世界一周中の日常編‐トラベルハック8選‐

世界一周とひとくちに言っても、絶景をみた!珍しいものに出会った!という事ばかりでなく、日々の「生活」や、観光に至るまでの「下調べ」の部分もあります。

旅行中は洗濯ってどうするの?現地ツアーはどうやって申し込む?と言った、世界一周で必要なトラベルハックをご紹介しまーす!

トラベルハック8選

1.バス・飛行機の待ち時間はどうする?

短期留学で失敗しない!現地で実践したい7つの英語スキルアップ法

移動が多い分、その交通機関の待ち時間も多いです。とくに格安航空券を利用する場合は深夜発や、トランジットが数時間など、空港で時間をつぶさなければいけない時間が非常に多いです。

筆者は色んな国々の人が行きかう空港が好きで、あえて空港泊をしたり長いトランジットの航空券を買ったりします。

好きとはいえ、ずっと何もしていないのは飽きてしまうので、空港内をくまなく歩いてみたり(滑走路が見える屋上など、ワクワクしますね)コンセントを探してPCでダウンロードしておいた動画や本をみたり、写真を整理したりと、楽しく過ごしています。

空港ラウンジを利用して軽く食事するのもいいですし、例えば快適で有名なシンガポールチャンギ国際空港は、シアタールーム、マッサージチェア、ゲームルームなどなど、様々なものが用意されていて快適で、あえてチャンギ空港でトランジットする航空券を選んで!と言いたいほどおススメです。

そのほか、昼間半日ほどトランジットの時間があれば、その国で一回入国手続きをして市内観光をするのも、わざわざ行くつもりがなかった国でも雰囲気を味わうことできて、お得です。

長距離フライトの場合は、席から動けないストレスもありますし、ぐっすり眠れるように歩き回っておくのも手です。その場合は大きなバックパックは邪魔になってしまうので、荷物預かり所などを利用するのもよいでしょう。

空港内であれば、どこの国もある程度セキュリティが整っており安全なのですが、長距離バスターミナルとなると、地域によってはあまり治安が良くない場合があります。

そういったところではむやみに電気機器などは取り出さず、本などで時間を潰したほうが良いかもしれません。大概カフェなども併設されている事が多いので、ゆっくりコーヒーでも飲んでリラックスタイムを楽しむのも優雅でいいですね。

2.トイレ事情

ホームステイや賃貸で気を付ける8つの事

あまりきれいな話ではないですが、必ず利用するトイレ。世界中には様々なトイレがありますが、ここ最近は途上国でも、水洗の洋式トイレが主流になってきました。基本は日本と同じタイプが多く、国によっては若干便座が高いな、と思うくらいで特に不便はないです。

しかし、先進国でもトイレットペーパーを流さず、ダストボックスに入れるタイプも多いので注意してください。備え付けのトイレットペーパーが水に溶けないので詰まってしまう可能性が高いです。

そして、ペーパー自体切れたままない、という事も多々あるので、必ず持ち歩くようにしましょう。各国のトイレ事情を逐一調べてもいられないので、その場その場で適応していきましょう。

世界一!と謳われるほど、日本のトイレは充実した機能と清潔さで有名ですが、これは本当です。世界一周中は、様々なトイレに出会い、驚くことも多々ありますが、人間というのは不思議なもので、最初は嫌だなぁと思っていてもどんどん慣れてきます。

かくいう筆者も、日本では潔癖症で公共のトイレは絶対に使えない!というほどでしたが、世界一周にでて、どんなものでも気にしなくなりました。どうしても衛生面が気になる、という方はウェットティッシュを持参するとよいでしょう。

赤ちゃんのおしりふきなどは世界中で手に入るので便利です。トイレ以外でも、手をふきたい時など、いろんな場面で重宝しますよ。

3.ドミトリーでは・・・?

世界一周中の日常編‐トラベルハック8選‐

バックパッカースタイルで世界一周をするのであれば、ドミトリータイプの部屋に宿泊する事も多いと思います。ドミトリーとは相部屋の事。

一つの部屋にいくつもベットが並んでいて、基本的に自分のプライベート空間はベットの上のみ、という宿泊方法で、個室の部屋に泊まるより格段に値段が安いです。

こういったドミトリーが主流のホステルなどは、キッチンや共有スペースが充実していることが多いので、逆に便利なんです。二段ベットになっていることが多く、男女別部屋やミックスになっていたりもします。

知らない人と同じ部屋で寝るのは、最初はかなりハードルが高いかもしれませんが、そこで会話が生まれたり、楽しい事の方が多いです。筆者は、がらんと広い個室は心細くなり、夜は怖いと思ってしまった事もあるので、そういった意味ではドミトリーには安心感があります。

しかし、逆に言うと他人同士が同じ部屋なので、盗難などには注意する必要があります。筆者は寝るときは貴重品を入れたデイバッグは枕元におき、ワイヤーケーブルでロック(もちろん開け口も南京錠で)バックパックもベット近くに置いて同じようにロックしています。

貴重品ロッカーがあれば、そちらに置いた方が確実ですよ。あとは、国の違う者同士が同じ部屋を利用するのですから、気を使いあう事も必要です。深夜には電気をつけない、うるさくしない、最低限のマナーは守りましょう。

宿泊するときにどのベットにするか選べることがあれば、コンセントが近く、出入り口からは遠いベットがおススメ。数少ないコンセントは争奪戦になりますし、出入り口付近は夜間でもどうしても煩く感じます。快適に過ごし、同じ部屋の人たちと旅情報を交換しちゃいましょう~!

4.シャワールームの使用方法

世界一周中の日常編‐トラベルハック8選‐

個室に泊まらない限り、シャワールームも共有になります。基本的にシャワーしかない部屋なので、日本の浴室と比べると狭く、電話ボックス程度の広さのものがほどんどです。

そして、脱衣所はないのでその中に服など荷物も置きつつ、シャワーを浴びる必要があります。どうしても床は濡れているので、服やシャンプーなど入れているポーチはS字フックなどを多用して、ドアにかけておきましょう。

筆者は服を買った時に入れてもらう丈夫で大きめのビニールバックに着替えの服、ポーチを入れていました。かさばらないし、濡れないし、汚れればすぐ交換できるので便利です。

床が濡れていて衛生的に気になる場合はビーチサンダルをはいてそのままシャワーを浴びていました。しかし次に入る人の為、水はしっかり切って出ましょう。シャンプーは詰め替えタイプで注ぎ口がキャップでしっかり締まるタイプがおススメ。

ボトルのようにかさばらず、漏れることもないです。さらに、体を洗う石鹸を、日本のシャワータオルで自分で作ったきんちゃく袋に入れて持ち歩いていました。泡立ちもいいですし、使った後はつるしておくだけですぐに乾くので、とっても便利です。

朝夜は、シャワールームが混み合うので、空いている隙を狙って入り、他の人のためにも終わったらなるべく早く出るようにしましょう。

5.毎日の洗濯について

「何を持っていったらいい!?」世界一周に適した服装一覧

世界一周中は、洗濯は毎日手洗いが主流になると思います。宿近くのランドリーを毎回探すのも大変ですし、移動が多いので洗濯機を使うほど洗濯物が溜まりません。そしてなにより、持っている服が少ないので、毎日洗っていないと着る服がない、なんてことも。

手洗いするときは、宿の水道がある所ならどこでも、という感じです。宿に桶があればベストですが、なければ水道のシンクを軽く洗ったり、どうしても衛生的に不安な場合はビニール袋をしいてその中で洗濯をしていました。

宿によっては、シャワールームやシンクで洗濯をしないで!と張り紙をしている所もあるので注意です。筆者は持っていませんでしたが、綺麗好きの方は折り畳みバケツやスクラバウォッシュという洗濯専用の折り畳みバケツなどを持ち歩いていました。

スクラバウォッシュは転がすだけでバケツ内部のデコボコが汚れを落としてくれるので簡単です。脱水は基本雑巾絞りの要領でするのですが、きつく絞りすぎると繊維がダメになってしまうので、旅行中の数少ない衣類がすぐにヘナヘナになってしまいます。

乾かす時間がちゃんととれる場合は軽めに絞って、急ぎで乾かしたい場合は濡れた衣類をタオルに挟んでぎゅうぎゅう抑えましょう。かなりの脱水ができます。洗濯洗剤は、マヨネーズの空きチューブに入れるのをおススメします。

柔らかいので洗剤が減っていく分だけ容器を曲げたりできますし、こぼれず、濡れた手で直接洗剤を触らないので容器も汚れません。干すときは、宿にベランダなど洗濯干し場があればベストですが、なければ自分のベット周りに干すことになります。

洗濯ロープや小さめのピンチハンガーを持っていく方もいますが、筆者は物をとにかく少なくしたいので厳選した結果、ワイヤーハンガー2本と洗濯ばさみ4つほど、S字フックのみです。毎日洗濯すれば一回で干す量が少ないのでこれくらいで十分。

足りなければベットの枠なんかも利用します。特に女性の下着は小さいのでS字フックにひっかけられますし、ピンチハンガーは密集して干すので乾きにくいと思います。丈夫なロープは重いので代わりにビニールテープを何メートルか持っていました。

洗濯以外にも、荷物をまとめる時なども使えますし、何より軽くいらなくなったら捨てることもできます。洗濯物が溜まっている時や、どうしてもすぐに乾かしたい時はランドリーや洗濯屋さんに頼むこともあります。ランドリーは日本と使い方は同じ。

コインを入れて、希望の選択方法を選ぶだけ。洗濯屋さんはほとんどの場合、重さで値段が決まり、乾かして畳んでくれる所まで行ってくれます。仕上がる時間をあらかじめ聞いておきましょう。

洗濯って、なんにしろ面倒な作業ですがいくらバックパッカーとはいえ、身ぎれいにしておくに越した事はありません。毎日するものなので、旅行にでて1週間もすればすぐに慣れてしまいますよ。

6.日本へ荷物の送り方

世界一周中の日常編‐トラベルハック8選‐

世界一周中、1回は日本に荷物を送ったという方がほとんど。持ってきたはいいいけれど、必要なかったものや、各地で購入し旅中は使わないであろうお土産品など、持っていても荷物になるだけ、というものがどうしても出てきてしまうからです。

国によって値段は様々、だいたいは早く届くけれど高い飛行機便か、数週間かかるけれど安い船便のどちらかです。民間でも宅配便会社は多いですが、筆者がよく利用するのはEMS(Express Mail Service)という国際郵便サービス。

世界192の国の郵便事業と提携していて、日本でも郵便局で取り扱いしています。飛行機便なので若干高いですが、早い事と、追跡サービスがある事、補償もついているので安心です。

他社の船便だと荷物が届かず行方不明になる事も多いので、EMSをおススメします。送り方は簡単で、どこの国でも日本と変わらず、宛先住所を記載し、重さに合わせた料金を支払うのみでOK。

住所を記載するときは大きくAIR TO JAPAN(出来れば赤字で)と書けばばっちりです。ハガキを送る時も、日本と同じで切手を貼って、ポストに投函するだけ。輸送料は国によって様々なので、行く予定がある国で、輸送量が安い国を調べておくとよいですよ。

あまりに高額なものや、革製品、転売目的がありそうなものは関税がかかってしまう可能性があるので、気をつけて下さい。送る時の段ボールは壊れないように頑丈にガムテープを張っておきましょう。

段ボールなどは送る時の郵便局で購入できるので心配いりません。逆に、どうしても必要になったものを日本から送ってもらう時も、方法は一緒です。泊まる予定がある宿の住所に送ってもらえば大丈夫。その際は先に宿の方に荷物が届く旨を伝えておきましょう。

7.観光ツアーの申し込み方法

8e0db9690b4151a5dfbe4658f929cdba_s

観光する場合、自分でその場所に赴き入場券など購入して楽しむ場合と、送迎もすべて込みの観光ツアーに申し込む場合があります。自分ですべて手配する方が安い場合が多いですが、業者を通してでないといけない場所もあるので、旅行代理店を利用することが多くなります。

インターネット申し込みだと割り引き!という事もあるので、先にチェックする事をおススメします。そう有名な観光地ではない場合は、街の旅行代理店を利用するのですが、その場合も先に旅ブログなどを検索し、割り引きしてくれる代理店を探しておきましょう。

先人たちがお得な代理店の住所まで、事細かに載せておいてくれていることがあります。全く前情報がない場合は、数件代理店に値段をきいて比較するとよいでしょう。同じ行き先でもツアー内容が違う場合も多いので、詳細まで確認してくださね。

お得な情報を仕入れるには、なるべく英語ができるとよいです。ハイシーズンはツアーが数日先まで満席、なんてこともあるので早めの行動を心がけましょう。

8.インターネットでの効率のいい検索方法

世界一周中の日常編‐トラベルハック8選‐

日本の生活でも、調べ物をするときはインターネットを使う事がほとんどだと思いますが、世界一周中は特に、何に関しても検索することで情報を集めるので、使用頻度がかなり上がります。

その際に見つけたい情報を、なるべく早く調べる方法をご案内します。google検索についてなのですが、一つ目は検索結果の中から特定のものは省く方法。

例えば特定のホテルを検索したくても、総合ホテル検索サイトがたくさん引っかかってしまい、なかなか見つからない時があります。そんな時は、ホテルの名前-総合ホテル検索サイトと入力し、検索する(省きたいものの前に【‐】。を入れる)方法です。

これによって、本当に調べたいものを厳選して検索する事ができます。2つ目は検索項目を入力後、「もっと見る」の所から、期間設定を選ぶこと。各国のビザ情報や交通機関についてなどは、かなり早い頻度で変わっていきます。

世界一周の情報収集の際に、1年以上前の情報は古くて参考にならないと言っても過言ではありません。なので、この期間設定で最低でも1年以内を選び、検索しましょう。なるべく新しい情報を参考にすると確実です。

3つ目はYahoo検索ですが、検索項目入力後、リアルタイムをクリックすると、Twitter情報が表示されます。自然遺産などを観光するとき、天気の情報はとても大事なのですが、なかなか直接的な生の情報を得るのは難しいです。

でも、Twitterなら簡単。筆者はボリビアのウユニ塩湖(軽く雨が降って水が張っていないと、有名な鏡張りの風景が見られない)に行く際に、違う国にいて水が張った情報が入ったらボリビアに飛行機で向かおうとしていました。

Twitterだと、現地にいる方が水が張った!という情報をリアルタイムで発信してくれるので、とても便利。その情報が入ってすぐに航空券を購入し、向かいました。

天候に左右されるもので、いま現地にいない時の情報がすぐに手に入るので、とっても便利です。他にも、現地にいないとわからない直近のイベント情報なんかも仕入れることができますよ。googleでも検索できるのですが、Yahooの方が断然使いやすいです。

まとめ

image00

壮大すぎてうまく想像できない、世界一周という大イベント。今回ご案内した情報で、具体的に想像でき、身近に感じて頂けたらいいなと思います。

旅行中、特に期間設定がある方は忙しく、なるべくすべてにおいて効率よく行う必要があります。時間も少ないですし、観光にも体力がいるので、無駄な労力は削りたいですよね。

今回のトラベルハックを有効に利用して、スムーズな旅を楽しんでくださいね!

世界一周旅行に関するその他の記事はこちらから。
▶︎【徹底紹介】世界一周中に現地通貨を入手する手段と使い方
▶︎「何を持っていったらいい!?」世界一周に適した服装一覧
▶︎そこまでお金は要らない?お金をかけずに世界一周する17の節約術!

▶︎【バックパッカー監修】世界一周旅行完全ガイドへ戻る

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

世界一周トラベラー
音楽と甘いものと、カラフルなものが大好き。
ステキな海と、たのしそうなお祭りの情報がはいれば、すぐに飛んでいきます。
英語語学留学から、世界一周旅行を終えていったん日本に帰国したけど、すぐに飛び出しまだまだ旅は続きそう。
のんびりぼーっとしてるのでトラブル続きの毎日ですが、世界中のひとたちに助けられ、今日も元気に生きています。
なんとかなるっしょー!で乗り越えてきたわたしの経験談。
少しでもお役にたてればいいなと思います。

私の世界一周ルートはこちら
http://ceburyugaku.jp/40237/

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。