インドネシアの人って英語が話せるの?

英語留学ではアメリカやイギリスなどが選択されることが多いのですが、実際にはそういったブランド名みたいなものに捕らわれて、結局は文化に触れる程度で帰国してしまう人も少なくありません。

そしてそれにかかる費用はとてつもなく多いのです。
そのため最近では東南アジア諸国への留学も急激に増加してきているんですよ

さてそんな東南アジア諸国の中でも比較的英語留学に選ばれやすいのがインドネシア。
様々な世界遺産に溢れ、またバリ島のような世界有数のリゾート地もあります。

インドネシア人たちは小学校の頃から学校で英語を学んでおり、若い年齢層を中心に流暢に英語を話すことができます。

ただ少々インドネシア語なまりがある英語なのですが、それを教える講師レベルにもなればとてもきれいな英語を話すと言われていますよ。
レッスンに関しても少人数制を用いていることが多く、効率よく英語を学ぶことができるでしょう。

フィリピン・セブ島留学の魅力は何?

ですが同じ東南アジアの国を選ぶのであれば断然フィリピン・セブ島留学のほうが効果的です。

リゾート地であるフィリピンセブ島には数多くの英語語学学校が存在しており、なんといってもマンツーマンレッスンが魅力の留学先です。

学校やカリキュラムの選択によっては1日10時間ほど英語漬けになることだって可能です。
英語が全くわからないという方もこのセブ島留学を経て、欧米などの英語圏への留学を考えるほどです。

価格の安さで東南アジアを選ぶなら、断然このセブ島留学のほうが得られるものは多いでしょう。

関連する記事はこちら

韓国人経営or日本人経営?セブ島留学における正しい語学学校の選び方

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。