メニューの一覧表はこちら

 

俺のセブ島留学 個別記事

授業のシステムはどんな感じ?

CEBUボーディングハウスは英語留学ができるセブ島の語学学校の一つです。
この学校はマニラに本校を持つストーリーシェアの分校になります。

ウェブサイトがストーリーシェアとCEBUボーディングハウスで異なりますので、迷われる方も多いかもしれません。

ストーリーシェア(CEBUボーディングハウス)の口コミ・評判・特徴についてご紹介しましょう。

CEBUボーディングハウスの授業は月曜日から金曜日まで毎日朝8時から随時開講され、4時間~10時間の間で自分のペースや目的に合わせて選ぶことができます。
基本的にマンツーマンレッスンですが、時々グループ授業もありまた違った環境でのレッスンが可能です。

またCEBUボーディングハウスでは日本語のできるスタッフが常在していることはもちろん、初級者に対しては日本語で英語レッスンを行なっていることも特徴的でしょう。

ちなみにCEBUボーディングハウスには学校という建物はなく、住居と学校がひとつになった、いわば家庭教師のようなシステムをとっていますよ。

さてこの住居兼学校でもある施設ですが、3種類あります。
中でも主に中級者以上が入居する「ロンドン」と呼ばれるハウスでは日常生活においてすべて英語を使うことを義務づけられ、守れないときにはペナルティーが科せられるほどの徹底ぶりです。

いずれにしてもどのハウスも環境はよく、トイレ・シャワー付きのお部屋があったり、またリビング、不安定ではあるものの各部屋でのWI-FIの利用も可能です。
ただし洗濯ができない、エアコンなどにかかる電気代金はシェアーの場合均等に請求されるなど注意すべき点もありますからよく確認すべきでしょう。

そしてCEBUボーディングハウスでの留学にかかる費用ですが、ビザ発行代や航空券などの諸費用を除くと、入居するハウスによっても異なりますが、例えば初級者に最適なマンハッタンと呼ばれるハウスの一人部屋で、1日6時間のレッスンを受けた場合(4時間マンツーマン+2時間グループクラス)、1ヶ月で115,000円という金額になります。

一方上級者向けの先ほどのロンドンでは同じレッスン時間で2人部屋でも同じ金額になり、ハウスやレッスンの受け方などによって費用が異なりますのでよくチェックすべきでしょう。

この他に注意点はありますか?

ストーリーシェア(CEBUボーディングハウス)を選ぶ際はいくつかの注意点があります。

1. 料金体系がかなり不明確で現地のペソ払いにしなければいけない

レートが日々かわりますので支払金額が変わるのはもちろん、留学費の支払い方も海外送金になるため手数料を取られたり、銀行に足を運ばなければ行けません。
(ストーリーシェアが所有している海外口座に振り込む必要がある。)

2. 住所をこちらが聞かないと教えてくれない
(つまり、ウェブサイトに載っていない)

ストーリーシェアはかなり情報を公開することを拒む学校です。
現地へ訪問させてくださいといっても、見学させてもらうことができませんし、こちらが要望を出さないと住所も教えてくれませんでした。

そのような理由から寮がどの程度綺麗なのか、スペースがあるのか、教師の質は高いか、などは現地で実際に行ってから確認するか、他の口コミサイトなどで確認してください。


この記事を書いた人

斉藤淳
ネット業界で自営業をしてます。4ヶ月半セブ島のファーストウェルネス(FEA)に留学。その後QQイングリッシュに1ヶ月、2014年2月にファーストイングリッシュへ1ヶ月留学。
元々ウェブサイトを作ることが好きだったので、自分の経験を活かしてこのサイトを立ち上げました。このサイトではセブ島留学やセブの楽しみをご紹介したいと思っています。ほとんどの記事は体験談。
>>プロフィールはこちら
>>各種お問い合せはこちら

TOEIC(R) 805点(L 430 R 375)
TOEIC SW 280点(S 130 W 150)

毎週火曜日に記事を更新予定。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

初心者におすすめのオンライン英会話スクールはここ!  フィリピンセブ島留学の航空券選びで迷ったらこの記事!

同じカテゴリー内の記事

「俺のセブ島留学」facebookページ

セブ島留学の楽しみをご紹介します。フェイスブックでしかアップしないネタが多々あり!是非facebookページに「いいね!」して受信してください。応援宜しくお願い致します。

留学航空券選びで迷ったらココ!

日本で英会話力を上げるならココ!

セブ島留学体験談募集

フィリピンセブ島留学体験談募集中

ホームへ戻る