フィリピンセブ島留学の魅力「近さ」

オーストラリア留学は費用が安いってホントなの?

英語留学と言えばオーストラリアは大人気の留学先と言える国でしょう。
独特な英語を話すオーストラリア人はとても明るく、交流を深めやすいという人種でもあるのです。

さてこのオーストラリア留学がどうして注目されていたかと言うと、アメリカやイギリスなどに比べると比較的留学費用を抑えることができたからなのです。

しかし残念なことに現在ではその差は見られず、オーストラリア留学も費用面は非常に留学が難しい国となっています。
ただしオーストラリアは比較的治安もよく、また教育水準はかなり高いとも言われていますので、学ぶ環境としては適しているかもしれませんね。(以下でオーストラリア留学した方の体験談をご紹介しています。)

そしてそんな留学費用の高騰が進むなか、急激に注目されるようになったのがフィリピン留学。

中でも世界のリゾート地として知られるセブ島には数多くの語学学校が存在し、いくら英語が母国語ではないとしても、今や講師となるフィリピン人たちはかなりネイティブに近い英語を話す人材が多いと言われているんですよ。

オーストラリアがイギリス系英語なのに対して、フィリピンはアメリカの植民地だったためアメリカ英語がメインと言われています。よって将来アメリカ留学、アメリカでビジネスを・・・っと考えている方にはフィリピン留学の方がよいでしょう。

フィリピンセブ島留学の人気の秘密は?

フィリピンセブ島留学の中でも特に注目すべきは次の2つ。

1つ目はオーストラリア留学で現地の学生や留学生グループの中に入ってレッスンを受けるのと異なり、セブ島留学ではマンツーマンレッスンが中心であるということ。

またオーストラリアを含め欧米への英語留学ではゆとりのあるカリキュラムで構成されていることが多いのに対し、セブ島留学ではほぼ英語漬けの生活になるとイメージしてよいでしょう。

そして2つ目にフィリピンの物価が安いということ。

そのため日本人にとって生活していく上で出費が少なく、またレッスンにかかる費用自体も非常に安いのが特徴的です。こういった理由によりまずはフィリピンセブ島留学から、という方も少なくないんですよ。

ただ、オススメとしては既にフィリピン・セブ島留学自体がかなり格安ですので、その中で更に格安の学校を選ぶのではなく、高くても質の良い学校を選ぶことをおすすめします。

もしオーストラリア留学をするのであれば、確実に英会話の基礎レベルをクリアした状態で行くことが好ましいです。
▶ こちらの記事をご参照ください:No3 – 海外就職コンサルが教えるワーキングホリデーに潜む罠とその対策


こちらではオーストラリ留学をした方の体験談をご紹介します。

オーストラリアへ一ヶ月、語学留学行ってきました!

私が短大時代の頃の体験談です。
英語学科を専攻していたのですが、卒業条件のカリキュラムとして、英語学科の学生皆、一ヶ月間オーストラリアへ語学留学する事が絶対条件でした。

オーストラリアと言えば、広大、自然豊か、平和といったイメージがあるのではないでしょうか。私達も、「オーストラリア一ヶ月留学」という取り組みに惹かれて、その短大を希望した人がほとんどでした。

しかし語学留学の現実はシビアでした。

もちろん目的は「語学研修」なので、勉強の毎日でした。

短大の英語学科の学生は全員で約100名程いましたが、オーストラリアの現地であまり日本語を使用できないようにと、あの広大なオーストラリア全土にホームステイ先を振り分けられ、短大の皆と一ヶ月間離れ離れな状態でした。

さて、私はメルボルンという都市にホームステイ先が決まりました。

ホームステイ先には高校生の可愛いエボニーという女の子がいて、そのエボニーが私の世話役をしてくれました。朝起きて学校に行く準備をし、エボニーが通う高校へ一緒に登校しました。

学校ではエボニーと共に机に座り、朝から夕方まで授業を受けます。日本で英語学を専攻していた私ですが、さすがに現地の授業を受けるにはレベルが高く、理解もほとんど出来ず、語学留学で一番の難関だったように思います。

ただ、日本語の授業だけはとても楽しかったり、休み時間になると、毎回留学生の私を見に、たくさんの生徒達が集まり話かけてくれ、とても楽しい時間でした。

オーストラリアの授業を受けて一番感じた事。

それは、日本の授業は、先生だけが一生懸命講義をし、生徒は受動態。それに比べてオーストラリアは、先生が話す度に生徒が挙手をしたり、声を発して質問したり、「先生と生徒が授業している」と心から感じました。

よく日本人は消極的と言われますが、それがまさに表れた光景でした。学校での勉強以外にも、週末には海やショッピングに連れて行ってくれました。

オーストラリアの道路は日本と同じ、左側通行。車に乗っていると、私でも何だか運転できそうな気がしました。また、オーストラリアは日本に比べて湿度が少なく、日差しは強いですが、空気がカラッとしていてとても過ごしやすかったです。

そんなこんなであっという間に一ヶ月が過ぎ、ホストファミリーとのお別れは本当に悲しかったです。

私を本当の娘のように接して下さり、最後のハグがとても温かかった。途中ホームシックにもなりましたが、オーストラリア、本当に良い国でした。

語学留学を考えてる人がいたら、オーストラリアは本当にお勧めな国だと心から思います。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。