セブ島留学で必須のアイテム 町屋マート

セブ島留学をし始めると当たり前になってしまう事かもしれませんが、これから留学する方にとって当たり前ではない「体調を崩さないようにする方法」をいくつかご紹介したいと思います。

1,瓶ビール、缶ビールをそのまま飲む場合は必ず周りを紙ナプキンで拭くこと。

セブ島の瓶ビールや缶ビールはホコリがついていて汚れている場合があります。体調を崩す原因にもなりかねませんので、必ず紙ナプキンで拭いてください。紙ナプキンはどこのレストランやバーにもテーブルに置いてあります。

特にカンはごきぶりやネズミが開け口を歩いている場合もあるので注意!まあ、滅多にないことですが念のため缶の開け口は丁寧に拭いておくと良いでしょう。

2,お金を触ったてでそのまま食事をしないこと(できるだけウェットティッシュやアルコールなどで消毒すること)

日本のお金と違ってフィリピンのお金は汚れています。その汚れたて菌がついた状態で食事をすると(例えば手でパンを食べるなど)、人によってはお腹を壊す原因にもなります。

お金を触ったら食事前には手を洗いましょう。これも念のためです。

3,ヤクルトやビオフェルミンを服用して、常に腸内環境を最善つくしておくこと。

ビオフェルミンは日本で購入する必要がありますが、ヤクルトはこちらのスーパーやコンビニで売っています。毎日飲み強い腸内環境にしておきましょう。

4,氷は通常のレストランなら大丈夫だが、屋台系のローカルレストランでは飲まないこと。

氷や水は大抵のレストランは綺麗なので大丈夫です。特にモールやホテル内(ビジネスホテルを含む)は問題なし。唯一ローカルレストランと呼ばれる、最も安い階層の食事処は水や氷を飲まないほうがよいです。

フィリピン・セブ島|ローカルレストラン

こういう系のお店の水と氷は危険なので、ペットボトルの水を飲むこと。

5,食事前はアルコールをつけること。

現地ではアルコールを付けておくといいかもしれません。こっちの薬局で100ペソ以下で購入できますので、ついてから薬局で買っておき、常に食事前に使用しておくと安心です。

セブ島留学で必須のアイテム アルコール

形はこんな感じの小さいアイテム。

アヤラモール内にあるワトソン(薬局+美容系を販売しているお店)でも購入できます。

6,風邪引いたらマスク+ビタミンサプリ+風邪薬+カラマンシージュース

こっちの風邪は長引きます。2週間ぐらい完治するまでに時間がかかると思っておいたほうがよいです。

・マスクは日本から持ってきて授業中使いましょう。
・ビタミンサプリは毎日服用
・風邪薬は日本から持ってきたもの(出来れば医師から処方してもらった風邪薬)を服用しましょう。最悪、セブ島でも「町屋マート」という日本アイテムが大抵揃っている所で、ルルやエスタックイブなどの日本の市販風邪薬を購入できます。

セブ島留学で必須のアイテム

種類はそれなりに豊富だが、やはり日本で購入する時よりは若干高い。


大きな地図で見る
町屋マートはここにある。

セブ島留学で必須のアイテム

コーラックなどの便秘薬も売っているので、便秘気味の方は試すのもあり。

・カラマンシージュースを飲みましょう。カラマンシーとはビタミンCがたっぷりの小さい果物(?)でこっちではメジャーです。どのお店でも飲めると思いますので、風邪引いたら飲むのがおすすめ。

7,ゴキブリが出てくる前に予めゴキジェット系のスプレーを撒いておくこと。

こっちのゴキブリは結構でかいです。なので、怖かったら予め出てくる前に殺虫剤をまいておきましょう。ゴキブリ用の殺虫剤はコンビニやスーパーで購入できます。(Baygonという緑色の殺虫剤が強力)

単純に見たくないというだけでなく、もし登ってきてコップなどに入ったら危険なので未然に防ぐべきです。

また、食べ物を開封して食べ残しがあると、アリがよってくるので必ず食べきり、食べカスはキチント処分することが重要です。これはどの寮でもホテルでも一緒。

以上、こういった点に気をつけていれば体調を崩す危険性はグッと減ると思います。

セブ島留学中に一度体調を崩すと、下痢系なら2~5日間、風邪の場合は2週間ぐらい完治までかかるケースが多いので、授業にかなり影響がでます。僕も留学中はお腹を壊すことはなかったものの、風邪を引いて毎日微妙な体調のまま2週間前後授業を受けていました。

皆さんは同じような事にならないよう、気をつけて留学してもらえたらと思います。

その他おすすめ記事「衛生状況&体調管理」

病気・衛生対策まとめ(狂犬病、食中毒、デング熱など)

フィリピンセブ島でお腹をこわさない体調管理方法

セブ島留学中に体調を崩さないよう、未然に防ぐいくつかの方法

フィリピン・セブ島の治安状況と旅行時の注意点は何か?<タクシー編> by松本

「カテゴリートップ(留学準備と生活環境)」に戻るならこちらをクリック!

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント