セブ島焼肉若松Wakamatsu |若松看板

セブ島には日本食レストラン、韓国料理のレストランがたくさんありますが、「若松」は焼肉店としてオススメできるお店です。

ここの特徴は1人620ペソで焼肉食べ放題!

場所はこちら

アヤラモールから車で10分の場所にあります。ただしこの道、ラッシュアワー時はとてもとても混む道路の一つです。そのため、距離は近いですが倍はみておいたほうがよいでしょう。

セブ島焼肉若松Wakamatsu |若松看板

こちらの看板が目印。

セブ島焼肉若松Wakamatsu |店内の様子

店内の様子です。半個室っぽくなっているので、とても快適ですよ。

客層は価格帯からか、比較的フィリピン人の中でも裕福層が多いです。数回行きましたが、日本人よりもフィリピン人の方が常に多い印象でした。

セブ島焼肉若松Wakamatsu |メニュー2

こちらは2年前のメニューです。

セブ島焼肉若松Wakamatsu |メニュー

右上をよく見ると570ペソって書いてありますよね。

セブ島焼肉若松Wakamatsu |若松看板

そして、こちらのメニュー2014年版だと文字はぼやけていますが、「ADULT 620」
そうです!値上がりしております。

これは別に若松だけではなく、恐らく他のお店でも同様の現象が起きてるので、恐らく単純に物価が上がったということでしょう。

2年間で50ペソ分ぐらい上がったんですねー。なるほどなるほど。

セブ島焼肉若松Wakamatsu |スタッフ

こちらはホールのお姉さんたち

セブ島焼肉若松Wakamatsu |若松看板

オーダーを幾つかしたら、炭を入れて、火をつけてくれます。

セブ島焼肉若松Wakamatsu |焼肉

料理がきたらガンガンいれる!

ちゃんと煙を吸う機械もあるからご安心を。匂いはそこまでつきません(多分)

セブ島焼肉若松Wakamatsu |若松看板

通常のカルビやハラミなどに加えて、鳥肉、エビやイカもオーダー可能です。

セブ島焼肉若松Wakamatsu |若松看板

残念ながらドリンク代は別です。あ、食べ残しはなしでお願いします。

若松といったら・・・

セブ島焼肉若松Wakamatsu |若松看板

カリフォルニアロール!!

結構イケます。

白米はオーダーできたか不明ですが、白米代わりにカリフォルニアロールという手もありですね。

そして若松といったら・・・・!!

セブ島焼肉若松Wakamatsu |若松看板

ビビンバ!!

若松のビビンバは美味しいです。ご飯代わりにもなりますしオススメ。

セブ島焼肉若松Wakamatsu |若松看板

これも食べ放題のメニューに入っています。(素晴らしい!)

そして若(略

セブ島焼肉若松Wakamatsu |若松看板

マンゴーのシャーベット!!(いや、パイナップルだったかな!?)

フィリピンだとこういうかき氷系は一般的ではないようで、このかき氷ネタで一緒に居たフィリピン人との会話が盛り上がりました。

というわけで、先生と行く機会があったら是非これもオーダーを。

若松のまとめ

席数は多いので、大人数でなければ平日は予約は必要ないでしょう。(土日は予約しておくほうが無難かも)

予算は620ペソ+ドリンク入れて、合計700ペソ~800ペソぐらいでしょうか。日本円だと2000円ぐらいいくかな。

帰りのタクシーやジプニーは非常に捕まえやすいです。

若松焼肉(Wakamatsu Yakiniku)Japanese Restaurant
住所 1-L Pacific Square Building, F. Cabahug St., Mabolo, Cebu City
電話番号 +63-32-232-5897
営業時間 午前11時半~午後2時、午後5時~午後11時
不定休

同じ焼肉系のお店だと但馬屋があります。こちらの方が価格が安いですね。

Tajimaya(但馬屋)|399pesoで焼肉食べ放題!?セブ島食べれる日本風の焼肉レストラン

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。