体験談

今回のセブ島留学生

・名前:ルバイ
・年齢:35歳
・職業:現在は主婦ですが、当時は小広告代理店業のOLを辞めて留学しました。
・通われた語学学校:CIAセブ
・留学滞在期間:2014年1月より12週間

1,この学校を選んだ理由

元々、語学留学を決める前から韓国の文化やファッション、特にKpopに興味があり、選んだCIAは韓国人経営で生徒もほとんどが韓国人ということもあり、英語を学ぶのはもちろん、韓国語に触れる機会も多いかと考えてこの学校に決めました。

2,フィリピン留学前に準備してきた事

時間があれば英単語を暗記しました。I KNOWという英語学習ツールで勉強していました。

ネット環境がなくても使える英和辞書アプリは必須(本は重いし、単語を探すのに時間がかかる為、携帯にアプリをダウンロードしておくのがオススメです。)

3,実際留学してみて準備が足らなかった事は?

アイテムでは、意外とシャンプーなどが高かったので、もっと大きなサイズを買っていけば良かったです。

4,学校の施設について

宿泊部屋は、留学費用の節約の為一番安い3人部屋を選びました。部屋には区切りはないものの、自分専用のベッドとデスク、収納があり生活するには十分でした。ただ韓国人はエアコンをよく使うので、とても寒い思いをしました。

トイレ、シャワーは部屋にありますが、3人もいると朝大変なので、順番を決めて譲り合いが必要です。教室は、グールプレッスン用の広い部屋とマンツーマン用の小さい部屋、自習室など、豊富で明るく勉強に集中しやすい環境です。

部屋のクリーニングや、洋服の洗濯などは週に数回決まった日にスタッフがしてくれ、朝、昼、晩の3食ついているので、余計な出費なく過ごせます。

5,選んだ授業のカリキュラム内容と感想

CIAはセミスパルタの学校で、朝起きて単語テストから始まり、テストに合格しないと点数に応じて外出禁止などの罰があります。

1日の中4コマほどはマンツーマン、大人数のグループレッスン2コマに4人ほどの少人数のグループレッスンが2コマありました。マンツーマンは先生が自分のウィークポイントなどをレベルに応じて指導してくれます。特にマンツーマンでの授業のおかげでスピーキングは抜群に上手くなりました。

大人数のグループレッスンは好きなアクティビティを選択し楽しく学べます。

私は、文法のスキルを伸ばすため文法を集中的に学ぶクラスを選択しましたが、他にも歌が好きな人はカラオケをしながら英語の歌詞から学んだり、楽しく学べるクラスが豊富に用意されていました。

6,最もためになった授業は?

絶対にマンツーマンです。二人きりでみっちり50分話し続けないといけないので、スピーキングのスキルがとても伸びました。はじめは上手く表現できなかったことも卒業する頃には、世界情勢や学校内でのゴシップ、色々なトピックを何の問題もなく話すことができました。

二人きりなので、間違っていたらどうしようとシャイになることもなく、どんどん分からないことも質問できますし、マンツーマンの授業を多ければ多いほど良いと個人的には思います。

7,周りの環境、治安の様子

近くにSMモールという大きなショッピングモールや、スーパーマーケットがあり、授業が終わり次第友達たちと良く出かけていました。最初は、治安の心配もしましたが、先生が絶対に行くなという場所に行かなければ、危ないと思ったことは一度もありませんでした。

ナイトクラブやレストランにも行きましたが、たくさんの留学生で賑わっていました。日本と比べると割と安い値段で食事や夜遊びができるので、息抜きには良かったです。

あとは、高級リゾートのデイユースはお得です。宿泊すると高いですが、比較的リーズナブルにビュッフェランチ付きで高級リゾートが使用できます。特に個人的にはシャングリアリゾートがオススメです。

8,日々の食事内容

韓国人経営の学校を選んだので、生徒はほぼ観光人、食事の内容も彼らに合わせ韓国風です。ただ、シェフたちはフリピンの現地人なので、本格的な韓国料理ではなく、辛いものが苦手な私も楽しめました。

種類も豊富で毎日食事内容も変わるので、飽きることはなかったです。

9,インターネットの環境について

全館WIFI 完備ですが、生徒が一斉に使用するので、休み時間や夜間などはほぼ使えません。自習室に行くと少しマシですが、動画などを見るのはほぼ不可能。家族や日本にいる友人とのLINEもスムーズにはいきませんでした。音声通話はほぼ不可能です。

インターネット環境が必要な時は、近くのショッピングモールにあるカフェに通っていました。気分転換にもなりますし、日本と同じようには難しいですが、問題なく使用できました。

10,この学校の最大のメリットを教えて下さい。

日本語を使用する機会が少ないこと、韓国文化も同時に学べること、マンツーマンが多いのに割と安価なことです。

11,私が考えるフィリピン留学を成功させるコツ

同じ期間でも他の国よりマンツーマンが多く、安価な学費で学べるのでフィリピン留学は本当に行ってよかったと思いますが、やはりメリハリをつけて生活することが大事だと思います。結果遊んでばかりで、伸びていない生徒もたくさんいました。

学校の中でもレベルの少しでも高い生徒たちと休み時間にコミュニケーションをとることも大切だと思います。

12週間は長いようであっという間だったので、行く前にできるだけ多くの単語をインプットしておくなど、到着後すぐに無駄なく学べるように準備をしておくと良いと思います。

12,その他

フィリピン留学というとアクセントがうつるとかよく聞きますが、短期間でうつることはなかったですし、他の国(オーストラリア、カナダなど)に行く前に数週間行き準備しておくと、ネイティヴの国での英語の伸びも確実に早いと思います。

実際、その後いろんな国で会った日本人でスピーキング力などがある人たちは聞くとフィリピン留学の経験がありました。

▶︎CIAの公式HPはこちら

その他、セブ島留学体験談はこちら
▶︎FEAは「先生との距離が近い」「安心して学べる環境がある」ところが魅力的です。
▶︎「郊外学習があるのがNexseedの大きな魅力だと思います」ネクシードへの留学体験談
▶︎「独自で文章を考えて発表するスピーキングの授業は効果バツグンでした」TARGET留学体験談

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。