳細ページはこちら
MBA|ビジネス英語が得意なセブ島にある社会人限定の語学学校

MBA校長の記事はこちら
フィリピン留学というダイヤの原石。セブ島語学学校MBAが開校するまで

その他、セブ島留学体験談はこちらから。
▶︎英語力0!それでもセブ島留学してみた【FEAプレミアム校】
▶︎カランメソッドで英語力がグンと伸びた!QQEnglishでのセブ島留学体験
▶︎3Dアカデミーでセブ島留学!6ヶ月間インターン留学した私がご紹介

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。