フィリピンセブ島留学「CPILS」の口コミ評判は?

フィリピンに英語留学する利点は?

今や英語留学もアメリカやイギリスだけじゃありません。

日本から近く時差も1時間しかないフィリピンでの英語留学は、格安でしかもほぼマンツーマンレッスンという点が魅力的なんですよね。

さてこうしてフィリピンセブ島留学をする日本人が急増する中、それを斡旋するセブ島留学エージェントも急激に増加しています。
その一つで、日本人経営としては2番目のセブ島留学エージェントであるのがフィリピン留学ドットコムなのです。

フィリピン留学自体歴史は浅いですが、他のセブ島留学エージェントと比べて経験の長いフィリピン留学ドットコムの評判も気になるところですよね。

セブ島には英語留学スクールがいっぱい!?

フィリピン留学ドットコムで評価が高いのは、まず公式サイトを見てもわかるのですが、提携している語学学校が多いということ。

フィリピン留学ドットコムではフィリピンの様々な地域の語学学校との提携がありますが、中でも一番人気のセブ島にいたっては20校にも及びます。

フィリピンの語学学校としては老舗である存在のものや、もちろん日本資本の学校も多く、希望に沿いやすいかもしれませんね。

たまに対応がスムーズではないという声も聞かれるようですが、ケースによって異なりますし、だからといって悪いエージェントだというふうに評価する必要はないようです。
日本国内でも東京と大阪の2箇所に説明会を設けており、また頻度も高いですから、留学準備はしっかりできるのではないでしょうか。


フィリピン留学ドットコムの特徴は?

留学ビザ取得など面倒な手続きがない上に格安で英語を勉強できるフィリピン留学は本当に魅力的ですよね。
しかもフィリピンの語学学校ではほとんどがマンツーマン体制をとっており、より短期間で集中的な学習ができるのが特徴的でしょう。

さてそれではそんなフィリピンセブ島留学の際に語学学校の紹介を行なっているフィリピン留学ドットコムをご紹介しましょう。

フィリピン留学ドットコムは20の提携校を抱えるセブ島を中心に、フィリピンの各地で語学留学できるエージェントです。

特にセブ島では韓国人経営の語学学校が多い中、フィリピン留学ドットコムでは日本資本の学校との提携も多いのが特徴的でしょう。
このフィリピン留学ドットコム公式サイトでは、学校別の特色をシンプルに表現していますから、学校選びの際にもスムーズに候補を絞っていくことができます。

注意点もある。

また留学までの手続きは基本的にメールなどで行なわれますが、フィリピン留学の説明会が東京と大阪にあるオフィスでほぼ毎週開催されています。

契約している学校を押すのは当たり前

エージェント会社もビジネスをしているわけですので、契約をしている学校外をおすすめするわけがありません。また、契約している学校でも特に高い報酬額を支払ってくれる学校を押すわけです。(別に不公平でもなんでもないと思います。)

ただ、フィリピン留学ドットコムが契約している学校には偏りがあります。

以下のリンク先で日本人経営の語学学校一覧リストを見ていただくとわかりますが、フィリピン留学ドットコムではその語学学校の一部しかホームページではご紹介していません。

徹底比較!セブ島にある日本人経営と韓国人経営の語学学校をまとめました。

正確には紹介していないというよりは、「紹介できない」が正しい表現なのでしょうが・・・・

そのようなわけで、フィリピン留学ドットコムで紹介している語学学校以外にも様々な語学学校がある(特に日本人経営)、っと知った上でお問い合わせや説明会に参加されるのが良いと思います。

多くの方にとってフィリピン留学・セブ島留学をするチャンスは1回、多くても2回のはず!せっかくなので、是非多くの語学学校から選んでください。

その他のフィリピン留学のエージェントはこちら

フィリピンセブ島留学エージェント一覧表

セブ島留学の語学学校一覧はこちら

フィリピンセブ島の語学学校一覧表

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。