『本気留学であなたは変われる』留学を通して人が変われる機会を創りたい

本気留学サウスピークを経営している丸山です。前回の投稿(▶︎『本気留学であなたは変われる』留学を通して人が変われる機会を創りたい)ではなぜ、サウスピークは本気留学にこだわるのかについて書きました。

そして、本気になることで人は変われると信じているというのが、サウスピークの考え方であるという説明を行いました。

今回はより具体的に「ノースキル文系」と呼ばれる大学生たちが1年間で変わることができる「ノースキル文系プラン」について説明したいと思います。

ノースキル文系とは?

ノースキル文系の君へ。休学をして留学と海外インターンで就活に勝てる人になろう。

「ノースキル文系」ひどい言葉ですよね。この言葉を聞いて腹立たしく感じた人もいるかもしれません。

もともと、「ノースキル文系」という言葉は、

大石哲之さんの著書「英語もできないノースキル文系大学生はこれからどうするのか」という本の中で使われた言葉です。

著書の中で、大石さんは就職活動で苦労している「ノースキル文系」の方の辛い現実について冷静に分析しています。
 

そもそも「ノースキル文系」は今までに自分を売り込むことのできる能力や経験がなにもないので、自己分析をしても書類に書く内容もないし、面接で語れる具体的な経験もありません。

そうなると、就職活動では「自分はなんでもやります」と言って根性だけを売り込むことになります。結果としてノースキル文系が就職につけるのはブラック企業のみということとなってしまいます。

この辛い現実に対して、大石さんは突き放すのではなく一つの案を提示しています。それは、今まで何もやってこなかったことをまずは認めて、1年間大学を休学して、フィリピンに留学と海外インターンをするというものです。

フィリピン留学では、TOEIC800点以上を取得して履歴書に書ける能力を手に入れる。そして、海外インターンでは面接で語れる職務経験を身につけます。

このプロセスを通じて、履歴書に書ける能力と面接で語れる経験が身につけることができれば、ノースキル文系から脱却することができ、ブラック企業以外の会社にも就職することができますよというのが大石さんの提案です。

過激な意見に聞こえるかもしれませんが、私はこれは本質をついた意見だなと思いました。現実的になにも売り込む能力がない人が就職活動に取り組んでも、根性しか売るものがないというのは残酷ですが事実でしょう。

「頑張ればどうにかなる」というような感情論ではなく、大石さんの意見はノースキル文系から脱却できる具体的な提案となっています。

サウスピークでは大石さんと共同してこのノースキル文系プランを現実のプランとして採用することにしました。実際に昨年も10名以上の生徒が利用して、ノースキル文系からの脱却を果たしました。

ノースキル文系プランの概要

ノースキル文系の君へ。休学をして留学と海外インターンで就活に勝てる人になろう。

ノースキル文系プランの概要について説明いたします。ノースキル文系プランの基本的には下記のような考え方です。

休学 × フィリピン留学 × 海外インターン = 就活の成功

(1)サウスピークで2ヶ月〜6ヶ月間の留学でTOEIC800点を目指す

サウスピークで留学を行い英語力を高めます。就職活動で評価される為に、サウスピーク滞在中にTOEIC試験を受講して頂きTOEIC800点を目指します。

サウスピークでは「平均して」3ヶ月でTOEICが200点以上上がっていますので、英語力がゼロという状態でも6ヶ月間留学して頂ければ、TOEIC800点程度まで英語力を高めることが可能です。

▶︎語学学校史上初の成果!3ヶ月で「平均」TOEIC200点アップを達成

▶︎英語初心者の留学を失敗させないための6つのサポート

TOEIC800点以上を取得することにより、履歴書に書くことができる内容が一つ増えます。また、海外インターンで働くための基礎を作ることができます。

(2)学内で就職対策講座を受講する

ノースキル文系の君へ。休学をして留学と海外インターンで就活に勝てる人になろう。

サウスピークに留学中は、学内で就職対策講座を行います。これにより、就職活動の一般的な常識やESの書き方を学びます。

また、サウスピークに在学する社会人の生徒に学内OB訪問を行い、実際に働いている人達がどのように仕事を決め、どのような仕事をしていたのかをインタビューします。

これにより、B to B企業とB to C企業の違いや、職種による仕事の仕方の違いなどを学ぶことになります。利害関係のない語学学校の中だからこそ、社会人の赤裸々な話を聞くことができます。

ノースキル文系の経験者は、この学内OB訪問を経験することで、社会で働くとは実際どういうことなのかが具体的にイメージができたと語っています。

(3)卒業後に海外インターンや国内インターンをする

サウスピークで英語力と就職活動の知識を身に付けた上で、「実務経験」を身につけるために3ヶ月から半年程度インターンを行ないます。インターン先ではどのようなことを身につけるべきなのかについても指導致します。

近年、就職活動での競争が厳しくなることで、人気企業に応募する学生の多くがTOEIC高得点を所持しています。そのため、就職活動で差をつけるためには、英語力以外にも、もう1つ履歴書に書けるものがあると他の応募者と差をつけることができます。

ノースキル文系プランでは英語力を身につけた後、海外インターンをすることで「実務経験」を得られるようになります。履歴書にTOEICの点数と海外インターンで得た「実務経験」を書くことで他の応募者と差をつけて、就職活動で勝つための武器を身につけます。

ノースキル文系の君へ。休学をして留学と海外インターンで就活に勝てる人になろう。

(海外インターンをしているサウスピークの卒業生とベトナムのホーチミンで。たくさんの仲間ができます。)

ノースキル文系プランの参加者

① Shotaroさん:サウスピーク留学後、現在インドネシアでインターン → 志望するベンチャー希望への就職!サウスピークでは、TOEICが280点から765点まで485点UPさせました。

ノースキル文系の君へ。休学をして留学と海外インターンで就活に勝てる人になろう。

Shotaroさんのコメント
「サウスピーク卒業後に、現在インドネシアの人材紹介会社でインターンをしています。そこで、目的である自身のスキルアップのために奮闘しています。具体的には6時に出社し、退社後カフェで0時まで仕事をしています。
 
仕事内容としては社会人の方々と全く同じ事をやらせていただいており、テレアポ→商談(求人のヒヤリング)→人物の選定と紹介、面接の設定→交渉→契約申請等です。与えられた月の目標を達成するために1日単位で自身のパフォーマンスを検証・分析し、日々施策を実行しています。

ローカルスタッフとの社内コミュニケーション、テレアポ、人事マネジャーとの商談は基本的に英語です。サウスピークで勉強した英語が良いアウトプットとなっています。

この3ヶ月で、結果が出た月、出なかった月を経験し、仕事の旨み苦味を経験しました。残りの2ヶ月で結果を出し、自信を持って就活に挑みます。」

その後、見事に就職活動を成功されました。1年間の休学中に行った英語留学とインターンで、明確な成果を出していたため高く評価されたそうです。

② Harukaさん:サウスピーク留学後、現在インドでインターン → 大手1部上場企業に内定! サウスピークでは、TOEICが700点から905点まで205点UPさせました。

ノースキル文系の君へ。休学をして留学と海外インターンで就活に勝てる人になろう。

インターン中のHarukaさんのコメント
「サウスピーク留学後は、インドでフリーペーパー会社のインターンをしています。毎日70件ほど、インド人を相手に広告の営業をしています。

日々与えられる高いノルマと、また自分自身の考え方と向き合うことにもがいていまが、止まらず考えこまず、ひとまず行動を早く・多くすることを心がけて日々精一杯に生きています。

そんな中、契約がとれ自分のクライアントができた瞬間は、毎回たまらなく嬉しいです。 また、インターンを通して自分が何をしたいのかイメージが湧くようになってきました。将来は、英語を使って日本の優れた製品を海外へ広める仕事をしたいです。

インターンを通して、「”何”を売るのか?」「本当に世の中のためになるビジネスか?」ということがとても大切と考えるようになったので、会社選びでは、表面的なものだけで判断せず、どういう会社かをしっかりと知り判断したいと思います。

帰国後一気に始まる就活も今では楽しみです。サウスピークで得た自信、インターンの経験を武器に、納得のいく結果を出すよう勿論頑張ります!!」

 
その後、就職活動を成功させ、大手化学メーカの内定を勝ち取りました。

新宿、名古屋、大阪で休学者向けの留学説明会を行います

大学を休学しようと迷っている方もいると思います。特に「海外に行ってみたい」でも「就活が不安だ」という人も多いのではないでしょうか。

そんな方は是非、「ノースキル文系プラン」を検討してみてください。きっと、英語や海外に行く経験だけではなく、「どのように働きたいのか」まで見つけられる経験ができますよ。

そんな休学者向けの留学説明会を2/4(土)、2/5(日)に新宿、名古屋、大阪で行いますので、是非参加してみてください。

休学者向け留学説明会 in東京、大阪、名古屋 2/4(土)、2/5(日)
▶︎https://souspeak.com/kyugaku-seminar/

サウスピーク公式サイトはこちら

サウスピーク 代表
丸山 要平

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

サウスピーク代表
「本気留学」サウスピークを経営しています。
筑波大学国際総合学類を卒業後、フィリピンでオンライン英会話を起業。2013年からサウスピークを開始。セブでは5年以上生活をしているため、現地の情報にも明るいです。1984年生まれ。兵庫県明石市出身。
https://www.facebook.com/phyohei

1コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。