Vista Mar|ビーチ

英語留学先として好まれるアメリカ・ハワイとフィリピン・セブ島。どちらもビーチが美しい世界有数のリゾート地という点では共通していますよね。

しかしこの2つの留学先ですが、ハワイ留学といえば昔から憧れの存在、一方でセブ島留学は最近人気を高めている存在として大きく異なります。そこでこの2つを費用面を中心に比較してみますので、ぜひ参考にしてみてください。(後ほど下記でハワイ留学された方の体験談を記載)

ハワイ留学の費用

まずハワイ留学ですが、ハワイはアメリカの一部ということを考えると、日本とアメリカにさほど物価の差がないため決して安い留学ではないことは想像がつきます。そしてハワイは島であるためアメリカ本土から空輸または船便で様々なものが輸送されてきます。

そのため実はさらにこの輸送代が上乗せされて、それプラス観光地であることも加えるとかなり物価が高くなっているのです。
ハワイ留学で1ヶ月にかかるのは個人差はありますが、およそ30~40万円。授業料は安いものの、宿泊費と物価の高さがネック。
物価の高いハワイではちょっとした買い物も大きくこの金額に上乗せされることになります。

一方のフィリピンセブ島留学の費用が20万~30万円代。なので、10万~20万程度の違いかな!?っと思われますが、内訳はフィリピンセブ島留学とは全然違います。

まず第一に、ハワイ留学はマンツーマンがほぼなく、常にグループクラス。それから、宿泊施設は4人一部屋。加えて、授業数も1週間で20コマ前後(1日4時間)が普通です。

そのため1ヶ月いても、自分に厳しくし、しっかり自習した人や常に外国人と話すきっかけを作っている人以外、英語力を伸ばすことは難しいのが現状です。また、これはセブ島にも言えますが、特にハワイは観光地として完成された都市ですので、ショッピング、ビーチ、娯楽施設など誘惑が多いです。

もちろん、ハワイ留学にはメリットもいくつかあります。
グループクラスということは様々な国籍の方々の意見を聞くことが出来るし、友達づくりという点でも面白いと思います。また、ネイティブから英語を学ぶ機会があるのも、アメリカハワイ留学のメリットでしょう。

治安という点でもハワイは安心、安全というイメージがあります(意外とスリは多いですが)。

セブ島留学の費用はいくらぐらい?

一方でセブ島留学はと言いますと、フィリピン自体、日本のおよそ3分の1の物価であるため、留学費用はかなり抑えることができます。上記で説明しました通り約20万~30万円。航空チケットも往復5万円前後なのでハワイに行くことを考えると安いです。

確かにセブ島はリゾート地であるためフィリピンの地方から見ると物価が高いほうですが、それでもハワイに比べれば雲泥の差があります。生活費という点ではやはりハワイよりも安く収まるのは強みですね。

フィリピン留学の最大のメリットは、「マンツーマンでレッスンを8時間以上受けることができる」という点です。
これが最大のメリット。

フィリピン人の発音については、アメリカ英語に近いですので初心者~中級者の方であればそれほど気にする必要はありません。(気になる方はオンライン英会話を試してみましょう。)

デメリットは治安面でしょうか。
これについてはコチラの記事をご参照ください。
データで見るフィリピンセブ島留学の治安状況。本当に安全なのか徹底比較

アメリカ・ハワイへ短期留学をされる方は「どうしてもネイティブでなければ・・・」という方は別として、最短で効率よく英会話をマスターするのであれば、「フィリピンセブ島留学」を一度検討してみてはいかがでしょうか。

もし、ハワイ留学に行く同じ金額をフィリピン留学で行えば、1日9時間マンツーマン+土日もフル授業+ホテル滞在が可能です。これだけの環境で1ヶ月~3ヶ月留学すれば、めちゃめちゃ伸びることを実感できるはずですよ。

私のハワイ語学留学体験談、メリットとデメリットについて

ハワイ留学された期間 ハワイには7ヶ月語学留学をしていました。
学校名 セントラルパシフィックカレッジ

かかった費用 学費は約40万弱で、生活費などもろもろで毎月15万程度でしたので、合計で航空券、保険、ビザ代なども合わせると200万弱で7ヶ月の滞在、学費などがまかなえました。

ハワイ留学のメリット

ハワイの留学のメリットは、日本からの近さと、日系人の多いところにあります。日本から直行便が出ているので乗り換えなしでハワイに着きますし、時期によっては航空券も安く手に入りますので、お得です。

そして、何と言っても日系人が多く住んでいるところがメリットです。日本人やアジア人に対しての差別がとても少なく、日系人、アジア人に対して優しい人がとても多いです。

日系のローカルの人なども多数住んでいますので、英語にアクセントがあっても我慢強く聞いてくれますし、地元の人と友達になりやすいですよ。日系のスーパー、レストランなども数多くありますので、日本食などが恋しくなりませんし、日系のものが何でも揃います。

家などを借りる際も、日系の人からですと借りやすかったりもしますので、初めての留学には向いていると思います。他にも日本人の留学生や仕事で住んでいる人などもたくさんいますので、友達もとても作りやすい環境にあります。様々な情報が様々な人から入ってきますので、良い意味でコネクションを作るのにも向いているのがハワイ留学だと思います。

英語に自信がない場合は、まずはハワイで基礎の勉強をするのはとても良い方法かと思います。語学学校の英語の先生の中にも、日本人の方もたくさんいますし、日本語ができる人もとても多いですので、文法や発音などでわからないことがあっても日本語でしっかり聞けるのは、メリットと言えます。

英語がわからないのに、英語で質問なんでなかなかできないため、日本語のカウンセラーや受付の人などが必ずいるハワイ留学は英語留学をしたい方にとってとても心強いと思います。他にもレストラン、バス、ショッピングに行っても日本語ができる人が多いので、生活には困らないでしょう。

ハワイ留学のデメリット

日系の人やアジア人がたくさんいるのはメリットにもなりますが、デメリットにもなります。
というのも日本語が話せる人が多数住んでいるため、せっかく英語を習得しに留学したのに、日本語ばかり話してしまい、英語が身につかずに帰ってしまう人も多くいるからです。

もちろん、中には英語がペラペラになって帰る留学生もいますが、ハワイでの留学で英語漬けにするのはかなり努力が必要です。ホテル、学校、病院、ショッピングセンターどこへ行っても日本語が話せる人がいるため、ついつい日本語に頼ってしまいがちの生活になってしまうのです。

ハワイで英語を上達したい方は、ローカルで英語しか話せない友達を作ったり、日本人の人たちと少し距離を置いたりする生活が必要ですが、ハワイではなかなかその環境に持っていくのが難しいのがデメリットですね。

他にも、勉強以外に遊ぶ場所が多いので誘惑がとても多く、英語の勉強に専念するのにはかなりのモチベーションが必要です。海がとても近く、いつでも暖かい気候のため、ついつい遊びに出てしまい、勉強がおろそかになる留学生もたくさんいます。

サーフィン、スキューバなどのマリンスポーツはもちろん、ショッピングする場所もたくさんありますし、おしゃれなバー、クラブ、レストランなども多数ありますので、とても誘惑が多いのがハワイ留学の難点です。日本人の留学生の中には、英語を学ばずに遊びに来ているような人もたくさんいますので、そういった方たちと遊んでいるとついつい勉強がおろそかになってしまいます。

英語の勉強をしにハワイへ留学する場合は、自分のモチベーションをしっかり上げて、周りに流されない強さが成功の秘訣です。そして、最後のデメリットですが、やはり留学費用がとても高いのが難点です。生活費はもちろん、食費、交友費など全てにおいて少し高いのがハワイ留学の難点といえます。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。