組み合わせはどんな人におすすめ?

たくさんの自然に囲まれた北米の国カナダは、アメリカ英語とほぼ同じはっきりと美しい英語が話されています。それでいて大人気の留学先アメリカに比べると若干留学費用も安いということから、多くの日本人も留学しています。

さてそんなカナダ留学ですが、現在フィリピンのセブ島留学との組み合わせが大変人気、そして効果があるようです。

それでは一体この2つの留学の組み合わせにはどんなメリットがあるのでしょうか。

これらの組み合わせのメリットが活かされるのは、特に長期留学を希望する時かもしれませんね。

と言いますのもカナダに留学した場合半年間でおよそ180~350万円というお金がかかってしまうからなのです。

一方セブ島留学はと言うと半年間100万円程度。
これだけ費用の差があると、一番効率的で安い方法はセブ島である程度の基礎固めをして、それから実際にカナダで応用編としてスキルを磨いていくというパターンではないでしょうか。

セブ島留学が組み合わせにピッタリな理由は?

英語圏の国は何だか憧れのイメージだけが強いだけで、実はカリキュラムやレッスンのスタイル上、短期である程度の能力を身につけるのは非常に難しいものです。というのもマンツーマンの量が少なく、グループクラスばかりになってしまうため自分の発言回数が少ないからです。

その点セブ島留学はマンツーマンレッスンが基本ですから、より話す機会も多く短期間で急激な成長も十分に期待できます。こうしてセブ島で培う英語力で実際にカナダに行けば、より中身の濃い留学生活にすることができますよね。

こちらでカナダ留学をしている方が、現在セブ島留学を検討している体験談をご紹介します。


最初にフィリピン留学をしておけばよかった

私は現在カナダのトロントへ語学留学のためにやってきました、何故トロントを選択したのかそれは発音が綺麗だと以前にトロントに在住していた方から勧められたからです。結果としていまは何故ここに来てしまったのだろうかと失敗してしまったなぁという気持ちが強いです。

そしていまはあと2か月トロントに滞在したら、フィリピン留学を検討しています。その大きな理由としてこちらに来ている方の中にフィリピン留学を経て来られている方の大半が英語がすごく話せるという理由と、マンツーマンの指導を1日6時間から8時間こちらでかかる費用よりも安く受講出来ると言う事が最大の理由です。

発音の方も気になりましたが、それほどの差はないとの事でした。そして経験者の方がおっしゃるには3か月がベストであるとの事でした。

そこから私のフィリピン留学についての資料集めがはじまりました。当初はフィリピン留学は格安というイメージで捉えていましたが、それはアメリカやカナダと比較してみての話で、実際にはそこまで格安ではないのだなぁということも分かってきました。

確かにマンツーマンの授業を1日3時間から6時間受講できる事ができ、3食食事つきで月に15万円からという感じでした。これを一人部屋などにすると月にかかる費用は約20万円ほどになるでしょうか。

自分自身が始めに抱いていたイメージではこの半分の費用くらいなのだろうと思っていましたから、調べ始めて少なからず衝撃を受けました。しかしながらマンツーマンでの授業料が格安である事にかわりはありません、いまも色々調べて1日中英語を集中できるこのフィリピン留学に行こうという気持ちに変わりはありません。

みなさんの中にもアメリカ留学や費用面でアメリカよりも安いカナダ留学を考えている方もいらっしゃるかと思います、経験者の私から言わせてもらうと実際に語学を本気で学びたいと考えてい方にはお勧めいたしません。何故なら小人数をうたっている学校でもクラスの人数は最大で17名近くになり発言の機会も少なく、中には勉強そっちのけで遊びに来ている学生がほとんどです。

それであるならばフィリピンのスパルタマンツーマン授業のほうが真剣に英語をマスターしたいと考えている方には向いていると思います。

もちろん遊びも含めて留学をしたいとお考えの方はそれでよいと思います。人の考え方はそれぞれですので否定をしようとも思いません。しかし本気で英語を身につけるつもりであるのならばこのフィリピン留学はあなたの役に立つと私はかんがえています。


カナダ留学よりフィリピン留学をお勧めする理由5つ

カナダ留学よりフィリピン留学をお勧めする理由5つ

留学に興味がある方はもしかしたら留学先としていくつかの国を考えているかもしれませんね。留学といっても様々な形があり、短期、長期、語学学校中心の留学から、ワーキングホリデーも兼ねての留学、アクティビティーを取り入れた留学など人それぞれかと思います。

フィリピンは留学先としてピンとこない人もいるかもしれませんが、実は留学先として大変魅力的なのですよ。カナダ留学を経験した筆者が感じるフィリピン留学の魅力5つを紹介致します。

1、物価が魅力!

留学先に考えるのはまず北米やオーストラリアなどが多いかと思います。それらの国の物価は、日本と同じか少し低いのが大抵です。留学するとなると、渡航費用に始まり、滞在費、食費、学費、アクティビティーなどと用意しておかなければならず、滞在日数に応じてトータルの支出も増えていきます。

一方、フィリピンにおいては物価は日本の1/3程度となり、北米と比較すると安く収めることが可能です。語学学校一つとっても、北米でグループ授業を受けるところ、同じ費用で個別授業を受けることもできるでしょう。

2、親日度

筆者自身、留学前はあまり重要性を感じなかった親日度。実は、フレンドリーな人が多いかどうかは語学力を伸ばす上でも、滞在中楽しく過ごす上でもとても重要です。

移民国家であるカナダでは、フレンドリーな方も多い一方、人種差別も残念ながらありました。そこで過ごすのもよい経験ではありますが、フィリピンでは同じアジア系同士、仲間意識のようなものがあり話しかけやすい雰囲気があります。(もちろん人によりますが)

3、距離的にも近い

今日の世の中、大変便利になりテレビ電話やメールで簡単にコンタクトを取れるようになりました。しかしながら、物理的な距離も重要です。というのも、時間、経済的に帰国しやすいこと、時差が少ないこと(カナダでは十数時間違います)で、日本とつながりやすくなるからです。留学を終えて帰国後、現地でできた友人に再会するのも夢物語ではなく現実的なのがフィリピンです。

4、暖かな気候

日本の気候より暑いですが、寒さがない分、人によっては良いと言えるでしょう。ちなみにカナダの寒さは場所によってはマイナス30度以下の日が数日続くなど外歩きを楽しめるような環境ではありません!覚悟の上で留学を決めてくださいね。

5、充実したアクティビティー

フィリピンは観光大国でもあるように、その気候と環境からたくさんのアクティビティーが楽しめる場所でもあります。比較的治安もよいため、ビーチを始め、街歩きなども十分楽しめます。留学というしばらくの間滞在が可能な状況で、一年間様々なアクティビティーが経験できます。

以上、カナダ留学を経験した筆者が感じる魅力5つでした。留学を楽しく充実させるのはあなたです、ぜひよく考えて留学先を考えてくださいね。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。