CIA(Cebu International Academy)はSMEやLIFE CEBUなどと並んで有名なセブ島にある韓国系の語学学校です。

場所はマンダウエというアヤラモールからはタクシーで15分~20分ぐらいの場所にあります。
場所自体は繁華街からは遠いですが、近くにJセンターモールというそれなりに大きなモールがあること、通りがASフォーチュナストリートと呼ばれる、比較的日本食が多いお店が多いことなどから立地条件としては不便ではないと思います。
食事処が多いので食べ物には困らないでしょう。

留学コース自体も数種類あり、通常のレギュラーコース、より集中したコース、TOEIC対策専門などもあります。

規模はかなり大きい学校で200名以上は入ります。一人部屋を希望するなら寮よりもホテルが良いでしょう。宿泊できるOrchard Hotelはそれなりに良いホテルと評判です。またホテルならWi-Fiをゲットできるでしょうね。
ただ一人部屋にすると価格がかなり高くなるので、安さ重視できている方へはメリットがそこまで感じられないかもしれません。

つまり、韓国人経営の語学学校のメリットは「安さ」にありますが、一人部屋ホテルならば日本人経営の語学学校と変わらない(もしくはそれ以上高い)ため、そのメリットがなくなってしまうんですね。
食事やカリキュラム、融通の利きやすさは明らかに日本人経営の方があるので、同じ価格であれば日本人経営の語学学校を僕はおすすめします。

今ではどこの韓国系語学学校に通っても日本人は3割、4割いるというのも、あえて韓国系を選ぶ必要がない理由でもあります。

CIAの最大のデメリット

CIAの最大のデメリットは規則が厳しい事や外出許可に毎日の単語テストに合格しなければいけない、食事が・・・といったことではありません。

最大のでデメリットは「マンツーマンのクラスが1日最大4コマしかないこと」これに尽きます。

しかもグループクラスも4人もあれば8人も、更にそれ以上の大人数の場合もありますので、このグループクラスの間に英語が伸びるのはかなりマレ。(フィリピン留学・セブ島留学を一度でもしている方は、グループクラスがマンツーマンに比べて効果がない事を知っています。)

また、この学校の特徴はTESOLを採用している事です。
TESOLは韓国では有名ですが日本ですとTOEICかTOEFLかなと思われます。

CIAが悪いとは思いませんが、同じく費用を抑えるという点で留学をするならば、韓国系であってももう少しマンツーマンが多い学校があるはずですので、そちらも候補に入れてみてはいかがでしょうか。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。