スウェーデンの母国語は…?

英語留学と聞けばまずはアメリカやイギリスなどといった母国語を英語とする英語圏の国々を想像しますが、実は非英語圏への英語留学もありえます。

中でも代表的なのがスウェーデン留学でしょうか。
それに加えて今ではフィリピン・セブ島留学が流行していますよね。
さてそれではこれらの国々で生活していくことで、英語能力を磨くという点で一体どれくらいの効果を期待することができるのでしょうか。

まずスウェーデン留学。

ご存知の通りスウェーデンではスウェーデン語を母国語としています。

しかし若い年齢層を中心に、英語能力が非常に高いのがスウェーデン人の特徴とも言われています。
そのためよくスウェーデン留学をして2ヶ国語学んで帰国したなんてエピソードもしばしば聞かれるほどです。

ただしスウェーデンにはやはり母国語ではないため、スウェーデン語を勉強できる語学学校があっても、英語の語学学校となると非英語圏の人が日本へ来てスクールで英語を学ぶのと同じことですから微妙なところですよね。

留学期間にもよりますが、流暢に表現できても中途半端な英語のまま終わってしまう可能性もあるでしょう。

セブ島留学が人気を集めるワケとは?

その一方でセブ島留学はと言いますと、まずフィリピンは世界で3番目に英語を話す人口が多い国です。

フィリピンでも若い年齢層を中心にアメリカ英語に似た流暢な英語を話しますが、スウェーデンと異なるのは、その英語を学ぶことを目的とした、主に韓国人や日本人向けの語学学校が多く存在するという点なのです。

そしてこのセブ島留学の人気の背景にあるのはマンツーマンレッスンと物価の安さ。

マンツーマンレッスンで集中して英語を学べますし、その成果は非常に大きいと言われていますよ。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。