フィリピンセブ島留学「JIC CEBU」の口コミ評判は?

セブ島留学の魅力とは?

今話題となっているフィリピンセブ島留学。

費用が格安な上に、英語も公用語となっているフィリピンでは綺麗な英語が学べると好評ですよね。

さてそんなフィリピンセブ島留学を助けてくれるエージェントのひとつであるのがCEBU ENGLISH(セブイングリッシュ)。

これまでに多くの日本人学生がこのエージェントを通してフィリピン留学を果たしていますが、このCEBU ENGLISH(セブイングリッシュ)の評判とはいかなるものなのでしょうか。

提携している学校の評価は?

セブイングリッシュはフィリピン政府公認の15の学校との提携を持つエージェントです。
公式サイトではそれぞれの学校への留学を終えた学生たちの体験談を見ることができますし、またブログを立ち上げてさらに詳しく紹介している学生たちもいます。

その多くが高得点で評価していますが、中には学校によって学生数が少なすぎて刺激がないなどの評価もありますから注意が必要でしょう。
韓国人経営と日本人経営とでも差が出るようですね。

いずれにしてもCEBU ENGLISH(セブイングリッシュ)が提携する学校の評価は全体的に高く、授業外でも充実した日々が送れるようです。

またさらにCEBU ENGLISH(セブイングリッシュ)はセブ島にオフィスを持つエージェントであるため、心配な方は日本国内で行なわれる説明会や個別面談に参加することも可能であるようです

実際にセブ島での留学経験のあるスタッフの声が聞けるため、よい判断材料にもなり口コミ評価も高いですよ。

セブイングリッシュの経営者はどんな人?

またさらにセブイングリッシュは治安の面でも比較的安心できるエージェントであると言えるでしょう。スタッフはセブ島に精通した日本人スタッフ、そしてもちろんフィリピン人スタッフも常在しています。

さらにはCEBU ENGLISH(セブイングリッシュ)の経営者はセブ日本人会の理事。

常に新しい情報と密接した形で語学勉強に励むことができる安心感もCEBU ENGLISH(セブイングリッシュ)ならではかもしれませんね。


ベネッセ短期留学口コミ評判と費用

場所

本社
〒700-8686
岡山市北区南方3-7-17

東京本部
〒206-8686
東京都多摩市落合1-34

東京本部
新宿オフィス
〒163-0411
東京都新宿区西新宿2丁目1-1 新宿三井ビルディング 12階(受付)

研修地
アメリカ、カナダ、ハワイ、オーストラリアなど

勉強時間
研修地による

歴史
設立年 1955年1月28日

特徴

ベネッセの短期留学は、自分の将来の夢や目的に合わせて、体験したいプログラムを選択することができます。
留学先はアメリカ、カナダ、ハワイ、オーストラリアなどが中心でセブ島留学はありません。

ただし、マニラは時期によっては開催されているようなので、公式HPで常にチェックしているといいでしょう。

具体的には英語の偏差値70以上のトップレベルの生徒だけが集まるプログラムや、ホームステイを利用し、日常生活において必要な英語力を伸ばすプログラム、科学や国際関係など国際的に広い分野で仕事がしたいという方に人気のプログラム、ハワイやバンクーバーなど海外に慣れていない方でも、安心して生活を送ることができるプログラムなど、4種類のタイプが用意されています。

短期留学とはいえ、英語のスキルアップやコミュニケーション能力をアップさせるカリキュラムが充実!
一般的な英会話レッスンよりも、使える英語力をより実践的に学ぶことができます。

ただし、若干ハイレベルな方を対象としているのは否めません。

ベネッセの短期留学プログラムならではの特徴と言えるのが、有名大学や有名企業の訪問といったアクティビティが充実していること!

将来、海外で働きたいという方に、よりリアルな現場体験をしてもらうことができます。
また短期留学を終えた後に、さらに英会話能力を高めたいという方への英語学習プログラムも用意。

ネイティブ講師によるレッスンで海外と変わらないような英語学習が可能です。
費用は渡航先や期間にもよりますが、40万円から60万円のプログラムが多くなっています。

口コミ・評判

実際に体験した人の意見を見てみると、

「短期とはいえ2週間で勉強時間も多かったので、英語漬けの生活を送ることができました。生の英語を聞く機会が多くて、とても為になる留学でした。」

「とにかく自分から話さないといけないような環境だったので、英会話力はもちろんのこと、自分自身の殻を破るのに最適な環境でした。性格的にも、とても社交性が上がった気がします。」

「ホームステイ先のホストファミリーが、とても明るくてよい人だったのでよかったです。居心地のよい空間でした。」

「単純に英会話を学びに行くだけではなく、動物園に行けたのは楽しかったです。現地でコアラを抱っこできたりしてとても楽しかったです。英会話のレッスンもネイティブスピーカーの方が対応してくれて、さらには、ホームステイ先で片言ながら、英語で実際に話したりすることもできて、24時間英語漬けの生活を送ることができました。」

などの意見がありました。

実際に体験するにあたって生の英語に常に触れているというのがやはり大きいといえるでしょう。
しかし短期ということもあり、飛躍的な向上というのはなかなか望めないのも事実です。

留学が終わった後の、さらなる英会話レッスンが必要と言えるでしょう。

フィリピンセブ島留学についての詳しい語学学校をお探しならこちらのページが便利です。


フィリピン留学ナビのおすすめコースは?

特に短期集中型の留学を希望されている方に大人気なのがフィリピンセブ島留学。
欧米諸国への留学に比べて断然格安で、且つ質を落とさないフィリピンセブ島留学は日本人にとってとても魅力的ですよね。

さてそんな中でフィリピンセブ島留学を斡旋するエージェントとして知られているのがフィリピン留学ナビ。
フィリピン留学ナビの評判をまとめてみますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

フィリピン留学ナビは数多くあるエージェントの中でも比較的評判のよい会社なのですが、一番のポイントとなるのがエージェント自身もおすすめしている2ヶ国留学でしょう。

体験者からの喜びの声も多く聞かれるように、フィリピンセブ島での語学留学を終えた後でのカナダ、オーストラリア、ニュージーランドでのワーキングホリデーはより充実したものになると言われています。

留学前の不安を解消するには?

さらにフィリピン留学ナビは提携校が多く、選択肢が広がるとの評価も高いようです。

中でもフィリピン留学ナビがおすすめする語学学校は特にマンツーマンの授業スタイルが重視されており、空港に近いなどの立地条件にも優れている学校です。
(とはいえ、韓国系の語学学校ではマンツーマンが6コマ以上ある学校はほとんどないため、マンツーマンを重要視するのであれば、日本人学校がベストです。)

いずれにしてもフィリピン留学ナビでは2~3ヶ月に1回くらいのペースで行なわれている無料説明会で、しっかり事前準備ができるため安心ですね。

説明会は少人数で行なわれ、しかも全国5都市で開設されていますので利用のしやすさも評判のよさにつながっているようです。


フィリピン留学ナビの特徴は?

アメリカで話されているような丁寧ではっきりした特徴を持つ英語を話すフィリピン人たち。
そんな彼らの元で英語を学ぼうと、今日本人と韓国人の間でフィリピン留学が話題となっているんですよね。

基本的にこのフィリピンセブ島留学をするにはセブ島留学エージェントを通して行ないますが、そのひとつとしてよく知られているのがフィリピン留学ナビでしょう。
さてそれではこのフィリピン留学ナビは数多くあるセブ島留学エージェントの中でもどんな特徴を持っているのか見てみることにしましょう。

フィリピン留学ナビはこれまでに2000人以上ものフィリピンセブ島留学者をサポートしてきた実績のあるフィリピンセブ島留学エージェントです。

フィリピン留学でも観光地としても大人気のセブ島を中心に、フィリピン全土のほぼすべての語学学校との提携を持つエージェントでもありますよ。

そのため基本的に希望の語学学校があればどこでも紹介してもらえますが、公式サイトでは中でもフィリピン留学ナビイチオシの学校を紹介していますので、それも見所でしょう。

留学先はフィリピンだけじゃない?

さらにフィリピン留学ナビでは2カ国留学ができるユニークなプランもあります。

2カ国とはフィリピンに加えてカナダ、オーストラリア、ニュージーランドから選べるというもの。

多くの学生はフィリピンで語学を磨いて、その後の地でよりワーキングホリデーを充実させているようですよ。
その他TOEICなどの試験に向けた対策にも力を入れており、それを目的とした語学学校選びができるのも魅力のひとつですよね。

その他のフィリピン留学のエージェントはこちら

フィリピンセブ島留学エージェント一覧表

セブ島留学の語学学校一覧はこちら

フィリピンセブ島の語学学校一覧表

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。