NLSでの英語の授業の特徴は?

英語能力を高めるために今注目されているフィリピンのセブ島。
そんなセブ島にある語学学校のひとつ、NLSをご紹介しましょう。

NLSはセブ島の中でも中心地に学校を構えており、慣れない地で生活していくにも便利な土地にあると言えるでしょう。

NLSでの英語の授業はといえば、1日最大11時間のレッスンを受けることができ、またマンツーマン授業を中心としています。

基本的に午後は休校となる金曜日を除いて、基本的に平日は1日4時間のマンツーマンレッスン、4人を定員とした2時間のグループレッスン、そして夜は無料でプラス3時間のレッスンを受けることが可能です。

グループレッスンはマンツーマンレッスンへの変更も可能ですから必要に応じて申し込むとよいでしょう。

NLSへの留学にかかる費用の目安は?

さて気なる生活環境ですが、NLSの学校施設からすぐのところにあるNLS専用寮やホテルを利用することになります。

この寮施設は1人部屋と2人部屋から、ホテルでは4人部屋までの中から選択することができ、韓国料理、和食、中華、洋食、フィリピン料理を中心とした1日3食の食事サービスを受けることができます。

学校施設を含めどこの宿泊施設でも全館WI-FIの利用が可能で、各部屋には冷蔵庫やテレビなど、日用品が完備されているのも特徴的ですね。

ちなみにこれらの留学にかかる費用は、一般的なコースでしたら1ヶ月NLS寮一人部屋で140,000円、ホテルなら170,000円となります。

この料金には授業料や食費などはもちろんのこと洗濯費や掃除など含まれますが、ホテルの場合には光熱費は自己負担となりますので注意が必要でしょう。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。