QQイングリッシュの授業の特徴は?

今や英語留学と言えばフィリピンが急激に注目されるようになってきましたよね。
中でも世界のリゾート地セブ島留学は圧倒的に人気が高いですよね。
さてそこでこのセブ島の語学学校のひとつ、QQイングリッシュ(QQEnglish)は一体どんな魅力があるのでしょうか。

QQイングリッシュ(QQEnglish)はセブ島の中でも中心地でありながら治安のよいITパーク特別経済区内にあり、なんと5名~10人の日本語スタッフが常在しているのが特徴的です。
QQEnglishではレッスンはすべてマンツーマン。

1日6時間しっかり勉強できるほか、教師陣は英語を教えるための国際資格であるTESOLを持っているんですよ。
特にスピーキングに強い学校であるとも言われていますので、各々の目的によってはこのQQEnglishが都合がよいかもしれませんね。

カリキュラムは独自のカランメソッドというものがありますが、これは一番安い6時間マンツーマンのみのコースの人は受けることができませんので注意です。

授業において気をつけなければいけない点は、QQイングリッシュでは教科書を提供していないので、全てパソコン上のPDFを開いて授業をします。

そのため書込みをしたい方が出来ないため、この点が非効率的にならざるを得ない所です。
PDFは部分部分ではコピーできるとは思いますが、全部まるごとコピーしたものはもらえません。

一番の難点は相性の合わない教師を変更したい場合、自分が取っている全ての教師をチェンジしなければいけない点です。
これは教師側を守るために作られているルールのようですが、生徒側からすれば気に入った教師も変更せざるを得なく、非常に辛い。(*この点は2014年にどうやら改善されたようです。)

生活面においては学校から歩いて10分ほどのところにシェアハウスがありそこで生活していくことになります。

部屋自体はあくまで寮で、ホテルとは異なります。
そのため、一人部屋は小さく、ベッドサイズも通常のシングルよりも若干狭く感じますが、学生などは慣れれば問題ないでしょう。

Wi-Fiについては、ラウンジエリアでは使用可能ですが部屋では使えません。

土日に追加授業を受けることは可能ですか?

さてQQイングリッシュ(QQEnglish)での留学に実際かかる費用とはもちろん個人差がありますが、とにかく価格を抑えたいという方だったら、1日6時間の授業、4人部屋の選択で1ヶ月99,800円。
プライベートはゆっくりしたいという方なら129,800円でしょう。

その他QQEnglishにはTOEIC対策コースなどもありますので、より専門的になるほど価格も高くなりますので注意が必要です。

なお、残念ながら2013年8月現在、土日の追加授業は取ることができません。

価格が安い分、ところどころで不便があるのはしょうがないと思います。
それでも同じ価格帯の韓国系語学学校に比べれば十分満足できるとおもいますので、節約したい学生などにおすすめです。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。