【新発見】語学学校で絶対教えてくれないシリーズ
http://cast-note.com/tag/prison-break/

こんにちは。セブのストリート系ブロガー、モトボサツです。ホテル留学FEAでマーケティングのお仕事させて頂いております。

運命のいたずらなのか10年前セブへ流れつき、過酷で楽しい2年間に及ぶジャングル生活を経て、今日まで私がたどってきた日々の経験が皆さまのお役に立てたらと願って止みません。

人生はすべて出会い

さて、人生はすべて出会い次第です。

それを我々は運とも呼んでいます。

今回はある変態カナダ人との出会いと、それから起こった奇跡についてお話ししたいと思います。

2009年、ジャングル菩薩となってしまう一歩手前にセブの山を降り、縁あって某韓国系の語学学校へ居候しました。今でいうインターンシップですね。もっとも当時はそんな洒落た呼び名はありませんでしたが。。。

混沌極まるダウンタウンのど真ん中に建つ古いビルの中に、教室とドミトリーがありました。

当時のフィリピン留学は、本当にコリアンワールドで朝から晩まで赤色で埋め尽くされた韓国料理を食べ、なぜか夜7時頃になると決まって軽く下痢をしました。

おかげで便秘したことは一度もありません。。。

私があてがわれた部屋には窓が一切無く、普通の人だと1週間でアウトでしょう。無給で働く丁稚奉公でしたが、天国でした。それまでの山の生活ではデング熱にやられ、首の無い鶏が並ぶ冷たい井戸で朝から水を浴び、まるで毎日が戦乱の世さながらでした。

鶏の足の代わりにトカゲを焼いて食べる、ワイルドな生活からすると極楽です。お湯の出るシャワーがあり、大雨による土砂崩れに怯えることもありません。

ところで、その語学学校にはアメリカ人、イギリス人、カナダ人のネイティブ講師がいました。当時の韓国系の語学学校のステイタスは、ネイティブの講師が居るかどうかという点にありました。

韓国の若者は3カ月~6カ月のフィリピン留学の後、そのままオーストラリアにワーホリへ出るというのが基本パッケージで、ネイティブの発音に慣れておく必要があるようです。

現在のところ、日系語学学校でネイティブの雇用は聞きませんが今後、欧米と絡む事が必須となってくれば、ネイティブ講師雇用の日系語学学校も出てくるのかもしれません。

ある日、私が食堂で遅いランチを食べていると、カナダ人講師ジェフがやってきました。彼は当時26歳で一瞬でわかるレベルのチャラ男ぶり。セミスキンペッドにサングラスを頭にひっかけ、プリズンブレイクの主役の男性をチョイ悪にした感じというと分かりやすいかもしれません。

「ヘイ、ボサツ ジャパニーズガール紹介しろよ!」

座ったとたん単刀直入に要件を言ってきました。

よかったら飲みに行こうぜ
「Let’s grab a beer if you want to」

それがきっかけで仕事が終わると、そのままマンゴスクエアーのYo.uというレストバーでビールを飲む仲間になっていきました。

【新発見】語学学校で絶対教えてくれないシリーズ

「I love チュギハラキャナ」

「チュギハラキャナ?」

彼は胸の大きな女性が大好きで、チュギハラキャナという日本のグラビアアイドルにはまっていました。セブで私の知らない日本人のグラビアアイドルをカナダ人に教えてもらう衝撃。。。

”チュギハラキャナ→次原 かな(つぎはら かな、1984年8月25日 – )は日本のグラビアアイドル。好きな男性のタイプは包容力のある人、やさしい人、紳士的な人、リードしてくれる人である。wikipediaより抜粋“

ジェフはリードするのは非常に上手そうですが、包容力は微妙。。。彼は日本人の若い女性はみな、次原かなだと嫌らしい妄想を抱いていたようです。私と居れば、いつかきっと次原かなを紹介してくれるだろうと信じるジェフの下心が透けて見えます。

当時は山から降りたばかりで日本人の知り合いは一人も居ず、今でこそセブで多くの若い日本人女性を見かけますが、当時のセブには日本人女性はあまりいなかった記憶があります。

アメリカ人英語の巨大な壁

ところで、当時の私の英語レベルはビギナー。

彼の母国語は英語で、何の努力もなくフィリピンという異国で最高のアドバンテージを確保している彼と、苦労しながら英語を覚える私との条件の違いを、非常にアンフェアに感じましたし、嫉妬もしました。

英会話をほぼゼロから始めて半年経過した頃でしたので、フィリピン人の英語は何とかわかるようになっていましたが、ジェフの超絶ネイティブ発音は聞き取りに苦労しました。

Yo.uバーでビールを飲んでいると、ジェフが勝手に呼びつけたガイジンの友達が続々と集まってきました。

私が唯一の非英語圏という非常にアウェイな形勢となります。何か振られてもすぐに返事ができない有様。とりわけアメリカ人の会話はまるで巨大な壁のように私に立ちはだかりました。

「フィリピン人とは会話ができるのに!?」

己の無力さに自己嫌悪に陥った事を今でもよく覚えています。

しかし、幸いなことにジェフはごく基本的な日常会話をビサヤ語で話すことが出来ました。我々の共通言語は英語+ビサヤ語になりました。
私とジェフがビサヤ語で話している様子をみてフィリピン人達は大ウケ!

ジェフのビサヤ語は、根本的にイングリッシュ発音そのままで一瞬英語に聞こえてしまいます。学校でジェフのビサヤ語を真似してみるとさらに大ウケでした。そうやって遊んでいるうちに自分の中でビックバンが起こりました。

「英語の発音がかなり上手くなってるね」

ある夜、いつものYo.uバーで海兵隊あがりのアメリカ人から褒められました。有頂天になるほど超嬉しかったですね。本物から発音を褒められることほど嬉しいことはありません!!私の発音が変わったきっかけは、ずばりジェフのビサヤ語のモノマネです。

英語に効く!? カナダ人のビサヤ語の真似

英語訛りたっぷりのビサヤ語を真似して遊んでいるうちに、知らず知らずのうちに英語発音のトレーニングになっていたのでした。まるで、ベストキッドのダニエルさんが車のワックスがけをさせられているうちに、受けの練習をしていたのと似てる気がします。

【新発見】語学学校で絶対教えてくれないシリーズ

そう確信した日から、毎日英語ウォーミングアップとしてジェフのビサヤ語の真似を積極的に導入しました。

もちろん本人には内緒ですが(汗

この儀式を行うことで、ジェフを自分の言語中枢へインストールすることができました。私の場合、たまたまジェフとの共通言語がビサヤ語だったので、このような顛末となりましたが、これが日本語でもアリだと思います。

外国人が話すコテコテの英語訛りの日本語を真似することで全く同じ効果が期待できます。

“英語は物まね”だと多くの方が解説しておりますが、単純に英会話やるだけでも大変なのに、発音までガイジンの真似するとなると、いきなり負荷が高すぎるかもしれません。

そこで、ハードルを一段下げて、コテコテの英語訛り日本語を真似することで、間接的に発音のレッスンをするという方法を提案したいと思います。

こちらの動画を真似してみてください。

これを数回真似してこのガイジンになったつもりでそのまま英語に切り替えるとガイジンモードのまま英語に入れるでしょう。

それと、すでに英語として採用されている津波(ツゥナーミ)みたいな日本語ベースの単語でウォーミングアップを図るのもいいですね。

寿司     スゥシィ
刺身     サシィミィ
ガリ     ガァリィ
すき焼き スキヤァキィ
しゃぶしゃぶ シャブシャァァブ
天ぷら     テンプゥラ
照り焼き テリヤァァキィ
焼き鳥     ヤキトォリィ
たこ焼き タコヤァキィ

私はこれまでセブでは、大学を含め多くの外国人に日本語を教えてきました。2年前、アメリカ人にも日本語を教えたことがあります。アメリカ人あるあるシリーズで、みなさんご存じのように、「私は」は「ワタ~シワ」となりますね。

タ音にアクセントがあり、さらに鬼門の破裂音が加わります。ジェットコースターのような高低差のある抑揚とリズムも特徴的です。英語では意味を表す上で重要な単語を強調しようとしますね。

それとスピードの緩急も日本語に比べて極端です。こうやってアメリカ人の話す変な日本語発音を真似することで、比較的楽に英語の特徴をつかみ吸収することができます。

ぜひYoutube等で外国人が話す英語訛りの日本語を探してみてください。

外国人に褒められるには?

最後に、スポーツでも同じですが、誰かに褒められたことをきっかけに人生が変わります。私はジェフの友達に発音を褒められた快感が忘れられず、もっと褒められたい欲求が芽生えてしまいました。

ではいつどうやって外国人に褒められるのかといえば、ほぼ100%自己紹介の時です。

“その人の評価は最初の3秒で決まる”とも言われています。

ということは、英語を褒められるには自己紹介の時が絶好のチャンスといえるでしょう。

以前関連記事を書きましたのでぜひご参考にされてください。
▶︎モトボサツ流 はじめの一歩!ビギナーがフィリピン留学でスタートダッシュするための事前準備編

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

FEAマーケティング担当
■Rich Island Consultancy services 代表 
・税務会計コンサル
・会社設立、営業許可取得
・現地調査、通訳

■セブノーマル大学
・日本語クラス担当

■語学留学アドバイザー

■タガログ語、ビサヤ語堪能

中央大学法学部法律学科卒。
司法試験2度落ちた後、上海へ。
職歴:某ゼネコンにて会社員歴あり。
脱サラでキャバクラ経営、老人ホーム経営。
諸事情によりフィリピンへ流れつく
お水系&シニア留学生に定評あり

モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。