カリキュラムにはどんなコースがあるの?

JICCEBUはセブ島にある語学学校のひとつで、マボロ地区と呼ばれるセブシティーの中心分に位置していますよ。
そのためその周辺にはセブ島最大のショッピングモールがあるなど、生活するには非常に便利な環境であると言えるでしょう。

さてそんなJICCEBUのカリキュラムは3種類のコースにわかれており、レギュラーコース、インテンシブコースに加えて個人レッスンコースからも選ぶことが可能です。
いずれにしても授業時間は1コマ80分。

レギュラーコースと個人レッスンに関しては1日におよそ7,5時間の授業となるのに対して、インテンシブコースでは約9時間になるのが特徴的です。

レギュラーコースではマンツーマン授業が1日に2コマ、会話中心の8人のグループレッスンが2コマ、そして4人グループでの興味や目的に合わせた特別授業を1コマ、こうして月曜日~金曜日まで1日5コマのレッスンが用意されていますよ。

ちなみにJICCEBUは日本人学生の割合が非常に低く、たとえいたとしても寮では同室にはならないように配慮されていますので、この点も考慮してみるとよいでしょう。

留学費用はいくらかかる?

またJICCEBUの寮は1~3人部屋を選ぶことが可能です。
どの部屋タイプでも清潔なシャワー、トイレ、テレビなどの電化製品など、生活に必要な最低限のものは揃っていますの便利です。

ただしインターネットができるもののあまり環境はよくないということ、そして日本語のできるスタッフも基本的にいませんので注意が必要でしょう。

JICCEBUへの留学は授業料、宿泊費、そして1日3食の食事を含めて1ヶ月115,000円からすることができます。

ただしこれは3人部屋の場合ですから、1人部屋の場合には150,000円必要となります。
またその他電気代や教材代、洗濯にかかる費用なども加算しなければなりませんね。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。