QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

2015年にQQEnglishに2回目の留学をしてきました。最新のレポートはこちらです。
QQEnglish【2015年留学レポート】ITパーク校とシーフロント校の概要と初日の流れ

*以下の記事の情報は2013年の情報で、現在と異なる点が多々あります(特に数字)ご了承ください。


QQEnglishに留学して1週間目です。

色々気づいてきましたので、率直にここに書き、シェアしたいと思います。なお、念のため事前に記載するとまだ1週間目なので定かではない情報もありますので予めご了承ください。

QQイングリッシュに入学してわかったメリット

1,食事はいける。
2,施設内のWi-Fiは2M出る。
3,ウォーターフロントのジムとプールを使うことができる。

QQイングリッシュの食事

QQイングリッシュの食事は月4000円か1回150円で朝昼夜食べることができます。
食事内容は数種類あるメニューの中から3つ選ぶ形ですが、食事は思っていたよりは美味しかったです。

QQイングリッシュのカフェテリアの食事

モール内のレストランと比べればそれは多少は劣りますが、僕は十分満足です。また、生野菜か野菜炒めなども毎回食べれるのが魅力ですね。男性もお腹いっぱいになるぐらいの量はあると思いますよ。

ただ、フィリピン料理のため油が多く、味も濃い。カロリーが基本的に高いので注意です。

また、店内にはバナナやヤクルトを販売しているのも非常に助かります。会計はID付きの電子カードで支払うため、無駄な時間がかかりません。うーん、これはすごい!

Wi-Fiの接続状況

カフェラウンジエリアのWi-Fiはかなり強くて、人がほぼいないときは2メガでます。無線で2M出る場所はセブ島全体でも中々ないので、パソコン電源もいくつかあるため、仕事をする人には非常に便利です。

ただ、いかんせん生徒数が多いためランチタイムは非常に混雑し、Wi-Fiも一気に弱くなります。この時間については騒がしいため仕事が出来る状況でもないです。

ただ、朝一番や夜遅目なら2M出るんじゃないかと思いますよ。

なお、残念ながら寮内では共有スペースではWi-Fiは通りますが、個別の部屋は通りません。肝心の寮内の共有スペースのWi-Fiも弱いです。

ウォーターフロントのジムとプールを使うことができる

コレ全く知らなかったのですが、QQイングリッシュの生徒はウォーターフロントのシティジム+プールを利用できるんですねー。びっくりです。

ウォーターフロント(セブシティ)CityGym

この話はオリエンテーションで教えてくれるのですが、その話を聞く1日前に、僕、、、、フィットネスファーストの申し込みを2ヶ月分(1万5千円ぐらい)してしまいました。

シティジムはジム内にあるトレーニング器具はやや古く、規模はフィットネスファーストに比べると全然小さいですが、それでもランニングや簡単なマシーントレーニングぐらいなら十分です。

留学前に知りたかった・・・

QQイングリッシュに入学してわかったデメリット

既にいくつかのデメリットも見えてきたので、こちらも正直に自分の感想をお伝えします。

基本的に自分が持ってきたテキストをベースに学習はできない。

QQイングリッシュは生徒のレベルに合わせて、使うテキストやカリキュラムを決めてくれます。そのため、これはこれから英語を本格的に学んでいこうとする初心者には非常にシステマチックでよいのですが、僕のように自分で主体的に動きたい人にとってはやや不便です。

教師はQQイングリッシュのシステム、マニュアルに沿うように教育されているため、僕がiPhoneにある構文アプリや自分の持ってきた参考書をベースに授業を行ってもらおうとすると、拒否されるか上司に相談する・・・という返事をもらいました。(これ、後でわかったのですがそういったiphoneアプリなどはサブとして使う分には良いそうです。メインとしてはダメですが)

そもそも何故僕が自分のテキストをベースで行いたいかというと、自分のテキストなら全体の難易度をすでに把握しており、全部をやりきったときにどれだけ英語力が身につきそうか見えるからです。

生徒の中には自分が今やっているのがどの部分であるのか、全体の何分の一が終わったのかを把握していない方もいますが、そうなってくると英語力が上がっているのかどうか、もっと根本的な所では「この留学や学校は自分に正しかったのかどうか?」に自信が持てなくなります。

全体像が見えるから1ヶ月の間にどれをどのペースでこなしていけばいいか、計画が立てれるし計測ができる!そしてモチベーションも上がります。

1,全体像を把握して今、自分がどの地点にいるのか、何を学んでいるかを理解する。
2,その目標を達成できそうなのか、達成したらどのぐらい英語力が伸びそうなのか何となくイメージができる。

この2点が英語留学においては重要だと思うんです。

PDFでは全体像が見えにくい。

ファーストウェルネス(FEA)時代は、テキストをもらっていたので予め自分にとって重要なポイントをピックアップして、何をどこで終わらせるかを決めました。

1冊のテキストを終わらせることがとても重要だと考えていたので、このペースで間に合わないと思った時は、臨時的に他のクラスでも同じテキストを使って、とにかく1冊のテキスト(僕の場合は文法書)を終わらせようとしました。計画を無理やりねじ込ませることが出来たんですよね。

QQだとその点が難しいようです。また、教師ベースでマニュアルがガッチリ決まっているので、計画や英語力アップは教師力に依存してしまうんです。

教師レベルが高ければそれは全く問題ありませんが、教師の質に問題があれば計画が狂ってしまいます。QQEnglishの教師の質は高いと言われていますが、もちろん全員がそうではありません。この点がもう少し柔軟になると助かりますね。

QQイングリッシュでこれから学ばれる方へのアドバイス

1,もらったPDFの全体像を必ず確認して、このPDFがどんな意味があるのか、どんな効果があるのか、期間中に終わらせることができるのか?っを計測しつつイメージを掴むこと。

2,自分が持っていくテキストや参考書はあくまで資料としてであり、それをベースとして授業展開は出来ないことを事前に知っておくことが重要です。もし、どうしても自分のテキストベースで行いたい場合は、可能であるならば日本で事前に確認しておくのがベターです。

3,事前のレベル別チェックテストは細かくチェックしてくれるので、英語が苦手でこれから学ぶ方は、逆にこういうQQイングリッシュのマニュアルに沿う方が悩まずに済み、結果が出ると思います!


2015年にQQEnglishに2回目の留学をしてきました。最新のレポートはこちらです。
QQEnglish【2015年留学レポート】ITパーク校とシーフロント校の概要と初日の流れ

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

6 コメント

  1. 藤岡様
    はじめまして。この年末に親子留学させていただきます。
    娘が、QQEnglishにてオンラインで勉強をしており
    先生が大好きで会いたいからです。
    上記のコメントを読ませていただきが、スカイプの25分の先生は、どの方も一生懸命なように感じます。
    希望と不安の親子留学よろしくお願いいたします。
    オンラインの先生と、実際にお会いして授業を受けれるシステムがあれば
    幸いです。

    (0)
    • 夢みる親子留学さん親子留学ありがとうございます。
      実は同じ先生に習うスケジュールを組むのはとても難しいのです。生徒さんが来たからと言って、現在教えている生徒さんを止めさせて変更することができないからです。
      でもお会いして話をすることはできますよ。先生に相談するとスケジュールを教えてくれると思います。楽しみに来てください。

      親子留学はシーフロント校で行います。オンラインの先生はITパークとシーフロント校に分かれているのでどちらの校舎で働いているか聞いてみてくださいね。
      もしITパーク校の先生なら、是非先生を訪ねてITパーク校に見学に行ってください。QQイングリッシュのIDがあればどちらの校舎も見学できます。シーフロント校に着いてからスタッフに相談して頂ければ手配いたします。
      私もセブに居るので見かけたら声をかけてくださいね。お会いできるのを楽しみにしています!!

      (0)
  2. 藤岡頼光様
    わざわざお返事有難うございました。私の私的な偏見に満ちたコメントに
    ご丁寧なお返事有難うございます。この意見は私のフィィピン、フィリピン人に対する感想の
    一部でありすべてではありません。
    私がフィリピン人の先生方に関して一番感心尊敬していることは、日本のだらけた
    一部の若者に比べ、家族のために兄弟姉妹のために一生懸命働いている若い先生方でした。
    物質的なものに満ち足りた日本人に比べ、親兄弟を大切にし大家族の中でそんなに豊かでなくても
    幸せそうに生きているフィィピンの人達をみて(すべてではないでしょうが)幸せとは何か?
    という事をあらためて感じさせられたということです。 
    今の日本の現状を見れば、親や祖父母、兄弟を平気で殺す(豊かな境遇でありながら)若者がいる。
    フィィピンに行ったということは本当に良い経験だったと思います、が学校に関してはQQENGLISHは
    いい線いってますが、シーフロント校に関してはまだまだwell-organizeされていないとは感じました。
    英語をこれからやろうという初心者にはいいと思いますが、ある程度実力を付けている人にとっては、
    不満を感じますね。ITPARK校のほうは実力相応の授業を受けられるとは聞きましたが。
    フィィピン教師の方にも不満があるようですね。福利厚生に不満があるようですが、
    経営者も大変だなーと思いました。
    でも日本とフィィピンを友好の絆で結ぶ素晴らしい事業をやっておられるという誇りを持って
    QQENGLISHをより良い学校に育てていかれることを心より応援しております。
    今では頑張れフィリピン、QQENGLISHより。

    (0)
    • こんどのお名前は呼びにくいですね。「頑張れ頼光さん!」さんコメントありがとうございました。
      私に足りていないのは生徒さん、スタッフ、先生との会話ですね。話を聞いてどんどん改善して行きたいと思います。

      今回はご意見を頂きありがとうございました。
      これからも何か気が付いたことがあれば教えてください。
      宜しくお願いいたします。

      (0)
  3. セブシーフロント校で2か月勉強しましたが、先生方は英語はできるけれどテキストの範囲内のことで、イギリスや西欧の文化も政治も経済も、外の世界のことをほとんど知らない、これではよい教師とは言えません。フリートーキングになるとこちらが世界の情勢や文化を教える一方で、なんの効果もありませんでした。マンツーマンといってもその人の実力にあった授業をしないわけですから、私は今リスニングが弱いからやってほしいといってもTOEICぐらいしか教材がなく、出てくるペーパー教材はやさしすぎて何の効果もなく、文句でも言おうものなら、教師全員に噂を流されいやな目にあいました。教師全員が生徒のうわさを交換し合っています。
    日本人に対する厭な目線を感じました。あまり日本人が彼らからすると高いものを平気で買うところにある種の嫉妬と、
    機会があればだましてやろうとする意図を感じて、やはり西欧で勉強するべきと思いました。
    まったく偏見を持たずにフィリピンに行ったのですが、これがエリートに属する人たちなのかと失望しましたね。
    又、テキストが文法的にも、他の面でもでもはてなと思うところがありました。果たして若い子、中学生や、高校生が安いからと言って雪崩を打っていくのは少し危険なのではと思います。なれる程度でいいというのならいいですが。

    (0)
    • 今ではアンチフィリピンさま。ご意見ありがとうございました。
      QQイングリッシュ代表の藤岡頼光です。
      今回の留学で嫌な思いをなさったのですね。本当に申し訳ありませんでした。
      大変恥ずかしいのですが仰る通りイギリスや西欧の文化、政治、経済などには対応できていません。
      理由はフィリピンの大学は20歳で卒業してしまいます。中学生が無く小学生からいきなり高校生になり一般常識を学ぶ機会が少ないのです。
      卒業してからQQイングリッシュで教育していかなければならないのですが至っていませんでした。
      また、英語の学習でけでなく教師の日本人に対する厭な目線でも嫌な思いをさせてすみませんでした。
      今回のご意見を真摯に受け止め改善を図っていこうと思います。
      重ねて、貴重なご意見を頂きありがとうございました。

      (0)

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。