生徒に占める日本人の割合は?

低価格で且つ本格的に英語を学ぶことができるとして今フィリピン留学が注目されています。
中でもセブ島の語学留学は、リゾート地であることもあって大人気ですよね。

さてそんなセブ島の中心地でもITパークを徒歩圏内にもつMTM(3D)と呼ばれる語学学校をご紹介しましょう。

MTM(3D)は日本人経営の語学学校。

ですが時期によって異なるものの、生徒は日本人が20~60%と主に韓国人生徒の受け入れも多いようです。

MTM(3D)の実践英語コースは基本的に1コマ50分からなり、1日に4コマのマンツーマンレッスン、3コマのグループレッスンから構成されています。
希望者は2コマオプショナル授業として追加できますので、最大で1日9コマのレッスンを受けることができるのです。

グループレッスンも目的別に分かれるため、同じ目標を持つ者同士の集まりで刺激も多いかもしれませんね。

MTM(3D)への留学費用の目安は?

またMTM(3D)の寮は24時間セキュリティー体制の中にあり、1人、2人、3人部屋から選ぶことができます。
どれもシャワーやトイレ、ケーブルテレビ、冷蔵庫、エアコン、インターネットなどが完備されており、必要最低限のものはそろっています。

その他1日3食の食事はもちろんのこと、週2回の掃除や洗濯も無料で行なってくれますから便利ですよね。

これらの授業と寮生活を含めてMTM(3D)では一人部屋を選択した場合1ヶ月で161,000円となっています。

また三人部屋では119,000円にまで安くなりますので要チェックですね。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。