ファーストウェルネス(FEA)マクタン校|宿泊施設

留学をする時に一人部屋か二人部屋か、3~4人部屋にするか迷う方も多いでしょう。
学生は予算の関係上3~4人部屋にしようかなーっと考える方もいるかもしれません。

でも・・・

セブ島留学で本気でTOEICの点数を上げたい、短期間で英語が話せるようになりたい!と考えて留学を決心しているならば、多人数部屋にするのはかなり危険だと思います。

スピーキングの時間を最大限に増やすには?

英会話が出来るようになるためには、リーディングでもリスニングでもライティングでもなく、スピーキングの練習が必要です。

そして留学期間が短ければ短いほど、自習でもスピーキングの練習をすることが大切になってきます。

ではどうやって自習でそのスピーキング力を伸ばしたらよいでしょうか?

自習でスピーキングを伸ばすには、リピーティングやシャドーイングなどの音読が一般的に効果的と言われています。

想像していただきたいのですが、その音読をする時に4名部屋だったらどうでしょうか?

これは周りに気を使いながらしゃべることになるので、かなりやりにくいはずです。

もちろん、近くのカフェも共有スペースですので難しい、寮の1階のロビーやカフェテリアなども大抵生徒がいるので難しい、学校の自習室にいけばみんな静かにやっているので出来ない、町中を歩きながらやるという方法もありますが、夜にイヤホンをつけて出歩くことはおすすめできません。(昼でもですが)

そうなんですよねー

音読が出来る場所は、実は部屋以外、、、ほぼないんです。

英語力を少しでも伸ばそうと意欲のある方は、授業が終わってからも自習をすると思いますが、その時、多人数部屋ではなく一人部屋を選んでいる方のほうが英語力が伸びるんです。

多人数部屋の一番の致命的な点はここ。

多人数部屋の問題点は、単にプライベートスペースや時間が少ない、友達に話しかけられて集中力が切れる、というだけでなく英会話の学習において最も重要視される音読の練習を行うことが出来ないこと!、これが致命的なんです。

友達が出来て仲間と英語が喋れるようになる・・・というメリットもないわけではありませんが、英語が出来ない者同士が喋ってもあまり会話は続きません。

セブ島留学をするときは出来るだけ一人部屋を選ぶ事が、留学を成功させるコツの一つだと思います。

確かに値段はちょっと高いです。でもこれは本当に重要だと思いますので、ケチらないでください。

ちなみに、一番まずいパターンは多人数部屋+マンツーマンのクラスが4コマなどの場合です。マンツーマンの授業数が少ないことが致命的な問題ですが、加えて自習もやりづらいとなれば、英会話力を伸ばすというのはかなり難しくなるかと思います。

ご予算上難しい場合もあるかもしれませんが、可能な限り一人部屋がおすすめですよ。

その他の関連記事はこちら

フィリピンセブ島留学「有名語学学校一覧表」

フィリピンセブ島留学「留学エージェントまとめ」

語学学校は個室型が良いか?それともオープンスペース型が良いか?

韓国人経営と日本人経営の語学学校の違い

年々増え続けるフィリピン・セブ島への旅行者・語学留学生!2015年の治安状況と注意点 by松本

カテゴリーのトップへ戻るならコチラ

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。