ファーストウェルネス(FEA)|留学で英語力を伸ばすために

写真はファーストウェルネス(FEA)のテスト結果分析

「しっかりと準備もしていないのに、目標を語る資格はない。」
-イチロー-

どうすればセブ島留学で英語力を飛躍的にアップさせる事ができるのか!?

僕は準備というものを全くしていませんでした。

「とりあえず、英語の準備は何もしてないけど、セブ島に行けばなんとかなるだろう!2ヶ月もすればペラペラになって3ヶ月目で英語を使ったビジネスについて考える時間が持てるだろう。」

って軽く思っていたんですね。

でも実際はぜっんぜん!何とかなりませんでした。

10年前ぐらいまでやっていた文法や単語、それから元々知っておかなければいけないような基礎的な事を思い出す事に非常に苦労したのを覚えています。(これで1ヶ月過ぎたので)

英会話も思った以上に進歩がなかったんですよ。

僕は何にも準備してなかった癖に目標だけは高かったため、いざ始まるとこの現実と理想とのギャップに苦しみました。結果的にいくつかの大きな野望は諦めざるをえなかったんです。残念ながらね。。。

そのようなわけで、

「予めこれを準備しておけばもっと時間を有効に使えたのに!」
「これを最初からやってたら、英語力がもっと飛躍的にアップしたかも!」
「こうしたら(イケてない)先生の授業もうまく受けることが出来た!」

という事をセブ島留学して経験した以上、今後の留学生に役に立つであろう、ちょっとした「コツ」をご紹介したいと思います。

いわば、心構えやテクニック、準備です。

そして、次の記事>>誰も教えてくれない語学学校の授業の受け方・テクニック
こちらで授業が始まってからの受け方のコツをご紹介します。

留学前にこんな準備をしておこう、知っておこう!

最低限知っておかなければいけない単語

最低限知っておかなければいけない単語って何だと思います?

中学生英単語、もちろんそれもめちゃめちゃ大事です。
でも実はもっと大事なものがあります。それは・・・

文法の用語です。

これは3タイプに分かれます。

<英語の文章の型>

よく5文型等と言われますが、主語+動詞+目的語+補語などの形のことです。動詞の働きを説明するときなどに良く使います。
「この単語は名刺?それとも形容詞?」っと聞くときも便利。

主語 Subject
動詞 Verb
名詞 Noun
形容詞 adjective
副詞 adverb
修飾語 Modifier(ほぼ使わない)
目的語 Object
補語 complement
前置詞 Preposition

<文法用語>

各頭文字をとって現在形ならS.P、過去完了ならP.Pなどのように使う場合も多い。文法の説明時に必ず教師が使う。教師にニュアンスを確認するときにも使えます。

「別の接続詞は何がある?」「過去形よりも過去進行形の方が正しい?」「ここは不定詞の代わりに動名詞にすると、文章はどう意味が変わる?そもそも動名詞は使えない?」パッと思い浮かんだ感じではこんな質問などです。

現在形 Simple Present
現在進行形 Present Continuous
現在完了 Present Perfect
過去形 (Simple)Past
過去進行形 Past Continuous
過去完了 Past perfect
未来形 Future
受身 Passive
関係代名詞 Relative Clauses
仮定法 If clauses
不定詞 Infinitive
動名詞 Gerund
冠詞 Article
接続詞 Conjunction
比較級 Comparison

<その他>

単数形 singlar
複数形 plural

三単現や数量については、冠詞(a,an,the)と同様に非常に間違えやすい箇所です。そのため、教師が「ここは単数形、ここは複数形」という感じでバシバシこの単語を使うので大切な単語です。

これらの用語は先生が授業中に必ず使う言葉です。
僕は最初、これらの言葉を知らなかったため先生が何を言いたいか理解するのに非常に苦労しました。なので、これらの単語を知っていることは、授業の進行をスムーズにするためにかなり重要です。

暗記する必要は全くありませんが、絶対に知っておいてください。

必須です

2,最低限の英単語と英熟語は覚えておく

最低限というのは中学英単語です。
大学受験をした人は問題なくOKでしょう。

もちろん、知らなくても長期滞在であれば自然と覚えていきますが、そうでない方は事前にある程度覚えておく必要があります。というのも、しゃべれなくても7割ぐらいは理解する必要があるからです。
教師が一番噛み砕いた言葉さえ理解できないと、それだけで授業がストップし、会話どころではなくなります。

また、留学中に新しい単語を覚えていくというのは中々しんどいものがあるからです。

中学生英単語リストはこちらのサイトで確認できます。
>>中学生の基礎単語

留学中は歯車を噛み合わせる練習をする

僕達が留学中にメインでやらなければいけないことは、一度習ったことのある英語を「話せるように適応」させることにあります。僕達はライティングやリスニングやリーディングに多くの時間を割いてきましたが、スピーキングにはあまり時間を割いてきませんでした。

なので、このセブ島留学中に今まで習ったこと思い出しながら話すことで、「あ~ここではこの文章はこういう風に使えばいいのか。」っと理解します。

要は少しずつ、歯車のようにかみ合わせていく作業を行うことが大切なんです。

そのため、組み合わせるための最低限の単語は、事前に準備しておきましょう。

3,何か1冊文法書を持っていく。

必須じゃないのですがあったほうが便利だと思います。
ただ闇雲に毎日、英会話をしてくのではなく、自分が何を今勉強しているのかを理解しながら進めていくことが重要です。

学校や滞在期間によってテキストを貰える場合ともらえない場合があるでしょう。
そのため、もらえない場合にも備えてやはり体系的な文法書が一冊あると便利です。

ちなみに、僕が授業中に使った文法の教科書はこちら(英語)
English Grammar in Use With Answers Intermediate

多分日本語版だと「マーフィーのケンブリッジ英文法(中級編)」のはず。

ファーストウェルネス(FEA)で使ったグラマーの本(日本語版)
初級編でも会話のためなら十分かもしれない。

これはすごいボリュームがありますので、数ヶ月滞在する方向きですね。知人は日本語版を持っていたので、それをセブ島に持ってきてました。
英文法のトリセツなんかもいいらしいですね。

僕は最初の章からこれをやらず、自分が覚えたい表現をその日の気分で決めていたので、担当していた先生が「JUNの授業は予習が出来ないから怖い!」って言われました(苦笑)まあ、文法が得意な先生は「どこでも来い!」って感じで全く動じてませんでしたが。

短期滞在の方はiPhoneアプリにある「すぐに話せる英会話233~入門編~【添削機能つき】」なんていかがでしょうか。

すぐに話せる英会話233~入門編~【添削機能つき】
初級編で十分役に立つ。
TOEICのパート2にも有効!

4,辞書を持っていく

辞書は電子辞書でもiPhoneのアプリでも、自分が使いやすければなんでもいいと思います。
僕はipadに英辞郎を入れていきましたが、英辞郎はなんだか使っているうちに合わなくなって、ウィズダム英和・和英辞典に切り替えました。
https://itunes.apple.com/jp/app/id586803362?mt=8

ウィズダム和英・英和2 セブ島留学で利用した辞書
使いやすい辞書の一つ
ブックマークしておけば復習もしやすい

英辞郎は和英で調べると結構ひかかってくれるのですが、やたら的を外したニュアンスの答えが多くて個人的には使いづらかったですね。

先生からは英英辞典としてオックスフォードが良いと言われて購入しましたが、ほとんど使いませんでした。だって英語よりもやっぱり日本語の方が読みやすいもん(笑)無理して背伸びする必要なかったです。

ポイント

辞書は何でも良いが、必ずあとで復習しやすいものを選ぶこと!
復習は本当に大事!

5,授業レベルは先生によって大きく異なることを理解しておく。

これは心構えです。

一日8時間授業を1週間受けるとどの先生が教え方がうまくて、どの先生がそうでもない。それから、この先生とは相性が悪いかなーっと思うような事があります。どの学校の生徒さんに聞いても大抵一定の確率でいるようです。

な・の・で・・・

予めこの事は想定内だと考えておきましょう。落胆しないように。。。

あと、相性の問題もあります。ある人にとっては苦手だけど、違う人にとってはかなり授業がしやすい!という事が頻繁に起こりえるんですね。

僕の場合は、セブ島ではフィットネスジムに凝っていたので、体を鍛えることに興味がある先生との会話はしやすかったですし、他にはインターネットを使った仕事を副業で行なっている先生がおり、その先生とは話がしやすかったです。

昔、ファーストウェルネス(FEA)にやたらドSな女性の先生がいました。

僕はそういう先生が超ニガテ。幸いなことに僕の担当ではなかったのですが、もしそうだったら速攻変えてもらってたと思います。

しかしながら、ある生徒にはその先生が非常にウケたらしく、最もよかった先生の一人だったそうです。

なので、単純に授業レベルの問題だけでなく、相性もあることは知っておいてください。

6,教師を変更することが容易か、予め学校に聞いておく。

ファーストウェルネス(FEA)以外の学校の事情は詳しくはわかりませんが、恐らく大抵の学校で教師チェンジの変更手続きを依頼すると時間がかかります。

変更する場合は、何故変更する必要があるのかを紙に書き、それが認められれば翌週や翌々週から変更することが可能です。1ヶ月たっていない場合は、もう少し様子を見ましょうといわれるかもしれません。

どのレベルになれば変更できるのかを聞いておくのがベターです。
ファーストウェルネス(FEA)について言えば、早めに連絡を入れておけば翌週から対応可能な場合が多いです。もちろん、状況に応じてでしょうが。

上記で説明したようにレベルの高い先生に教えてもらっても、相性の関係でうまくいかない場合もあります。そういう時に変更ができると安心ですよね。

7,融通が効く学校なら経験の長い先生をオーダーしておく

経験の長い先生の方が一般的に教え方がうまい傾向にあります(年齢ではなく経験です)。なので、予め指定できるのであれば経験の長い先生に教えてもらいましょう。

ダメ元で言うだけ言ってみてるのもありでしょう。どっかの国の一部の生徒のように「可愛い子をつけろ!」とか、しょーもないことを本気で言わないように。(クレームをいう生徒に可愛い先生をつけると、その生徒からのクレームが一切なくなるらしいw)

8,文法の出来る先生は貴重

文法をきちんと説明できる先生は非常に貴重です。
ニュアンス的にこれが正しい・・・という理由ではなく、何故この文章にこのニュアンスが入るのか、似ている表現の微妙なニュアンスの違いは何か?何故この表現は間違いなのか、などをきちんと説明するには文法を学んで教えてきた先生でないとできません。

どの学校でもはっきり言って少数の先生しか、文法を理論的にきちんと教えることはできないでしょう。なので逆に、そういう先生が分かったら是が非でも捕まえて、可能ならばその先生の授業数を増やす工夫をしてください。

事前にわかればベストですねー。留学中の方や終えた直後の方に聞くのがベターでしょう。

以上が留学前の事前の準備、心構えになります。

英会話習得の秘訣のカテゴリーに戻る

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。