マクタン半島 Guitar Factory

こんにちは、リサです。
今回は2つの場所をご紹介したいと思います。

TOPS(トップス)

トップスはセブシティを一望できる山の上の観光スポットです。
セブ市内から車で40分くらいのところにあります。


大きな地図で見る
場所はこちら

ラホークエリアになりますが、マルコポーロホテルよりも大分先!

夜は夜景がとてもキレイなので、地元の若者のデートスポットにもなっているようです。

セブ島セブシティのトップス
とても綺麗な夜景でしたが、
写真に収めるのは難しかった。。。

小さな飲食店もあるので、お酒を飲みながら夜景を眺めることが出来ます。
幸せの鐘という日本でもよくある小さな鐘があり、鳴らし方が色々あるようですが、
一緒に鳴らすと幸せになれる!らしいです。

カップルには最適な場所ですね。

トップスまでは車でしか行けないので、帰りのことも考えて料金をタクシーと交渉して下さい。往復と観光中の待ち時間を含めて1台1000ペソ~(交渉次第)

トップスの入場料は100ペソです。

Alegre Guitars Factory(アレグレギターファクトリー)

アレグレギターファクトリーはマクタン島にある有名なギター工場です。

場所はこちら

大きな地図で見る
セブシティ側からは40分程度

マクタン半島 Guitar Factory
こちらがエントランス

フィリピンは世界的に有名なギター・ウクレレ産地で、中でもそのほとんどがマクタンで作られているそうです。

入り口を入って行くとすぐに壁にギターが飾ってあり、その奥では職人さんがギターを作っていました。

マクタン半島 Guitar Factory
様々なデザインがあります。

マクタン半島 Guitar Factory

マクタン半島 Guitar Factory
ところ狭しと並ぶギターの数々
とてもカラフルです。
マクタン半島 Guitar Factory
こちらはもう販売間近!?
マクタン半島 Guitar Factory
ちなみに屋根のある屋外です。南の国ですね。
マクタン半島 Guitar Factory
まだ着色のされていない物や、パーツだけの制作途中の
ギターが並べられていて、なかなか見ることのできない
風景は美しかったです。

私はギターもウクレレも弾けませんが、制作過程が見られたり色々な種類のギターが見られるので、とても興味深かったです。

最終的に、弾けないくせに買うかすごく迷いました。
ギター・ウクレレが弾ける人はもちろん、弾けない人でも十分楽しめると思います。

入場料はかからないので、往復のタクシー代で済みます。セブ市内から行く場合をメーターは使わない場合が多いのでタクシー代を交渉して下さい。

また、ギターファクトリー付近ではなかなかタクシーが捕まらないので、見学中の待機分を含めて交渉しましょう。

マクタン半島 Guitar Factory
なお、留学生の中には購入して日本に持ち帰った人もいました。

気になるギターのお値段は、ちょっと記憶が曖昧なのですが1500peso(3000円ちょい)ぐらいからだったかな。

以上になります。

この2つは日本の観光雑誌にも記載がある有名な所。
是非押さえておきたい観光スポットです。

それでは、また・・・

おすすめ関連記事

セブ島ビーチリゾートを日帰りで!1000peso以下のデイユースプランまとめ

セブ島マクタンビーチリゾートを日帰りで!デイユース1000ペソ以上まとめ

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

職業小さな会社のしがないデザイナー

4年7ヶ月いた会社を辞め、大っ嫌いだった英語を克服するために2012年9月~11月末までの3ヶ月間セブ島の語学学校FEAへ留学。超初心者(中学1年生レベル)からスタートして、最終的には先生と間を置かずコミュニケーションが取れるぐらいになる。
ガイドブックでは分からないセブ島をご紹介します。

リサの記事一覧へ

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。