フィリピン留学の魅力

オーストラリアホームステイの特色は?

留学と言えばホームステイ、アパートを借りて一人暮らしをするより、1日中英語漬けの生活を送るにはやはりホームステイが一番でしょう。
またそこで生活していく中で築いていける人との関わりも、将来大きな財産となってくれますよね。

さて英語留学先としてよく選択されるのがオーストラリアですが、このオーストラリアでホームステイした場合一体どのくらいの英語力を身につけることができるのでしょうか。

オーストラリアを含めて人気の留学先であるアメリカやイギリスなどでは各語学学校でグループレッスンを行い、そしてそこで学んだことをすぐに実践し、応用していくことができるのがホームステイの魅力のひとつではないでしょうか。

その上オーストラリアは教育水準も高く、また治安も比較的安定していることから日本人にとって英語留学するにはとても適した場所であると言えます。

ただしそんなオーストラリア留学も結局のところ短期であると文化や英語などに慣れる頃に帰国、モチベーションだけは上げれてよかった、そしてだからといって長期となれば軽く100万円は越えてしまうなど、様々なデメリットも抱えているんですよね。

特に初心者の方のオーストラリア、カナダ、アメリカ、イギリス留学等は授業時間数が少ないことからあまりオススメはできません。(中級~上級者の方へは良いでしょうが・・・)

セブ島留学で英語漬けになれるの?

その点今話題のフィリピン・セブ島留学はたくさんのメリットを見つけることができます。
そもそもフィリピンは英語は母国語ではないにせよ、今や英語を話す人口は世界第3位の国です。

そしてこのフィリピンでネイティブ並みの英語を、しかもマンツーマンレッスンで学ぶことができるのです。
これは他の国々にはない大きなメリットですよね。

またセブ島留学でホームステイとはあまり耳にされませんが、語学学校の選び方によっては英語以外禁止の宿泊施設を選ぶなど、いくらでもホームステイのような環境を作り出すことができます。

それでいてフィリピンの物価の安さというメリットが加わりますから、効果の面でも費用面でもこのセブ島留学に人気が殺到しているんですね。

僕もそんなセブ島留学生の一人として、留学効果を実感しているのでこの留学はおすすめできますよ。

オーストラリア留学をする前に一度1ヶ月~3ヶ月ほどフィリピン留学をしてから、留学する方がより効率的に英語を学べるのではないかと思います。(ワーホリの方は特に注意してもらえたらと思います。)
▶こちらをご参照:No3 – 海外就職コンサルが教えるワーキングホリデーに潜む罠とその対策


以下ではオーストラリア留学の体験談をご紹介します。

オーストラリアへの語学留学、毎日が新鮮でした

私は小さい頃から漠然と外国や、日本語と英語のバイリンガルであることへの憧れを持っており、中学生の頃にオーストラリアへ短期ですが留学していました。オーストラリアを選んだ理由は、比較的治安がよい点、温暖な気候、おおらかな国民性、日本語の授業があるほど日本に親しみを抱いてくれている国であるといったところです。

あまりホームシックにはなるようなタイプの子供ではなかったので、頼れる両親もおらず言葉が分からない、日本から遠く離れた環境に放り込まれても友達と毎日わいわい楽しく過ごしていました。

現地の大学が行っている短期留学向けのプログラムで毎日勉強しており、時々午後からはアクティビティーということで街中に出かけたりもしていました。

よく知られているようにオーストラリアの人々はとてもおおらかでフレンドリーな方ばかりです。私の滞在していたところはアジア人が比較的少ない場所だったためかたくさんの方が声をかけてくれて、私も言葉はあまり分からないけれど恥ずかしがらずにどんどん現地の方としゃべっていこう!と積極的に応えていきました。

どんな些細なことでも良いのでとにかくネイティブとたくさんしゃべる、これが英語の上達の秘訣だと思います。その結果、短期の留学だったにも関わらず留学前と比べて英語の発音やしゃべるテンポが格段によくなりました。

私は現地の家庭にホームステイしていて、毎日その日あったことや日本のこと、自分の家族のことをたくさん話すようにしていました。

いきなり今まで関わりのなかった人たちと同じ屋根の下で過ごすということは、気を使ったり、恥ずかしかったり、緊張もあると思います。けれど、いつまでも心を閉ざしていては何も成長できないと思い、ホストファミリーとの積極的な会話はもちろん日常のお手伝いなども一生懸命しました。

食事に関しては、かなり当たり外れがあると思います。私のホストファミリーは息子さんが独立してのんびりと過ごされている方で、ホストマザーは趣味が料理だったため、毎日とてもおいしいご飯を食べることができました。

一方友人のホームステイしていた家庭は学校に通っている子供が4人もいる家庭でホストペアレンツも共働きで多忙だったため、毎日とても簡素な食事だったそうです。

どうしても食事が口に合わない、簡素な食事続きで寂しいといった場合は、週に何回かは自分が食事作りを担当して、日本料理を振舞ってみたりするのもいいのではないかと思います。

私のモットーはやらない後悔よりやった後悔です。どんなことが待ち構えているかは、実際留学してみないと分かりません。私はぜひ現地に飛びこんでいくことをお勧めします。


オーストラリアでのかけがいのない体験~本当に行ってよかった~

私はオーストラリアのホバートの語学学校に半年ほど留学しました。

なぜその場所にしたかというと、まずオーストラリアは物価が安く安全そうだったということ、シドニーやケアンズは日本人がとても多そうなので、あまり日本人がいなさそうな田舎のホバートにしました。

ところが、私が着いたのは7月で夏休みの時期でもあり、夏休み中の短期留学者も多く、クラスの半分以上は日本人と韓国人でがっかりしたのを覚えています。

ホームステイ先にも日本人の女の子がいて、日本語で話をしてばかりでした。ただ、最初は私は全く英語を話すことができなかったので、その子から銀行口座の開設や、必要な買い物等色々な情報をもらってとても助かりました。

最初は一番下のクラスからのスタートでした。私は結構真面目な性格なので、宿題も毎日欠かしませんし、プラスして日記を英語で書いて、毎日先生に添削してもらっていました。

クラスは15歳から40歳くらいの中国、韓国、台湾、日本人で構成されていて、授業は文法やリスニングなどのほかに、自分たちが各自で選んだ題材に沿ってのプレゼンテーションなど多彩でした。若い子もいたためかとても和やかで、質問や発言もしやすい良い雰囲気のクラスでした。

1か月ほど経った頃、やはり家で日本語ばかり話していて、これではいけないと思い、日本人のいないホームステイ先に代わりました。そこには中国やイスラエルなど4か国ほどの学生がいて、皆がつたない英語で色々話をしたのが良い思いでです。

イスラエルの子からは内戦の様子なども聞き、自分の知らない世界について知ることができました。休みの日には色々な自然体験ツアーに参加し、オーストラリアの自然に触れました。

また、時に10日間程度の休暇にレンタカーを借りて、メルボルン~シドニーなどを旅行したのも良い体験でした。オーストラリアの土地は広大なので、その土地土地での特徴や生物も様々でした。

特に鳥が多彩な色彩で、日本では動物園などの特別な場所でしか見れなさそうな野生の鳥が色々みれたのが印象的でした。2か月ほど経って、クラス分け試験があり、無事に上のクラスに進むことができました。

やはり毎日真面目に取り組んでよかったと思います。どうしても日本人同士でつるみたくなります。
そういう人もたくさんいましたが、私は語学学校が終わって数週間旅行した時も日本人がいなさそうな田舎ばかりをえらんで、どっぷりと英語漬けの毎日を過ごしました。

半年後には生活には苦労なく英語が使えるようになっていました。
ただ日本に帰って、あまり日本人の友達を作っていなかったのは少し後悔しましたが、それに代わるかけがえのない経験をたくさん積みました。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。