俺のセブ島留学|セブシティの風景

今日の記事はセブ島留学において宿泊施設と安全性を重要視している方、特に社会人女性と親子留学をされる方に向けての記事です。

セブ島の語学学校を選ぶ際に、一度確認しておいたほうが良い点があります。

それは宿泊施設の場所と質です。

セブ島留学説明会の時の話

先日とある日本人経営のセブ島にある語学学校の説明会に参加させてもらった時の話なのですが、そこでは会社概要から始まり、マンツーマンや教師の質、授業の施設、食事、最後に価格を紹介してくれました。

これはかなり良い条件だなぁ~っとその説明を聴き終わった瞬間はそう思っていたのですが、しかしながら、よくよく考えてみたら最後まで宿泊施設の場所や内部の様子などは伝えてくれなかったんですね。

こちらが聞くまで・・・

セブ島の賃貸料は意外と高い。

留学してから知ったのですが、ITパークやアヤラモール周りにあるビルの賃貸料はかなり高いです。
セブ島は日本より様々なものが安いと言いますが、電気代と賃料に関しては別。とくに賃料はマクタンや田舎はかなり安いですが、シティ側のそれなりに発展しているエリアでは日本に近いものがあります。

例を出すと、僕の知人はアヤラモールから徒歩2~3分の場所に住んでいますが、彼が支払っているコンドミニアムの価格は(詳しくは聞いていませんが)月に13~14万以上だと思います(2L~3LDK)。日本の田舎より高いですね。

ネット回線の費用も個人で理論値20Mぐらい出すものと提携すると、月額1万円以上かかります。

個人でこのぐらい高いわけですから、法人価格のビルも相当な賃貸料になるはずです。

よってITパークやモールから近い学校は最高のアクセス環境や授業施設を手に入れるために、高い賃料を払う必要があります。それなのに価格は韓国系の語学学校よりもちょっと高いだけ、というリーズナブルなわけですので・・・

当然、どこかを削らなければいけないわけです。

そうでなければ学校経営は成り立ちません。

どこを削るかといえば、日本人経営の語学学校の場合は大抵「宿泊施設」です。

上記のセブ留学説明会で宿泊施設について説明していなかった理由は、それは単純に宿泊施設をあまり紹介したくなかったからでしょう。具体的に場所を確認するとやはり、結構学校から離れていたり、ネット環境がロビーでしか使えなかったり、などなど色々でてきました。

交通の便がよい学校は大抵、宿泊施設を別の場所に設けています。

宿泊施設が離れているデメリット

宿泊施設が別の場所にあるということは、単純に行き帰りが面倒と言う事だけではなく、以下の3つのデメリットがあります。

1,一体型に比べて安全面が弱くなります。

これはスリなどだけに限らず、セブ市内は道がでこぼこで、車の量が多く、空気もそれなりに汚れてます。なので、帰りはタクシーを使えばいいですが、行きはタクシーを捕まえるまで通りに出なければいけなかったり、面倒であれば学校まで歩く事になるので、安全性が若干落ちます。

正直、セブシティの道路は親子で歩くには向いていません。特に朝の7時から9時の間はラッシュアワーで、交通量が一気に増えます。常に、学校が出しているシャトルバスかタクシーを使いましょう。

2,行き帰りにタクシーを使えば、それなりにお金がかかります。

女性や親子留学をする方で安全面を意識して、行き帰りタクシーを使えば少なくとも毎日200円以上はかかります。(といっても月間6,000円ぐらいで済む)

3,一体型に比べて寮の質はそこまで期待できない。

写真を大きく出していないぐらいなので、寮の質は期待しない方がよいかと思います。やはりそれは寮ですのでホテル系の語学学校とは異なります。

今回の記事のまとめ

語学学校を選ぶ際に宿泊施設や安全性を重要視している方は以下をチェックしてください。

1,宿泊施設は同じ場所か、それとも違う場所なのか?
2,違う場所なら学校からどのぐらい距離が離れているのか、実際の地図ではどこになるのか。
3,内装の写真や必要最低限のモノはあるか?冷蔵庫、テレビ、ネット環境、シャワー(温水かどうか)、勉強机など

以上、ご参考にしてみてください。

PS.とはいっても、ITパークやアヤラモールの間近に学校があるということは、かなり便利である事は間違いありません。
宿泊施設をそこまで重要視していない方は、気にならないかと思いますよ。

その他の関連記事はこちら

フィリピンセブ島留学「有名語学学校一覧表」

語学学校は個室型が良いか?それともオープンスペース型が良いか?

韓国人経営と日本人経営の語学学校の違い

年々増え続けるフィリピン・セブ島への旅行者・語学留学生!2015年の治安状況と注意点 by松本

カテゴリーのトップへ戻るならコチラ

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。