セブ島留学ファーストウェルネス(FEA)セブシティ校周りの風景|俺のセブ島留学

どんな人を対象にしているの?

MBA(オトナ留学)は一言で説明すると、セブ島にある日本人が経営する社会人専門の英語学校です。

従来の学生向けの語学留学とは異なり、その目的を社会人としてキャリアップすることに置いています。

そのため一般コース以外にも、海外専用ワーカーコースなども設けているのが特徴。

授業のボリュームは1日5時間のマンツーマン+1時間のリスニング(グループ)、ただし金曜日はマンツーマンは1コマ+グループクラス2時間+プレゼンテーションなどです。

価格は4週間約22万円。(食事は朝食のみ、昼夜は有料)

授業内容はこれといったものを打ち出しているわけではなく、ほぼスピーキング練習と聞いています。

宿泊は市内のコンドミニアムですべて一人部屋。

MBA(オトナ留学)の強みはこの、宿泊施設ですね。
以前見させてもらったことがあるのですが、とても内装は綺麗でした。

ビジネスマンの留学であることから特にWI-FI環境が整っていることが重要だと思いますが、以前よりは改善していると小耳に挟みました。

その他近隣のホテルのプールやジムを無料で利用することができ、リフレッシュ環境も整っていると言えるでしょう。

しいて注意点を上げるならば、場所がラモスストリートという場所で治安の悪いマンゴーストリートの近くであること、夜は非常に暗いので近辺を歩くのは避けておいたほうが良いことなどでしょうか。

もう一つは授業は基本的に「各個人の部屋内で行うシステム」であり、MBA側が個室を用意しているわけではない点です。そのため、教師が生徒の部屋に直接来ます。

この辺がちょっと他校とは違う所でしょうか。

教師と一緒にダラけないようにする必要はあるかもしれません。

生徒は20代~30代中心と聞いています。40代以降の方はファーストウェルネス(FEA)の方が溶け込みやすいかな。
使っているテキストや具体的な内容、教師の質については授業を受けたわけではありませんので、残念ながら分かりません。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。