「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」内装1

こんにちは!淳です。
今回はセブシティ側で最高峰の美味しくて、美しい夜景が見れるロケーションのレストランをご紹介したいと思います。

もちろん値段も最高峰です(笑)

星空を眺めながら食事できるおしゃれなレストラン

MarcoPoloPlaza(マルコポーロホテル)の最上階にあるレストラン「BluBar(ブルーバー)」
>>Marco Polo Hotel Blu bar公式サイト
BluBar(ブルーバー)は数あるレストランの中でも、最もおすすめできるレストランの一つです。

マップ


大きな地図で見る

マルコポーロホテルはラホーク、JYモールの通りをトップス側に山登りしていく途中にあります。
イタリアンレストランのアンザニAnzaniの近くでもあります。

そのマルコポーロホテルの最上階にあるのがブルーバー(Blu Bar)
半分天井がなく、星空とセブシティの夜景を一望しながら食事をすることが出来るレストランです。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」エントランス
こちらがBlueBarのエントランスです。
反対側はスイートルームクラスのみの方が
利用出来るクラブラウンジがあり、
軽食ならそちらで取ることも可能です。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」テーブル席
こちらがBluBarの様子。
Blue=Blu(?)というだけあって、青色で統一しています。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」夜景と内装2
ご覧のように、天井なしのテラス。

セブ島のように雨があまり降らない、もしくは降っても夕方のスコールの場合が多い地域だからこそ、強気に天井なしに出来るんだと思います。天井がないだけで非常に開放的になりますね。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」内装1
雨が降った場合は席が空いていれば、天井付きの方へ移動可能。
バーカウンターも同じ場所にあります。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」キッチン2
こちらがバーカウンター

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」キッチン
こちらはキッチン

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」美しい夜景
早めに予約をすると一番眺めの良い角の席に案内してもらえます。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」夜景
ライトがこんな感じなので、超ロマンチックですよ!

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」夜景
夜景が一望できるのが良いですね。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」メニュー7
こちらがメニューになります。

メニュー構成

コースメニューでのオーダーが基本
前菜、メイン、デザートのコースで1700peso前後
前菜、スープ、メイン、ザートのコースで2000peso前後
前菜、スープ、メイン魚、メイン肉、デザートのコースで2400peso前後

ちょっとうろ覚えなのですが、このぐらいの価格帯をイメージしてもらえればそんなにハズレはしません。
前菜、スープ、メインコースはアラカルトにあるメニューの中から全てどれも選ぶことができます。メインコースでもオプション(追加料金を払う料理)はほとんどありませんでした。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」メニュー6
天井がない方は光がないので、スタッフにライトを借りて照らしてメニューを見ます。
それがまたオシャレ!!

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」メニュー5
しかし、正直見づらい・・・(苦笑)

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」メニュー4
こちらはアラカルト

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」メニュー3
焼き加減についてかな!?

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」メニュー2
アラカルトのメニュー内容

料理

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」おしぼりとパン
おしぼりがブルー!そして非常に厚い。
セブ島でおしぼりを出してくれる所はほとんどないので驚きました。

手前の3種類の味を楽しめるパンは美味しいです。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」サンミゲルライト
やはりセブではサンミゲルライト。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」フォーチューンルーレット
こちら、フォーチューンカクテルといいます。
ルーレットを回して止まった矢印の先が、自分が予め指定したカクテルだとそのドリンク代が無料になるというサービス。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」景色

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」前菜 牛肉の赤ワイン煮
前菜です。前菜メニュー欄の一番下を選ぶと、いきなりこの牛肉料理が前菜として出てきます。恐らく牛肉の赤ワイン煮か何か。。。男性におすすめ。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」スキャロプ ホタテ
こちらはホタテ(scallop)の料理。
ボリュームもそんなになく、味も美味しいので女性に特におすすめです。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」前菜
知人が頼んだ前菜

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」前菜
知人が頼んだ前菜

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」トマトスープ
2品目のトマトスープ
このトマトスープはすごくまろやかで、口に含むとスーッと溶けていく非常に美味しいスープでした。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」シーザーサラダ
こちらも二品目のスモークサーモンのシーザーサラダ。
最初の前菜は3コースの場合、スープかサラダをチョイスできるのですが、アラカルトで頼む時と同じボリュームで出てくるため、頼む料理内容によっては1品でお腹いっぱいになります。

容赦無いボリュームです。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」メイン
メインの牛肉料理
おいしかったですが、肝心な名前を忘れてしまいました・・・

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」メイン料理魚
メインの魚料理
僕は頼まなかったのですが、頼んだ知人曰く「これはハズレだわ」だそうです(苦笑)

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」 メイン料理
うーん、忘れた。。。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」メイン料理
子羊のパン香草焼き。
アラカルトで一番高いメイン料理になります。羊肉が好きな方は美味しく頂ける料理です。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」デザート
プリン!一番食べやすかった。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」デザート
フォンダンショコラの中に暖かいチョコレートソースが入り、その上にイチゴアイスクリームというデザート。美味しいのですが、もはやお腹いっぱいでこの大きいショコラが重い、重い。

ゼーゼー言いながら食べてました。。。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」コースデザート
アイスクリームは食べやすい

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」チーズの盛り合わせ
デザートの代わりにチーズの盛り合わせを頼むことも可能です。
お酒好きな人にはこちらがおすすめ。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」デザート
最後にプチフール

Marco Pole Hotel内のBluBarまとめ

雰囲気、客層、価格:お客さんは基本的に外国人のリッチ層。
学生はあまり来ませんが、いわゆる「オシャレ」な所になりますので、僕みたいに背伸びをして興味本位で来る方も多い。
席間隔は非常に広く椅子も快適です。

予算:ドリンク含めると2000pesoは持っていった方が無難です。

料理メニュー:オーダーする料理内容にもよりますが、一番安いコースでもお腹いっぱいになります。
おすすめは前菜ホタテ(Scallopというのを選んでください)、スープはトマト、メインはリブ。
全般的に美味しいと思います。(魚料理以外は・・・)

カップルの場合は二人とも3コースにして、前菜、スープ、メイン×2、デザート×2をシェアするといいと思います。

Wifi環境:フリーで取れますが弱い。

価格は高いですが、セブシティ側では雰囲気、サービス、味を兼ね備えた高級レストランの一つだと思いますので、是非足を運んでみて欲しいと思います。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。