フィリピン・セブ島|腹痛にならないために

よくアジア圏の国に旅行すると「お腹を下す可能性が高くなる」という事を話を聞いたことありませんか?

例えば、「水は氷でも飲んじゃダメ」「ナマモノは食べない!」など、海外へ旅行したことがほとんどない方は、特に敏感になる事だろうと思います。

僕自身がまさにその例で、、、、
海外へ行くこと自体がほぼ初めて!しかも今回は留学期間が4ヶ月以上だったこともあり、体調が崩れるんじゃないか、お腹を壊すんじゃないかと、とてもとても心配でした。

しかしながら、フィリピンセブ島へ留学してから気づいたのですが、意外と僕達が普通に食事する分にはそれほど制限がありません。レストランで通常のお水が飲めますし、氷もOK。最初は怖かったですが、生の野菜だって食べれることがわかりました。(水については日本ほど綺麗にろ過できていないと思うので、ペットボトルを飲むほうが良いかもしれません。)

それは僕が特別、腸が強かったわけでもアジア圏の国に慣れていたからでもありません。多くの人が同じような食べ物を食べて、飲み物を飲み、(グレーな食べ物を食べない限り)お腹を下すことがないので、基本的にセブ島の衛生面は安全だと言えます。

でも中にはセブ島へ留学をして体調を崩す方もいます。
今回はその理由を3つご紹介します。

セブ島で体調を崩す主な原因

着いてから一週間以内に体調を崩す方の多くは疲れ

僕が4ヶ月セブ島にいたなかで、着いてから1週間以内に体調を崩す方はそれなりに見かけました。

セブ島留学する人の多くは、一人でこっちに勉強をしに来ます。そして僕もそうだったのですが、海外留学経験は元より一人で海外に行くということが初めて、という方も多くいます。

そのため、極度の緊張感とストレス、それからここで数週間過ごせるのか?という不安から体調を崩してしまうんですね。

もう一つのケースは長旅の疲れ。フィリピン航空を使えば成田(今は関西もありますね)から直行便で5時間程度でこれますが、このチケットは中々高いです。

そのためチケット代を節約するために大韓航空を使ったり他の格安航空を使うと、安くなる分飛行時間、待ち時間が長くなります。

長旅で疲れている所へ、更に翌日から8時間の授業(初日なのでプレッシャー大)がスタートし、しかも環境がガラリと変わる。こういった影響で体調を崩している方も多くいました。

この状態でイングリッシュオンリーポリシーの学校に入ると、本当に大変です。。。この辺はご自身の英語力や期間、留学経験など考慮して語学学校選びすることも、大事ですよ。

ローカルレストランで食事をすると確率が高くなる

1週間後から体調を崩す方のパターンがこれです。

ローカルレストランとはいわゆる地元の人たちが食べる定食屋です。

いや、定食屋というと聞こえはいいですが、日本でイメージするような綺麗な建物があるところばかりではありません。

フィリピン・セブ島|ローカルレストラン
こんなところが普通

こういうローカルレストランの魅力は食事代が非常に安く済む事。
お腹いっぱいまで食べても50peso(100円)行きません。

また、食事自体の味も結構美味しい。そのため、好きな人は何回もここに足を運ぶ場合もあるでしょう。

フィリピン・セブ島|ローカルレストラン
これぐらいだったら30peso~40pesoぐらい

ただし、問題もあります。

衛生面が他の通常のレストランに比べて良くないです。そのため、食後に体調を崩してしまう方も中にはいるんですね。

長期間の留学生は行っても良いでしょうが、短期留学生は避けておいたほうが無難。ここで出てくる氷や水はまず飲まないほうがよいでしょう。ペットボトルの水を販売しているので、それを飲んでください。

フィリピン・セブ島|ローカルレストラン
こんな感じで料理がいっぱいあります。
フィリピン・セブ島|ローカルレストラン
衛生状況はそのお店によって様々。
フィリピン・セブ島|ローカルレストラン
肉料理については結構どれも美味しくてびっくりする
フィリピン・セブ島|ローカルレストラン
左:元FEA講師 右:元FEA留学生
こちらの留学生はかなりタフな方だった(笑)

お金を触わった手で、そのまま食事をすると確率が高くなる

これも意外と盲点なのですが、お金を触った手で食事をそのまましないでください。
これは念のためです。

フィリピンの紙幣や小銭は日本のお金に比べて、汚れているといえます。
どのぐらい汚れているか、雑菌が多いかなどはわかりませんが、それが原因で体調を崩したという方がいました。

ただ、お金を触った場合はナイフやフォークやスプーンを使ったり、手を使う場合は事前に手を洗う、アルコールのジェルを購入する(現地の薬局で売っている)などの対策をして、避けておいたほうが無難でしょうね。

お腹を下さないために僕がやっていたこと

僕は何だかんだで喉がやられたことは複数回ありましたが、下痢や便秘などの症状に悩まされたことは4ヶ月の留学で一度もありませんでした。そんなに体が強い方ではないと思いますが、なんとか大きな体調不良になることもなく無事に帰国することが出来ました。

その要因の一つはこのビオフェルミン!

フィリピン・セブ島|ビオフェルミン
腸内環境を良くする働きがあるビオフェルミンは、セブ島留学でめっちゃ役に立ちます。

ビオフェルミンを服用することで、体内の善玉菌を増やすようにしていました。
同時に出来るだけ1日一回はヤクルトを飲むように心がけていましたが、これは正直飲めない時もありましたが。。。(セブンイレブンやスーパーで売っています。)

ビオフェルミン自体は薬局で購入できますし、医師から処方してもらう事も可能です。僕の場合は医師に処方してもらいました。(空港で売っていない可能性も高いので、予めスーツケースに入れて準備しておくほうが良いです。)

local-restaurant-bioferumin
毎日服用すべし!

お腹を崩しやすい方、体調管理に不安のある方は、留学時にこれを持っていくのが間違いないと思いますよ。留学中の便秘対策にも効果的(セブ島留学中は脂っこいものや肉類を多く食べる機会があるため)

なお、ベストは留学1週間前から服用し始めて、強い腸を作っておくことです。
お腹が痛くなり始めてからでは遅いのでご注意を。

その他おすすめ記事「衛生状況&体調管理」

病気・衛生対策まとめ(狂犬病、食中毒、デング熱など)

フィリピンセブ島でお腹をこわさない体調管理方法

セブ島留学中に体調を崩さないよう、未然に防ぐいくつかの方法

体調を崩さない方法&崩してしまった時の対処法

フィリピン・セブ島の治安状況と旅行時の注意点は何か?<タクシー編> by松本

フィリピンセブ島留学「治安状況」

セブ市内とマクタン半島の治安情報をお伝えします。

セブ島で最も危険なダウンタウン!本当に危ないのか『夜』調べてきました。

セブ島留学前に治安確認!モールだからといって安全なわけではない!

フィリピンセブ島留学「留学前の小ネタ」

セブ島留学のコツ!事前に何をするべきか?

フィリピンセブ島留学前にチェックしておこう!「直前のチェックリスト」

マクタン空港の様子。タクシーを捕まえるまで

留学する際は直前かそれとも数日前から準備か

セブ島空港のスーツケース対策

フィリピンセブ島留学「女性ならではの話」

セブ島での化粧品や生理用品について byMOKA

フィリピンセブ島、公衆女子トイレの使い方 byMOKA

フィリピンセブ島留学「セブ島で対応可能な事」

日本製コンタクトレンズを購入する方法

ビザ延長!イミグレーション(Immigration)での手続き方法

フィリピンでの郵便局で荷物を送る方法と受け取る方法 by 松本

セブ島でのランドリーの利用方法

フィリピンセブ島留学「お金の準備」

お金の引き出し方!フィリピンセブ島でのATMの使い方とは?

セブ島留学前に要確認!そのキャッシュカード本当に海外ATMで使える?

ATMと両替屋、どちらがトクかを比較 by松本

キャッシュパスポートについて

国際キャッシュカードとキャッシュパスポートの違い比較

フィリピン留学時に便利!キャッシュパスポートの申し込みから実際に使う所まで

「カテゴリートップ(留学準備と生活環境)」に戻るならこちらをクリック!

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント