セブ島留学で風邪|風邪薬

認めたくないですが・・・・

認めたくないですが・・・・

セブ島留学で風邪|風邪薬
風邪ひきました。

僕の場合は風邪はいつも喉から来るのですが、その前兆が先日の金曜日から来ておりました。
安静にしていればよかったものの、土曜日という誘惑に打ち勝つことがでず、その日は知人とお酒を飲み、カラオケに行き(数年ぶり)、、、、、

その後見事に体調を悪化させた次第です。

ありがたいことに今のところ熱はありませんが、なんとなく長引きそうな感じがしそうで怖いです。

セブ島留学中に風邪を引いてしまう主な原因とは?

留学中に風邪をひくパターンは大抵こんな感じです。(前も似たような記事を書いているかもしれませんがご了承を)

1,セブ島の空気にやられる。

これは初日、二日目に多いパターンです。セブ島の雰囲気、空気感は日本とは全く事なるため、セブ島についた初日、2日目で体調を崩す方も少なくありません。

直行便でなく乗り換えでセブ島に来る方は、その旅の疲れなども合わさってやられる場合があります。未然に防ぐ方法としては飛行機内でマスクをつけたり、ビタミン剤を予め飲んでおくといいかもしれません。

2,数日後から数週間後に疲労が溜まって風邪をひく。

多くの人にとって留学は初めての事だと思います。そのため、最初の1週間はかなり緊張の連続。慣れないこの土地でどこが安全かも分からず、ほとんどの人たちが怪しそうに見えます(苦笑)

また、授業も8時間以上ある方が多いと思いますので、疲労はたまる一方です。僕は1ヶ月と2週間で風邪を引きダウンしました。

対処法としてはスパでリラックスしたり、きついと思ったら授業を事前に減らしたりする工夫が必要なのはもちろん、毎日食べるものにも気をつけましょう。

こっちだと野菜不足で栄養が偏り、疲れ以外にもそういった理由によって免疫が落ちた所をやられるんじゃないかなーっと思います。

3,学校内で流行り、感染する。

これは結構ありがちなパターンです。
セブ島留学の授業は基本的にマンツーマンで行います。そのため教師(もしくは逆に生徒)の一人が風邪を引くと伝染ってしまう場合も多いんですね。

学校の規模の大小にかかわらず起こるので避けづらいかもしれませんが、体の免疫力が伝染るを高めておけばそう簡単には伝染りません。スピーキングでは喉を酷使するため常に水を定期的に飲み、喉をうるわしておきましょう。

4,寝室のクーラーを効かせすぎて風邪をひく。

これもちょっと注意が必要。
セブ島は夜もそれなりに暑い日が多く、クーラーを効かせる日々も少なくありません。そのため、クーラーを強くし過ぎて朝起きたら喉を痛めていた・・・というケースもあります。

直接風を当てないのはもちろんのこと、弱めの設定にしておきましょう。

5,遊びすぎて疲れて風邪をひく。

・・・・・・

・・・・・・

救いようのないパターンです。

まあ、僕のことなんですがね。。。

セブ島留学中に風邪をひいてしまったらどうするか?

留学中に風邪をひいてしまっても、日本で風邪を引いた時とそんなにやることは変わりません。

1,喉ならStrepsilsをひたすら舐める。

Strepsilsのど飴|俺のセブ島留学

Strepsilsは現地ののど飴でコンビニやスーパーなどどこでも購入することができます。事前に日本からのど飴を持ってきていない人はこっちでこれを購入しましょう。

2,ポカリスエットやゲータレードを飲む。

下痢の症状になったら水ではなく、ミネラル類が含まれているゲータレードを飲むのがこっち流。まあ、風邪の場合でも同じようなもんだと思います。

ポカリスエットもこっちのコンビニ等で売っていますが、日本より甘い気がします。

3,抗生物質を飲む。

セブ島留学で風邪|風邪薬

日本から抗生物質を持ってきている方は、早めに服用しましょう。市販で売られている風邪薬では効かないケースがこっちの風邪だと多いです。一度風邪を引くと案外簡単に1週間分ぐらいの抗生物質を使ってしまうので、長期留学される方は予算が許す限り多めに持っていくことをおすすめしますよ。

4,マスクをつける。

授業でも授業外でも大活躍します。
ただし、セブ島ではマスクをつける文化がないため、マスクをつけたまま外に出るとそれなりに怪しい人になりますw
出る時は外しておいたほうが無難ですが、気にならない方は外でも是非。

5,授業をサボって寝る!

休むに限ります。

6,サウナに行って汗を流す。

熱が出ていない方にとってはおすすめ(?)
男性限定ですが神楽でサウナに入ることができます。

http://ceburyugaku.jp/247/

最後に体調を崩した場合の一番重要な事。

多くのセブ島留学生は、こういう話を聞いても自分は体が強いんで大丈夫だろう・・・とか、食中毒、下痢になることはないだろうと考え、多少体調が悪くなったとしても自分で何とかしようとします。(僕もそうなのですが・・)

でも、そういう状況が何日も続いて最終的に悪化し、病院で点滴を受けた・・・という方を僕は留学中に何人か見てきました。

特に風邪の症状ならまだしも、食中毒は日本の菌とは違いこっちは強いため、日本から持参した抗生物質では治らない場合も少なくありません。

食中毒だと感じたらなるべく早く病院に行くことをおすすめします。

体調管理大事ですね・・・身にしみてます・・・

その他おすすめ記事「衛生状況&体調管理」

病気・衛生対策まとめ(狂犬病、食中毒、デング熱など)

フィリピンセブ島でお腹をこわさない体調管理方法

セブ島留学中に体調を崩さないよう、未然に防ぐいくつかの方法

フィリピン・セブ島の治安状況と旅行時の注意点は何か?<タクシー編> by松本

「カテゴリートップ(留学準備と生活環境)」に戻るならこちらをクリック!

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント