SME(俺のセブ島留学)|ライターMissD

From Miss D(元SMEのSupervisory 彼女のプロフィールは一番最後に)

この記事はMiss Dからの翻訳記事になります。

SMEはフィリピンで最大のESLスクールの一つ

フィリピンのESLスクールの現状と、どのスクールが一番よいかということでは、十分にデータや調査があるわけではありません。データが手に入らないので、受け入れられる生徒さんの数から考えると、私はSMEフィリピントレーニングセンターが今、フィリピンで最大のESLスクールだと考えたいと思います。

SME フィリピントレーニングセンターは、3つのキャンパスがあり、それぞれおよそ100人の生徒さんを受け入れることができます。キャンパスは、SMEクラシック、SMEスパルタと、最近加わったばかりのキャンパス、SMEキャピタルです。

これらの3つのSMEキャンパスを合わせると、SMEよりも大きなスクールはありません!大きなキャンパスなら、大勢の生徒さんが学ぶことができますね。

SME フィリピントレーニングセンターは、もっとも大きなESLスクールとして、またセブ島市内でももっとも有名なESLスクールとして信頼を築いています。SME は、SMモールの近くのビルの貸しフロアでスタートしたときから、何年もかけてこの信頼を築いてきました。

さまざまな教育プログラムやコースがあり、それ以前にあった他の韓国のスクールをしのぐ特長を持っていると私は考えています。
セブにある多くのESLスクールは、スタートしたときから変わりません・・・大きくなることはなく、残念ながら、競争にやぶれて閉校してしまったところもありました。

激しい競争の中でも、SMEフィリピントレーニングセンターは、マーケティングアプローチに競争力と革新性があり、カリキュラム開発をダイナミックに進めてきました。

SMEの強みはIELTS

スクールのもっとも重要な強みは、IELTSプログラムで、韓国を離れ、バンドスコア(Band ScoreとはIELTS(アイエルツ)の評価基準の事。IELTS(アイエルツ)は正解数に応じて厳密に点数が出るのではなく、0から9までのスコアで評価している)が必要な国で暮らそうとする生徒さんには非常に大きなインパクトがありました。

IELTSコースは、韓国人の生徒さんで、IDPの開発したシステムで英語レベルを知りたい皆さん多くの反響がありました。これは、バンドスコアが英語力の尺度だととらえている韓国人の生徒さんには、いわば革命的だったと思います。

このプログラムでSMEは拡大し、より多くの生徒さんを獲得してきました。

現在のところSMEフィリピントレーニングセンターは、セブではもっともメジャーなESLスクールで、もっとも多くのキャンパスがあり、職員数も一番多く(80人以上)、そしてもっとも多くの生徒さんを受け入れることができます。競争は激しいですが、このスクールはナンバーワンのランクにあるのです!


こんな留学生は…ぜひフィリピンセブ島のSMEフィリピントレーニングセンターに!

英語をできるだけ身につけたいと努力している生徒さんなら、フィリピンセブ島は理想的な場所です。

ですが、第二の疑問は「セブ島にたくさんある語学学校の中で、どれが自分に一番合っているのか?」ですよね。見たところ、多くのスクールが雑誌やパンフレットに同じように載っていて、どこに登録するか迷ってしまうかもしれません。

私自身の経験からは、学校の環境が重要!英語を上達させたい人にはとても大きな要因となると思っています。セブ市のSMEフィリピントレーニングセンターは、こんなあなたに最適かもしれません。

1、SMEは真面目に英語を勉強している場所

これは、時に自分自身に大きすぎるプレッシャーやストレスを与えてしまうので、短所ともなってしまいがちです。

ですが、非常に真剣に取り組む生徒さんのために、SMEでは良質なモニタリングとトラッキングを提供しています。ルールに従わない場合、警告が書面で送られ本人に説明にきてもらいます。(厳しい!)

2,SMEは学校らしい雰囲気があるところ。

セブを訪れるほとんどの生徒さんは、2つの大きな目的があります。勉強と同時に、楽しむと言うことですね。

SMEフィリピントレーニングセンターは、あの「学校らしさ」があり、クラスにいけばクラスメートに会えて、学校の行事活動に参加していきます。学校らしさはハイスクールの勉強のような感じで、よいときもあれば、よくないときもあります(拘束力が強いんです)。

もし「現代的で独立した、自由な」学習環境をお探しならば、「生徒らしさ」があまりないスクールが向いていると思います。

3,SMEは学校の活動(イベント)がよく開催されるところ。

SMEでは常時学校としての行事活動が行われ、とらえ方により面倒なときもあり、また一方で楽しいときもありますね。

私の意見ですが、学校の活動が多すぎると個人の時間がとられてしまい、その分自習や宿題に割けなくなってしまいます。ただ一方では外国語を学ぶ上で自信をつけ、やる気を引き出してもくれると思います。結局最後の結論は、この二つをバランスよく保って、あなた自身が楽しんでくださいね!

最後に私の意見として、SME フィリピントレーニングセンターは、典型的な学校タイプの英会話スクールなのです。普通の学校で、守るルールや教育方針があるのと同じように、ただし全く同じではないのですが、スケジュールが組まれ仕組みが決められています。

そして年齢や社会・経済的な地位には関係なく、生徒さんは本当の学校にいる生徒のように行動し、振る舞わないといけません。

なので、規則が多い中学高校の生活スタイルが苦手だった方には、あまり向いていないかもしれないですね(苦笑)


セブ島留学をする韓国人と日本人の生徒では、どちらが成績がいい?

私は2002年からESLで教えてきました。このときは、ESL事業はまだ誕生したばかりです。

フィリピンの地元の人たちにとっては、この事業のことも、どんな事業なのかもほとんど知られていないままでした。ですが、長い期間に私のような教師にとっては、議論を呼ぶ興味深い疑問が浮かんでいました。

私たち教師はよくこんな疑問が浮かびます。

韓国人の生徒と日本人の生徒ではどちらが成績がいいでしょうか?

教師の私自身としては、はっきりした答えはありません。 教師の原則として、公平である必要がありますし、生徒さんも人種や皮膚の色に関わりなく、公正に扱われねばなりません。ですが、両者の違いを知ることは重要で、この問題はよく議論に上ります。

もしあなたが、生徒さんでこのコラムを読んでくれているなら、こうした違いを事前に踏まえて、それぞれにあわせれば、ESLで一緒に学ぶ生徒さんとよりうまくつきあう方法がわかると思います。

韓国人の生徒の場合

韓国人の生徒さんは、他の人と一緒にいることを大事にしています。
グループで行動し、一人でいたり、一人でどこかに行くところはあまり見かけません。

それに、彼らは、「流行」や、トレンディなものが大事だと考えていて、ウェブで紹介されるスポットや、レストラン、バーによく出かけています。彼らは「人からどう見られるか」に努力していて、ステータスというものを非常に気にかけます。

その一方で、クラスでは、あまり目立たず、センシティブで、英語のスキルについて他のみながどんなことを言っているかを非常に気にしています。自信家で果敢な生徒さんもいますが、多くの韓国人の生徒さんは、外国語を使うときに怖がって不安になっているようです。

日本人の生徒さん

対照的に、日本人の生徒さんは一人で行動し一人で考える、個人主義型です。私の知る多くの日本人の生徒さんは、一人で何でもやっています。

ビーチに行ったりお店に行ったり勉強したりなどなど、みな一人です。ですが、にもかかわらずグループではチームワークを発揮しています。

クラスの大勢がこうしたいと思っていることにあわせようとする傾向があるようですね。学校では、生徒さんたちは、他の皆が自分をどう言っているかはさほど気にかけず、先生とも他の生徒さんとも、ほどほどのビジネスライクな距離をキープしています。

クラスでは、滅多に遅刻はせず、宿題もきちんと提出します。
シャイになるときもありますが、いわれたことはやるという精神から、学校の活動にも疑問や不満を述べずによく参加してくれています。

どちらがよりよいかという問題にはっきり結論を出すことは、偏見を生みますし論理的でもありませんよね。学習能力と、先生の力量がもっとも重要なことですから。このコラムで、文化の間にある違いが、相手を知る手がかりになることに気づいてもらえればうれしいです。


SMEでクレイジーデイを!一味違うセブ島留学を楽しんでみては?

SMEでクレイジーデイを楽しもう!

いつもの生活を離れて思いっきり楽しみたいあなたに、SMEが心躍る日々をご提供します。

SMEのクレイジーデイは、私の在任中に企画しました!

SMEのクレイジーデイとは?

SMEクレイジーデイは、先生がいつもとは全然違う格好をしてくる「CRAZY DAY!(クレイジーデイ)」なのです!テーマを決めた衣装を着る人も同じ。

たとえば、ミリタリーがテーマなら、先生方はみなミリタリーのジャケット、カモフラージュ、ベストやキャップに身を包みます。また、プラスチックの銃や、おもちゃの望遠鏡、コンバットシューズなどアクセサリーも忘れません!

クラスでも休憩中も先生方はずっとこの服なので、みなロビーで一緒に写真を撮っています。生徒さんも時々参加して、一緒に衣装を楽しんでいますよ。

このイベントは、月または週に一回、皆さんと仲良くなれるように開催していて、皆さんが楽しんでくれています。日頃のストレスを解放して、次のSMEのクレイジーデイを心待ちにしている人も多数。

生徒さんには、新しい表現や発想を衣装から学べるため、よい学習のチャンスでもあります。

これは一石二鳥ですよね。 楽しみながら同時に勉強をしてしまいましょう。一番すてきなコスチュームの先生は写真を撮られっぱなし!(笑)

SMEクレイジーデイは、先生にも生徒さんにもお互いを知る楽しい機会です。
このクレイジーデイコスチュームで、新しい友達と出会ったり、新しい人と交流することができます。さらに、クレイジーデイはクラスでも新しい英会話トピック、ネタになるでしょう。

SMEで学ぶなら、ぜひ参加してよい思い出にしてください。たくさんの写真を撮って、たのしみましょう!

sme-crazyday-1(俺のセブ島留学)
ドクターコスチュームの日
sme-crazyday-3(俺のセブ島留学|ミリタリーデイ
ミリタリーコスチュームの日

フィリピン・セブ島留学を検討中の方へSMEの3キャンパスをご紹介!

From Miss D
彼女のプロフィールは下記に

SMEフィリピントレーニングセンター

SMEフィリピントレーニングセンターは、SMシティモールのそばの小さなビルで始まりました。そして、SMEフィリピントレーニングセンターは驚くことに、数年後、セブでもっとも大きなESLスクールに成長しました!

現在は3つのおもなキャンパスがあり、すべてセブシティにあります。3つのキャンパスはそれぞれ異なったプログラムを実施します。次にキャンパスの概要を書きましょう。

SME スパルタキャンパス

SMEスパルタはタランバンエリアにあり、町の中心部からは離れています。およそ通常では30分から40分ですが、ラッシュ時にはもっとかかるでしょう。

SMEスパルタキャンパスでは、文字通り「スパルタ」のような厳しく厳格なルールと学課が行われています。自由時間が欲しい方は他のキャンパスがおすすめです。ですが、きちんと管理された学科を好む生徒さんはこのキャンパスにいらしてください。

SME クラシックキャンパス

SMEクラシックキャンパスはマボロエリアにあります。SMEスパルタと比較して、アヤラモールやSMモールに近い場所です。マボロエリアは2つの大きなモールの間にあります。商業施設にはアクセスが便利な立地ですね。

SMEクラシックキャンパスでは、2つの校舎があります。寮とIELTSプログラムに主に使用する棟です。また、地下に ESLがありますがほぼすべてのESLは、SMEキャピタルキャンパスに移転しています。

SMEクラシックキャンパスはスパルタキャンパスと同様のルールですが、やや緩和されているのが特徴。

SME キャピタルキャンパス

SMEでもっとも新しいキャンパスで、2012年にオープンしたばかりだったと思います。

SMEキャピタルキャンパスはグアダルーペエリアにあり、商業地にもアクセスが便利です。大きな病院は5分、モールは15分です。小さなモールや、新しいコンドミニアムもこのエリアから歩ける距離にあります。

いいでしょう?

本当です。 SME キャピタルキャンパスは、レギュラーで典型的なESLのコースを提供しているので、もし基礎的な英語をこれから身につけるなら、初心者の皆さんにはおすすめですよ。

SMEフィリピントレーニングセンターは3つのキャンパスから選ぶことができます。それぞれが長所を持ち短所もあるので、もっとも合っている、学習に適したキャンパスを選んで登録しましょう。

Miss D


SMEのIELTS(アイエルツ)プログラムとは?IELTSコースのセブ島留学者は毎週模擬テスト!

From Miss D

SMEのIELTS(アイエルツ)プログラム

SMEフィリピンのSMEトレーニングセンターは、セブの語学学校の中でももっとも厳格なIELTSトレーニングを実施していると思います。

学生が課題をこなせなければ、警告を出します。ほとんどの生徒さんがこれはやり過ぎで軍隊だと言いますが、中には助かると言っている生徒さんもいるのが現実。

IELTSチームリーダーと教師が、毎週評価を行い、評価システムは出席、点数、全体の生徒のパフォーマンスからなります。生徒には毎週フィードバックが送られ、どのスキルを補強すべきかがわかります。

週模擬テスト

SMEフィリピントレーニングセンターのIELTSクラスは、毎週模擬テストを実施します。

模擬テストは、IELTSの生徒さんの必修で、何か受験できない特別の事情があれば事前に事務の許可を取っておかなければなりません。

IELTSテストは、IELTSの実際の試験のすべての要素を含み、リスニングと読解、作文、スピーキングからなります。これらのテストは、すべて校舎のIELTSの先生方が行い、模擬試験は、ブックレットにまとめられ、出題を繰り返さないようにしています。

最後に

IELTSプログラムは、ルールも厳しく評価が厳格でストレスがかなりたまるでしょう。実際に途中で疲れスランプに陥った生徒さんも見てきました。

登録する前に心の準備を行っておかないと、100%で望めずにせっかくの努力と時間の効果も期待できません。

ご幸運を・・・

Miss D


フィリピンセブ島語学学校最大手SMEのスペシャルクラスプログラムとは?

From Miss D

SMEのスペシャルクラス

SMEフィリピントレーニングセンターの中でも、もっとも優れたプログラムで、センターの地位を揺るぎないものにしたのは、スペシャルクラスプログラムです。

他校と違い、SMEはスペシャルクラスが無料です。完全に料金はいりません。

私がSMEでの任期中にスペシャルクラスは、午前中の6時から7時と7時から8時まで開校されていました。

このスペシャルクラスは、生徒さんの学習の向上とサポートのために特別に作られています。また、レベルも考慮しますが、基本的に様々に異なった種類の学習を提供します。

たとえば私の在任中はCNNのスペシャルクラスで、リスニング技術と報道英語の理解を扱っていました。

スペシャルクラスはグループレッスンで、ほとんどの学生は自由に参加できますが、自分自身のレベルがあまり低いとストレスになるため、他の適切なクラスを見つけてもらいます。

CNNクラスについていけるくらいになったら、およそ一月か二月くらいで、ニュースの特別クラスに参加できます。

これらのスペシャルクラスは、長所も短所もあります。

長所は、学生がリスニング、読解、英語を使った交流の時間をとれることです。時間は長いほどよいのです。

しかし、教師として、一部の学生にはこのクラスがストレスになっていることを見てきました。他の先生の通常の宿題をする時間がなくなってしまいます。

このことが、学生との懇談でもっともよく聴かれる悩みでした。結果として、遅くまで起きて宿題をやる・・・・翌日はクラスもうまくいきません。

私は教師として、学生の皆さんはあまり過大な無理をしないようにアドバイスします。自分を知り、自分の許容量を踏まえることでよりよく学習が進みます。教師と相談して、チームワークで取り組みましょう。学習とは二人三脚の成功を目指すものです。

Miss D

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント