HIS留学の注意点とは?

英語、ヨーロッパ言語、アジア言語を中心として、世界の様々な国々への留学の斡旋を行なっているのがHISです。
そんなHISにももちろんのこと今注目されるセブ島の語学学校の紹介があります。
しかしこの大手のHISでも学校選びには慎重になったほうがよいかもしれません。

それはこのエージェントが紹介する語学学校は大半が韓国資本であるということ。

日本人だからといって韓国資本の学校に留学できないわけではありませんが、それなりの覚悟が必要な場合もありますので注意するとよいでしょう。

韓国系の語学学校のデメリットって?

そもそもセブ島の語学学校で圧倒的に多いのが韓国資本のものなのですが、それらの魅力はとにかく安いというのが魅力のひとつでしょう。
そのためとにかく費用を抑えて留学したいという方にはぴったりかもしれませんね。

ただし日本人が韓国系の学校に留学する場合しばしば聞かれるのが、例えば食事や言語に関すること。
スタッフに韓国語ができる人がいても日本語は話せない、食事が韓国料理ばかりで結局日本食などを求めて外食になるなどこのようなトラブルも少なくないようです。残念ながら新大久保にあるような韓国料理ではなく、韓国人も食べれないような韓国料理が出てくる学校も多数あります。

なぜそんなことをするかといえば、経費を浮かせるため。。。というのが、噂であるぐらいです。

また学校全体の質も日本資本の学校に比べてやや劣るようです。

例えば宿泊施設が古く汚かったり、また留学費用が安い分講師の質もあまり期待できない、などといったところです。

カリキュラムに関しても韓国資本の場合通常コースが設定されていることが多く、日本資本の学校のように自由に組み合わせることができない学校が多い。
またレッスンの合計時間数だけを大きく宣伝して、実際マンツーマンレッスンの数や時間が非常に少ないなんてこともよくありますから注意しなければなりませんね。

僕はいつも思うのですが、なぜ韓国系の語学学校をこんなに進めるエージェントが多いのか、非常に理解に苦しみます。今はどの学校も日本人がいるので、日本語を使わない環境を希望されるのであれば、比率として日本人は少ないのでありなのかもしれませんが、それ以上にデメリットが多すぎます。

うーん。。。。

それでもなお、韓国系の語学学校を希望されるのであれば、HISのようなエージェントを利用すると良いと思います。

日本資本の語学学校については、この俺のセブ島留学にもいくつかの日本人経営の語学学校が載っていますので役に立ててください。

>>徹底比較!セブ島にある日本人経営と韓国人経営の語学学校をまとめました。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。