USPの規模はどれぐらい?

数多くの語学学校を抱えるリゾート地のフィリピン・セブ島。
そんなセブ島の語学学校のひとつとしてUSPがあります。
フィリピンでは歴史の長い南フィリピン大学の附設機関でもあるのですよ。

南フィリピン大学はセブ市内の中心地にキャンパスを抱えていますが、USPはそのキャンパス内に教室が設置されています。

さてこのUSPは語学学校の中でも小規模で、定員を63名としています。

USPの英語学習のコースには3種類ありますが、どれも1日最大を9,5時間の事業構成としています。

最も一般的なコースを例に挙げてみますと、マンツーマンレッスンとして1コマ100分を2コマ、4人グループレッスンを1コマ、また無料で1コマ追加、別にTOEICに特化したレッスンを1コマ受講することも可能です。

USPではほぼ全員の講師たちが教育に関わる免許を取得しているため、より安心して任せることができるでしょう。

留学費用はいくらぐらい必要ですか?

またUSPは語学学校より徒歩5分の場所に寮を抱えています。
2011年に完成したばかりのこの寮はまだ新しくきれいで、1~3人部屋のタイプから選択することが可能です。

同じベッド数でもタイプによって冷蔵庫など電化製品の有無が異なりますので注意が必要でしょう。

さらにUSPでは韓国資本でありながら日本人学生の利用が多いことから、日本語が理解できるスタッフが常在、食事に関しても辛さひかえめなど、日本人が食べやすい食事を用意してくれています。

このUSPでの留学にかかる費用は、授業料、寮費、1日3食の食事、掃除、洗濯が含まれた料金が提示されています。

一般的なコースを例に挙げると、1ヶ月最安値で1,300ドル。

これは3人部屋を選択した場合になります。
1人部屋でしたら冷蔵庫・DVDプレーヤー付きの比較的広い部屋を選んだ場合1ヶ月1,520ドルとなりますよ。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。