スパルタ式の授業とは…?

価格が安くマンツーマンレッスンが魅力のフィリピン留学ですが、中でもセブ島への留学は注目されています。
そんなセブ島はセブシティー郊外にあるSME(スパルタ)をご紹介しましょう。

SME(スパルタ)は静かな落ち着いた環境にキャンパスを持つ、語学学校の中でも大手のひとつです。

スパルタ式のシステムをとっているため、授業時間は1日に最大12時間、平日の外出が禁止されているなど、生活面においても厳しく規制されています。

SME(スパルタ)におけるコースはたったひとつ。
全レベル対応ではありますが、比較的初心者から中級者が短期集中型で英語を学びにやってくるようです。

このコースで出席が義務化されている授業は、1コマ90分として1日にマンツーマンレッスンが2コマ、4または8人のグループレッスンが1コマ、朝食前と夕食後(110~130分)に行なわれるレッスンが各1コマ、合計5コマとなっています。

これにフリーレッスンや夜間レッスンなどを加えればより中身の濃い一日になるかもしれませんね。

その他1ヶ月に3回、土曜日は各種テストの受験が義務付けられていますので注意が必要です。

どんな部屋で生活するの?

SME(スパルタ)での生活は寮を利用することになりますが、もちろんのこと規則が非常に厳しく、先ほどの平日の外出禁止に加え、テストの結果などによっても外出の許可、不許可が左右されます。

日本人スタッフは常在していないうえに、韓国人学生が多く、料理も韓国料理特有の辛さなどがありますので、その点よく考慮して選択すべきです。

また部屋のタイプは外部プレミア寮では2人部屋か3人部屋から、内部寮では1~3人部屋から選べます。

いずれにしても生活必需品は完備されており、ネットの利用も可能ですから便利です。
ちなみに留学費用は最安値で1ヶ月1,348ドル。
教材費や電気代、水道代以外は基本的に含まれていますが、これは3人部屋を選択した場合です。

よりゆったりとした生活を希望されるなら、一人部屋の1,596ドルもありですね。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。