俺のセブ島留学|TOEIC

よくTOIECで高得点を取っている人でも英語がしゃべれない、、、という話を耳にしますね。今回はこれを自分のセブ島留学経験からその理由を考えてみたいと思います。

TOEIC英語はビジネス英語

TOEICの目的はビジネスで使える英語を身につける事です(多分)。ということは、勉強する英語内容はビジネスに関係する単語がメインのはず。

これって通常の日常英会話で使う機会はどれだけありそうでしょうか?

最近TOEICの勉強をやってて思うのですが、リーディングの点数を引き上げるにはボキャブラリーがかなり重要なことがわかってきました。でもこれらのボキャブラリーはめちゃめちゃ難しくて(特に800点、900点を狙う場合)明らかに日常会話では使いません。それどころか700点を取るための英単語でさえ使う頻度はかなり低い。

リスニングにおいても日常英会話ではまず耳にしないようなTOEIC特有の単語があり、それを覚えないと話にならないわけです。

要はTOEICで高得点を取るための勉強と日常英会話の勉強とでは、内容がかけ離れているんですよね。

英会話の基本は中学生英語

英会話は非常に基本的な会話表現や文法の間違えを、正す事から始まります。

例えば、hasを使わなければいけないところをhaveと言ってしまったり、doesをdoと行ったり、want toとwould like toの使い分けができなかったり、I am going toとwillを使い分けできなかったり、You and I areというところを、You and me areといってしまったり、、、

こういう中学生で習う基本的な文法を頻繁に間違えます。

「こんな簡単な事間違えるわけないじゃ~ん。」って最初は舐めてかかるのですが、いざ喋ってみると信じられないぐらい言えないんです。なのでまずは難しい表現を覚えることよりも、今まで習ってきた基本をしっかり復習して直す事、これがスタート地点。

これはTOEICの点数が500点の人だろうが、800点だろうが中学生英語はベーシックの部分であり、TOEICの点数をいくら上げてもここの部分が改善されるわけではありません。

単語だって同じです。何回も聞いたことがある、見たことがある単語なのに実際喋ってみると「あれ?この意味、英語でなんていうんだろう・・・」っと単語が口から出てきません。そこで、先生に「ちょっと待って!今調べる!」と言って英辞郎やウィズダムなどの辞書で調べてみると「あ~これ知ってる!何で思いつかなかったんだろう・・・」っとなるんですよ。

不思議です。。。

だから僕は思うんです、TOEICがいくら点数が高くなってもしゃべれるようになることはない、、、、と。英会話には英会話専用の訓練が必要だと。

我々はTOEICの点数を上げる事が目的ではなく、スムーズに楽しく(時には冗談を言うような)英会話が出来るようになりたい!

・・・わけですよ。

誰でも知っている表現の間違いを修正するためには、TOEICで点数をあげることではなく、何回も自分で口に出して言いながら「あ~またShe haveって言っちゃった。よくこの言い方間違えるから気をつけないとなぁ~」っと、自分のクセに気づいて修正していく事が大事だと思うんですよね。

また、知っている単語でも先生との英会話で先に試しておかないと、仮にその瞬間にその英単語が思いついても、「あれ?このタイミングでこの単語を使っていいのかな?」っとなり、自信を持って初対面の人に使えません。

そういった地味な英会話練習を何十回も何百回も繰り返して、最終的には無意識に間違わずに言えるようになるんじゃないでしょうか。

TOEIC700点とっても、900点とっても、英会話したことなければ話せないのは当たり前。

僕のTOEICの点数は700点ちょいですが、同じTOEIC700点を取っている人の9割より英会話が出来る自信があります。それは単純に同じ700点取っている人より、セブ島留学で英会話の練習を大量に行ったからに他なりません。教師に指摘される機会が人より多かったんです。

気付きを増やすには、自習でTOEICの問題を解きまくっていたり、テキストのきまり文句や英単語を丸暗記しているだけでは増えません。

TOEICの点数が上がったからといって英会話力がついたと勘違いしてはいけない点もここ。

単語の使い方、文法の使い方を身につける方法は、実践で喋る以外はないです!

だから、セブ島に来て自習ばっかりをするような授業スタイルではTOEICの点数は伸びるかもしれませんが、英会話力を伸ばすことは難しいと思います。少なくとも現時点で僕は自習メインの勉強スタイル(特に丸暗記スタイル)は懐疑的ですね。

もし、それでうまくいっているのならば既に多くの日本人が自習勉強をしてきているわけで、もっと英語がしゃべれる人がいてもいいと思うんですよ。

(もし、自習メインで英会話力がかなり上がった!・・という方がいれば、TOEIC(R)以外の客観的な数字と共に是非やり方をシェアしてもらえると嬉しいです。)

もし僕があなたのお友達ならば・・・

もう一度言いますが、TOEICの点数を上げれば日常英会話力が上がるわけではありません。(逆に日常英会話力が上がればTOEICの点数は650点ぐらいまでは上がる事は経験済み。)

僕がもしあなたの友達で「英語が喋れるようになりたい!」という相談を受けたら・・・

「自分の間違えるポイントやクセを知るために、誰かに指摘してもらうこと。」や「一度習ったことがある単語や表現がスムーズに英会話で出てくるよう、何回も何回も文章を作る練習をすること。」

が一番の近道だとアドバイスすると思います。

そのための方法としてマンツーマンの英会話レッスン、出来ればスカイプではなく、直接セブ島留学をするのがベストだと伝えるでしょうね。

僕はセブ島留学ではインプット1、アウトプット3以上の割合で、マンツーマンの授業でガンガン練習していべきだと思いますが、いかがでしょうか。

英会話が出来るようになる方法は色々あると思いますが、一つの意見として参考にしてもらえたら幸いです。

junsaito.jpg

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。