授業は1日何時間あるの?

年間多くの日本人観光客も訪れるフィリピンのセブ島は今英語留学でも非常に注目されている地なんですよね。
そこでそんなリゾート地のセブ島にある英語語学学校、ラングリッチをご紹介しましょう。

(注)ラングリッチは以前学校内で教師のストライキがあってから、語学学校は再開していないようです。詳細はホームページで確認するのが良いかと思います。

ラングリッチは校舎と宿舎が同じ敷地内にあるという英語語学学校です。
この敷地は食事やショッピングなどにも便利で立地条件がよく、また敷地内でのWI-FI利用、エアコン、冷蔵庫、食堂、カフェテリア、屋外プールなど完備されているため、英語の学習に集中するには良い環境です。

その上ラングリッチは日本人が経営する語学学校であるため、毎日3回の食事にもこだわりを持ち日本食を提供しているようです。
またさらに医療ネットワークと連携しているため、健康上のもしもの場合も安心ですよね。

ラングリッチでは月曜日から金曜日まで毎日基本8時間のマンツーマンレッスンを受けることが可能です。

土日にも追加料金を支払えばレッスンを受けることはできますが、やはりリゾート地であることを活かしてダイビングなどを楽しまれる方が多いようですね。
ラングリッチのカリキュラムは目的別に比較的自由に組み立てやすく、より効率よく留学できるでしょう。

教師について心配な点があるってホント?

そしてこれらの学習や生活にかかる費用ですが、レッスン、ドミトリー、そして1日3食の食事を含め一人部屋ですと1ヶ月199,800円かかります。(以前の価格)
セブ島にある日本語学校の中では比較的高い部類に入ります。

またセミプランとして1日6時間レッスンのスタイルも人気なのですが、こちらでは184,800円となります。

できるだけ安く留学されたい方でしたら2人部屋を選択されれば139,800円で可能です。
男性の場合には4人部屋の選択も可能ですからより節約できますね。

気になる点としては教師の質です。

以前この学校では教師への待遇の悪さから、ストライキが起きました(セブ島ではかなり異例)。

そのため教師の入れ替わりが激しく、毎日が自己紹介で終わってしまったほど・・・っと聞いています。
さすがに現在はそういったことはないようですが、教師への待遇がどの程度改善されているかが気になります。

何故なら、教師への待遇が良くない語学学校は一般的に教師の質が低く、授業に難点があるからです。

口コミサイトを利用して本当の声を聞きたいですね。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。