英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

第5弾は当俺セブでも5位掲載させていただいている、NEXSEEDです!この学校の特徴はなんといってもエンジニア留学ができるというところです。もちろん英語のみでもOK!ですが、だいたいはNEXSEEDを検討されている人はエンジニア留学を視野に入れている方が多いのではないでしょうか?

実際私は、高校卒業後は情報処理の専門学校に入学、当時でCOBOLという言語、今でも有名なJava、SQLであるオラクルを学んでいました。それでも難しくて中退しましたが、やり遂げて入ればと思っているところですw

その後、WEBに興味を持ち始め、ITブートキャンプでHTMLやCSS、PHPとWordPressを学びました。

はい、私はプログラミングが大好きなんです!♪

そんな念願のエンジニア留学に潜入し、体験させてもらったのでレポートしたいと思います。今回は英語留学ではなく、主にエンジニア留学にクローズアップして紹介します。ちなみに途中参加なので授業はもうかなり進んでいる段階でした。

今回留学したNEXSEEDとは?

ネクシードは英語×プログラミングとして有名な語学学校です。もちろん英語留学のみで来ている生徒さんも大勢いますが、英語とプログラミングを同時に学べるということ、母体がIT企業なのでこういったことが可能だとのこと。

日本でも世界で見てもプログラミングは今は重要なスキルのうちの1つ。これから小学校でもプログラミングの授業を入れることを検討しているぐらい重要になってきます。

プログラミングが出来るということは、強みの1つ。また、それプラス英語が出来ればかなりの強みです。実際プログラミングは英語なため、英語がわかるとかなりスムーズです。

セブという日本から離れた環境で、英語とプログラミングを学べる学校はほとんどありません。また、コースもWebコースとアプリコースがあるので好きな方、または両方選択することができます。

学校がある校舎はアヤラモールまで徒歩5分以内という立地、宿舎は飲食店などが立ち並ぶITパークより徒歩5分という場所にあり、都会の中で快適に過ごすことが出来ます。

そんなエンジニア留学を1週間だけですが、体験しましたのでレポートしたいと思います。また、エンジニア留学についてはかなりオブラートに包まれている部分があり、調べてもあまり情報は出て来ません。

公開できる情報をできるだけ多く!今回俺セブが独占公開します!もちろん掲載許可は頂いております。

1.NEXSEEDの場所と周辺のレストランやモール、治安、環境

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

ネクシードは、授業を受ける校舎と宿泊する施設は車で10分ほどの距離にあり離れています。校舎がアヤラモールまで徒歩5分以内のところにあり、宿舎はITパークから徒歩5分のところにあるコンドミニアムとなっています。

nexseed29

朝に2便、授業後に2便、送迎の車が出ていてそれで校舎と宿舎を往復することになります。遅刻、乗り遅れ、帰りは買い物してから帰る場合は自分でタクシーなどに乗り帰宅となります。

ちなみに、校舎から宿舎まで歩いて見たところ、約30分でした。道がかなり悪く、また大通りに面した道を通って帰りますが、かなりローカルなので歩いて帰ることはオススメしません。

1-1.アヤラモールとITパーク

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

校舎にはアヤラモールが近くに、宿舎からはITパークが近くにあります。アヤラはセブ1のショッピングモールで、ここで揃わないものはないほど大きいモールです。

学生時代TOIEC200代の美穂が実際にセブ島留学してみた【FEA プレミアム校】

スーパーから電化製品、飲食店やカフェ、文房具など揃っています。お土産などもここで買えば揃うと思います。NEXSEEDで留学の際はドライヤーがありませんので、女性の方はこのアヤラモールでドライヤーが300P(700円前後)から買えます。

また、宿舎はITパークに近く、ここでは多くの飲食店が並んでいます。残念ながらスーパーがないのですが、宿舎からITパークに向かう途中にセブンイレブンとミニストップがあります。

ITパークには、マック・ケンタッキー・バーガーキング・ジョリビーのファーストフード、日本料理屋の知暮里とQ兵衛、フィリピン料理レストランがあります。

1-2.周辺のレストラン

アヤラモールには数えきれないほどのレストランやカフェがあります。

そして宿舎近くのITパークにも多数の飲食店があります。

また宿舎から徒歩すぐのところにはOrange KarenderiaPizza Republic があります。

1-3.治安

校舎はアヤラ近く、そして宿舎はITパーク近くということで治安はほぼ問題ないかと思われます。校舎・宿舎共にセキュリティガードもいますし安心です。

送迎に乗れなかった場合はタクシーに乗る、歩いたりバイクタクシーに乗ったりしなければ危険な目には合わないと思います。宿舎からITまでの道は少しローカルですが、大通りなので問題はありませんが、荷物には気をつけましょう。

1-4.環境

立地がいいところにどちらもあるので、とても過ごしやすい環境にあるかと思います。校舎と宿舎を行き来するのは大変だと思いますが、それも慣れだと思います。

学校の帰りにアヤラモールへ気軽に寄ったり出来るのがとてもいいと思います。

また、宿舎はコンドミニアムを利用しており、他の一般の住居者もおりますが、2階のフロアが全てネクシードの生徒さん用に貸し切っているそうです。綺麗なコンドミニアムでトイレバスも別なので快適です。

2.空港に到着してホテルにチェックインするまで

お迎えは無料で含まれているので、空港までお迎えに来てくれます。そのまま宿舎の方に行き、宿舎の説明を受けて解散、その後は自由となります。

帰りに関しては、鍵を宿舎のフロントに返して自分でタクシーを拾って帰る流れです。セキュリティーに言えばタクシーを拾ってもくれますし、大通りに出て拾っても良いと思います。

3.エンジニア留学について

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

エンジニア留学について実際に体験したことを元に書きたいと思います。まず、エンジニア留学には2つのコースがあり、WEBとアプリコースがあります。それぞれ基本3ヶ月期間となっていて、その期間内にプログラミングを学び、実際に作品を作ることまでやります。

実際には、開始から3週間まではbasicコースからスタートします。まずここでエンジニアとして身につけて置くべき基礎を学びます。実際にはWEBの仕組み、HTML、CSS、PHP、データベース、Githubを学びます。

このコースはどちらのコースを選択していても、同じ教室で一緒に学びます。この3週間のbasicが終わってから、各コースに分かれてそれぞれ課題に取り組んで行く形となるそうです。

ちなみに、両方コースを選択している半年コースの人は、またbasicコースを受けることになるそうですが、大体の人は復習として授業を受けているそうです。

3-1.WEBコース

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

WEBコースでは一体何を学ぶのか?その答えはずばり、PHP!主にPHPをがっつりとがっつりと学んでいきます。実際にPHPで問い合わせフォームや掲示板などを作ります。

つまり、WEBコースといってもWEBデザイン、いわばフロントエンド開発ではないということです。業界用語でバックエンドと呼ばれる側を勉強します。なので、イメージしているHPを作ってPhotoshopを使って、配置考えて…ということはほとんど学びません。

WEBデザインをしたいと思っていた方は間違えないようにしてください。つまりは、Photoshopも使わなければWordPressを使うこともないです。表舞台ではなく、裏方のような役割ですね。

3-2.IOSコース

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

IOSアプリコース、つまりはiPhoneアプリを作るコースです。Xcode(ソフトウェアを開発するためのアップルの統合開発環境)、swift(ネイティブアプリを開発するためのプログラミング言語、SwiftはXcodeを使って開発)を使用しながらiPhone、iPadアプリを作ります。

そして実際にアプリ申請するところまでやります。

今や様々なアプリがリリースされており、また有料無料と沢山あります。良いアプリを作って売れるとすごく良い収入にもなります!また、こんなアプリがあったらいいな、こんな機能が欲しいなと思ったことあるはずです。

そんなとき、自分で作って自分で利用出来たら素晴らしいですよね。Androidはまた別のプログラミング言語です。ここではiPhoneのみです。ちなみに当たり前ですが、このコースを受ける際はiPhoneとMacBookが必要です。

3-3.エンジニア留学をするにあたっての心得

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

休んだらアウト
授業を15コマ(5日分)欠席した場合、続行不可能と判断しエンジニア留学の授業は出席停止!つまり5日休んだらアウトということ。ただそれも当たり前なんです。5日分も休んだら、ほぼ授業についていくことは不可能です。

それほど1時間ごとの授業内容は濃いですし、速いです。正直1日休んだだけでも何をやっているのかわからなくなります。体調管理面だけはしっかりと行ってください。

420時間
また、420時間コミットという目標設定があります。実際プログラミングの授業は1日3時間です。3時間×5日×12週間=180時間なので、3ヶ月で180時間分の勉強となります。正直これでは全然ダメです。

いくら3ヶ月やろうが半年やろうが、1日3時間の勉強だけでプログラミングは出来るようになりません。

なので、ネクシードでは420時間、つまり5時間×84日(12週間)=420時間を推奨しています。ようは授業終わってからも2時間は勉強しなさいということです。ちなみに84日は土日含まれた週7日ということですのでお間違えなく☆

土日も勉強しろいうことではありませんが、プログラミングを学ぶということは他を犠牲にしてでも学んでいかないと正直身につきません。私もそれは体感しています。土日遊んでばかりではおそらくこのコースにはついていけないかと思われます。

ちなみに私個人の意見から、1日8時間は勉強することをオススメします。まぁでもプログラミングの勉強って楽しいのであっという間に時間過ぎます!

自己解決能力を
世の中には、「ググれカス!」という言葉があるように、ググるということがエンジニアにとって重要不可欠。心得にもあるように、ググるべし。最終的には私たちは一人前のエンジニアになっていきます。

もしかしたらフリーでやって行く人も出てくるかもしれません。聞くことも大事ですが、それよりも大事なのは自己解決能力です。自分で解決できなければ、エンジニアとしては一切やっていけません。誰も助けてくれません。

聞く、待つ、教えてもらうの姿勢ではやっていけないはずです。

仲間がいる環境は宝
そんなことを言いましたが、仲間がいる環境は宝です。そしてこれからもずっとよき仲間です。ググれ、自分で解決をと言いましたが、仲間がいるうちは、色んなことを聞いていいんです。相談していいんです。

教えることによって知識が定着しますし、なぜそこで悩んでいるのか自分にとって気づくこともあります。またプログラミングは基本的には社会に出てからもチーム開発です。

仲間とうまくコミュニケーションを取りながら、1つの作品を作り上げていくことがなによりも重要です。

3-4.実際の授業の流れ

まず、あらかじめ渡航前に渡された資料をよく読んで、必要なソフトは全てダウンロードして使える状態か確認してからセブに来るようにしてください。セブはWi-Fiが不安定なため、セブに来てからダウンロードしては多大な時間またはエラーが起きる可能性があります。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

授業としては、ホワイトボードはほぼ使わず、先生のパソコンの画面がスクリーンに映し出されるようになっているので、それを見ながら進めていきます。

授業は先生が書いていくコードを同じように書いていきます。そして実際に動かしてみてどういう動きをするか確認します。それの繰り返しです。

私が訪れた際には、PHPで掲示板を作成していました。Sublime textで実際にコードを書いて、確認して、新たなコードを加えてまた動かしてという流れです。

そしてこのコードがどういった意味を持つのか説明してくれます。私が見た限り、自分で考えてコードを書いて見て動かしてくださいということはなかったです。まだbasicコースだったからかもしれませんが、基本的には真似てコードを書いていきます。

宿題も多く出ます。だいたいがここまで読んできてくださいということだったり、ここをダウンロードしておいてくださいだったりです。

3-5.実際に体験してみて私が感じたこと

PHPの文は暗号のように意味のわからない記号の羅列なのに、結構書くスピードが早く、タイピングには自信がある私でも追いついて行くのに精一杯でした。

また、スクリーンに映し出されるコードは『`』、『’』、『”』の判別が難しく結構大変ですwまたショートカットキーを多く使っていくので、覚えていかないとスピードに差が出て遅れます。

パソコンに関しては、WEBコースであればMacでもWindowsでもどちらでも可能ですが、先生もMac、生徒も8割はMacなので、Windowsと操作が違うことが多々あるので、これからパソコンを買うのであればMacをおススメします。

また推奨は13インチ以上だそうです。私は11インチですが、プログラミングをするのにはやはり向きません。

東京や色々な通信講座であるように、テキストに沿って自分でコードを書いていくスタイルではなく、専門学校みたいな感じの講義型スタイルです。先生が1から教えてくれ、一緒にコードを書き、わからないことは随時教えてくれます。

授業中に自分で考える、ググって調べるということはないみたいです。授業中はあくまでに一緒にやっていきます。

東京で勉強をしようと思ってもやはりダラけてしまうもの。私もそのうちの1人でした。だから石垣島という変な場所でプログラミングを勉強したこともあります。セブで環境を変えて勉強するのはおそらくかなり良い体験になると思います。またはかどると思います。

海外での生活でのストレス、習慣の違いなどで大変かもしれませんが、プログラミングを学ぶ上で、環境を変えることは私は重要だと思っているので、セブでのエンジニア留学はとても効果のあることだと思います。

4.英語の授業と内容

エンジニア留学を選択した場合は、英語の授業は3時間、プログラミングの授業が3時間という感じになります。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

授業は朝9時スタートで、入る時期によって午前午後どっちに英語か、プログラミングか、が変わるそうです。私がいた時の場合は、9時〜12時間は英語の授業、午後13時〜3時間プログラミングの授業といった感じでした。

他の学校は8時間授業が多い中で、ネクシードは多くても最大7時間なのでゆったりとした雰囲気です。また完全に朝9時スタートなので朝はのんびり起きれます。

また、ネクシードの英語授業の特徴としては、スピーキングが出来るように特化しているところです。リーディングなどの教科はなく、話せるようになる授業を組み込んでいるそうです。

私は事情があり、英語の授業は一コマしか受けていませんが、そのときはPractical English、超実践的日常英会話というのをやりました。テキストに沿って進めていき、私の場合はビギナーなので、5W1Hのどれを入れるか?というのをやりました。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

担当してくれたのはミッシェル!教え方も、引き出し方も上手で楽しい授業でした。

また、エンジニア学生は、ネクシードオリジナル要素のうちである、課題授業はありませんのでご注意ください。課外授業とは毎週水曜日の午後に行われる行事です。

企業に訪れて話を聞いたり、大学に行って話を聞いたりといった現地体験型です。これはネクシードの最大の特徴でもあり、外と触れ合えるとても良い機会です。エンジニア留学生にはないのですが、こういったこともネクシードはしているそうです。

5.実際の客層とバッチメイト

行ってみてびっくりしたのですが、まさに大学!という雰囲気でした。圧倒的に若い人が多いです。そしてまたどちらかというと落ち着いた若い人が多く、男女比は男性の方が多い印象でした。また台湾人がかなり多かったです。

エンジニア留学に関しては、私が訪れたときは女性2名、男性7名という比率でした。エンジニア留学になると年齢層は上がりますが、高校生の方もいらっしゃいました。

6.NEXSEEDの校舎・宿泊施設

気になる校舎と宿舎の施設をご紹介したいと思います!どちらも2013年以降に建てられた新しい建物内にあるので、とても綺麗です!

6-1.校舎

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

校舎が入っているビルの外観。美しいカーブが特徴で、ここの12階フロアがネクシードスペース。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

エレベーター降りてこの細い道の奥にネクシードはあります。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

中に入って1番に目に入るのがこれ。卒業生達の寄せ書きボード!卒業したらここに書き込みましょう!

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

マンツーマンの部屋はこんな感じで仕切りで区切られています。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

スペース的にはどこの学校も同じぐらいのスペースですね。狭くもなく、広くもなく良い感じの大きさです。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

奥にはグループなどで使われる大きい部屋があります。その先にオフィスがあります。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

エンジニアルームAです。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

こっちがエンジニアルームB。2つ教室があります。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

休憩スペース兼、ランチスペースです。ここで授業の合間の休憩を取ったり、お昼はここにランチのケータリングが来ます。

nexseed26

先生ボード。

6-2.宿泊施設

次に宿舎をご紹介します。宿舎はITパーク近くにあるコンドミニアムの2階フロアをネクシード用に借りていて、そこを使用します。部屋は1人か2人部屋のみで、部屋には二段ベットが2つ置いてあります。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

この黄色の建物が、コンドミニアムです。セキュリティーがいて、他の住居者もいます。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

廊下部分。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

ウォーターサーバーもしっかり設置してありました。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

部屋の中。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

二段ベットが縦と横に配置されているので、寝ている様子など見られないので、プライバシーが保たれます。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

1人で利用するのはちょっと閉塞感はありますが、2人利用のときはいいですね。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

洗面台というかキッチン部分。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

トイレ。紙は備え付けのゴミ箱に捨ててください。トイレットペーパーは初日に1個のみの支給、あとは各自購入です。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

シャワーは温水も水圧も良い感じでした。扉には大きい全面鏡もついていて便利です。

その他、部屋に小さいベランダがついていて、洗濯を干せるスペースがあります。ドライヤーなし、冷蔵庫なしです。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

屋上にはプールがついています。ただし、利用は1回につき100Pで、利用の際はフロントに支払いに行く必要があります。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

シャワートイレもついていて、着替えも出来ます。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

プールの他にも下に降りる階段があります。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

眺めの良い喫煙スペースでした。夕暮れ時はかなり良い感じに周りが見渡せるので、ここで息抜きにのんびりするのが良いと思います!

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

年末年始は花火もよく見えそうです!

7.食事内容・洗濯・清掃

日々の食事や洗濯、掃除など、暮らしていく上でかかせないことは、ネクシードではどうなっているのか?調べて来ました!

7-1.食事

食事は3食完全に別となっています。好きな物を食べてもらうといったスタイルだそうです。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

お昼ご飯のみ、学校の休憩スペースにケータリングとしてくるので、そこで好きなのを買うことが出来るので、ほぼ全ての生徒さんはランチはこれを利用しているそうです。だいたい100P前後で食べられます。

または、日本食の弁当、もしくは隣のレストランか、レストランの奥にお弁当スペースがあるので食べられます。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

ここは日本人のおばちゃんが作っているお弁当で、100P前後で食べられます。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

隣は韓国料理が並んでいました。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

フルールシェイク店もあるみたいですが、この日はやっていませんでした。ランチはケータリング、またはレストラン、またはこちらの弁当、または少し慌ただしいですが、アヤラまで行って食べることも出来ます。

朝ご飯は、だいたいが校舎についてから、セブンイレブンや隣のレストランでご飯をとっているそうです。夜ご飯はアヤラモールやITパーク、宿舎の周りと食事できるところは多いですし、時間もゆっくりあるので問題ないと思います。

朝と昼は1食あたり100P(250円)、夜は300P(700円)を見積もっておきましょう。その分のお金を忘れずに持って来ましょう。

7-2.洗濯

洗濯は完全に個人にお任せといった感じです。無料でも有料でもランドリーサービスは学校側からはありません。学校側が推奨しているのは、学校から徒歩5分ほどのところにある、ランドリーショップにて洗濯する方法です。

だいたい1キロあたり50Pといった感じで出せて、翌日または2日後に取りに行くといった感じです。

英語力0!それでもセブ島留学してみた【NEXSEED エンジニア留学】

または、部屋には小さいベランダがあり、洗濯物を干せるスペースがあるので、手洗いして干すのもアリかと思います。

7-3.清掃

掃除に関しては週に1回清掃が入ります。ベットシーツの交換は、月に1回程度だそうです。

8.インターネット回線について

ネット回線に関しては、宿舎に関しては部屋ごとにWi-Fiルータが設置されているのでそれを利用することができます。速度的にはまずまずでした。学校内はWi-Fiをキャッチ出来ないことが多くあまり使えませんでした。

エンジニア留学の方は、別途専用のWi-Fiがあります。

9.私が思う、物足りなかった点、残念な点

部屋は新築のコンドミニアムですが、基本はフィリピンクオリティです。扉の立て付けが悪く閉まりや開きがかなり悪かったですし、トイレやシャワールームに水色のペンキがこびりついていたり…wあとシャワールームに小物を置くスペースが一切ないので不便でした。

あと、完全食事なしなのであれば、冷蔵庫は常備してほしいという感想です。バルコニーの洗濯干す紐の位置も低すぎてハンガーかけると服が床についてしまいますwまた、部屋の机が大いに斜めっていてちょっとアレでしたw

また、エンジニア留学に関してはポケットWi-Fiを使用していて、繋がりが悪いことがあり授業が進まないことも多々ありました。あとは、長期滞在が多めの学校なのですが、食事・洗濯完全別がちょっと不便、シーツ交換も月に1回は少ない印象かなというところです。

10.この学校に行く際に持ってきた方がいい持ち物

・ドライヤー→貸し出し等もないので、アヤラモールで購入するか、日本から海外対応のを持って行くのをオススメします。

・多めの現金または国際キャッシュカード→エンジニア留学などは期間が3ヶ月、食費など不透明なので多めに持ってくることを忘れずにしましょう。でないと最後の方はひもじい思いをすることに?w

12.この学校を特にオススメしたい人は?

・1人部屋または最大でも2人までなので、ゆっくりと部屋で過ごしたい方。
・立地のいいところに滞在したい方
・課外授業など、色んなことに触れて見たい方
・とにかく話せるようになりたい方
・英語だけではなく、プログラミングを学びたい方

以上の人におススメです!1番のオススメは、プログラミングを勉強して就職や転職したい人にはかなりいいです。実際に作品を完成させるところまでやるので、就職活動にはかなり影響を与えます。

また、英語も勉強しますし、スマートに話せるようにはなれなくても英語に抵抗はなくなるはずです。グローバル化が進む中、英語とプログラミングが出来る人は就職の幅もグッと広がります。

13.今回のエンジニア留学で思ったこと、ここに留学する人に向けてのメッセージ

エンジニア留学、正直言って8割以上が初心者の方ですし、3ヶ月あるのでゆっくり目なのかなと思っていましたが大間違い!3週間目の生徒さんと一緒に勉強しましたが、もうすでにかなりコードを書くのは慣れていましたし、授業のスピードも速くて驚きました。

なんとなくやってみよう、なんか楽しそうだな。そういった理由で来るのもいいかもしれませんが、想像以上にやはりプログラミングを学ぶということは大変です。覚悟して臨んだ方がいいです。

また、体調を崩しやすい方、風邪を引きやすかったりお腹を壊しやすい人は、色々と対策出来るグッズを持っていきましょう(正露丸など)。前半でもお話しましたが、休んだらアウトです。体調面はしっかり管理しましょう。

これから小学校でもプログラミングの授業が始まる時代です!プログラミングは重要なスキルのうちの1つです。是非頑張ってマスターしてください!

なお、今回の【NEXSEEDエンジニア留学】への問い合わせは以下からどうぞ。

▶︎NEXSEEDの公式HP

美穂

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

マクタン好きのプロダイバー
月1セブを目指しながら東京とセブの往復をしている美穂です。

----現在訪れたダイビングスポット----
サイパン・グアム・パラオ・プーケット・バリ島・セブ島

沖縄本島・石垣島・宮古島・奄美大島・小笠原諸島父島・大島・神津島・三宅島・八丈島・御蔵島(スノーケル)・伊豆半島・葉山

などなど...タンク本数はトータル300本前後です。
現在ダイビングCカードのランクはダイブマスターという、プロの仲間入りのランクです。
ダイビング始めて5年!まだまだ世界の海を潜り尽くしたい!

私運営のセブ島情報HPあるのでよければ見てください。
http://tabi-jyoshi.com
http://tokyo-girls.top

Facebook常時更新中!
https://www.facebook.com/tabijyoshi.miho/

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。