管理人の挨拶

俺のセブ島留学

はじめまして、「俺のセブ島留学」管理人の斉藤と申します。

私はフィリピンのセブ島に2012年の8月~12月の上旬まで、約4ヶ月留学をしていました。留学先はファーストウェルネス・イングリッシュ・アカデミー(通称FEA)です。

その後、2013年にQQイングリッシュに1ヶ月、2014年の2月はファーストイングリッシュに1ヶ月、2014年の8月に再びFEAのセブプレミアム校へ1ヶ月、2015年はQQイングリッシュのITパーク校とシーフロント校に2週間ずつ留学しています。(計5校舎)

その他、訪問した語学学校は大なり小なり含めると数十校はあります。

このサイトの目的・存在意義

1,セブ島留学前の方へ、価値ある情報提供がしたい。

2013年6月にこのサイトをオープンさせた時、セブ島へ留学していた方は既に多くいらっしゃいましたが、その留学体験や成果を上げる方法、学校選びなどセブ島留学に関する情報はまだまだ不足しておりました。

特に留学生目線で情報を公開しているサイトは非常に少なく、現地についてから驚いた事が多々ありました。

そこで・・・

・フィリピン留学の効果を知りたい方
・セブ島の治安を知りたい方
・語学学校選びに迷っている方
・留学の準備の仕方がわからない方
・セブ島生活を充実させたい方
・留学後の進路を検討している方

「俺のセブ島留学」は、こういった方のための良きガイドサイトの一つでありたいと考えております。

なお、今現在数多くの語学学校を知った中でも、自分が通った語学学校は思い入れが強く引き出しも多いため、関連する記事が多くなります。ご興味のある方はご参考にしてください。ご興味のない方はスルーで構いません。

2,セブ島留学中の方へ、価値ある情報提供がしたい。

多くの人にとって留学期間というのは人生の中でも特別な期間であり、滞在できる期間には限りがあります。しかしながら、セブ島に着いてから生活情報、勉強ノウハウの情報不足で悩まされる方は少なくありません。

・・・などなど。限りある留学期間を最初から最大限活かしてもらうために、現在留学中の皆さんにも伝えたい情報が山のようにあります。

噂や書籍、雑誌等に書かれている事をそのまま受け止めるのではなく、実際に自分達が行ってみて、足を運んで「本当にここに時間とお金を費やす価値がある」っと感じた勉強方法、レストラン、アクティビティ等を中心にご紹介します。

3,セブ島留学後の方へ、価値ある情報提供がしたい。

せっかくお金と時間をかけて習った英会話。セブ島留学で身につけた英語を「どうこれから活かしていくか」はとても大事ですよね。

転職を有利にする」「海外旅行をより楽しくする」「二カ国留学へのステップ」「ワーホリへのステップ」「TOEICの点数を上げる」など、留学目的も異なれば留学生の出口もそれぞれ異なりますが、総じて言えることは「留学後の出口をきちんと明確にしておく事」ではないでしょうか。

当サイトでは「留学後」のコーナーを設け、「TOEIC満点講師、澤田先生」「ビジネス英会話、プレゼンのプロである愛場先生」「留学のキャリアコンサルタントである本橋先生」などの各業界のプロフェッショな方とタイアップをし、セブ島留学後の先についてご紹介します。

留学前から知っておくと良いことが多数ありますので、ぜひご参考になさってください。

4,全ての元セブ島留学生に留学時代を懐かしんでもらいたい。

このサイトに訪れた時はいつでも、留学時に行ったレストラン・町並み・その他アクティビティなどの写真や動画を見て、「あ~ここ行った!行った!」「ここで食事したなぁ~」「ここ昔はこうだったんだけど、今は大分変わったんだなぁ~」っと、楽しかった思い出を懐かしんでもらえるような、そんな思い出のアルバムになる場所を提供したいと考えております。

皆さんが留学中に訪れたことがある場所を、当サイトで紹介出来ていると嬉しいですね。

っと、色々ごちゃごちゃ書いていますが、まとめると

「フィリピン留学で役に立つ、最高の情報を届けたい!」

ということになります。

レストランの評価基準について

セブ島にあるレストランは有名どころを中心に、数百件訪れています。そのうちおすすめしたいお店を順にご紹介する予定です。

評価基準は私や私の友達(日本人仲間+グルメな華僑のフィリピン人達)の意見を聞きながら味のみで決めており、星4つ、5つのレストランについてはあなたを「うまい!」と言わせる自信が、そこそこあります(笑)

とは言え、あくまでその道のプロではないので食べてみて合わなかったら・・・すいません。

レストラン情報はこちら

プロフィール

一応ご紹介。

山梨県出身、大学への進学を機に東京に来ました。

21歳:中央大学の数学科に3年いたあと中退。

25歳:25歳まではアルバイトでの生活(主に飲食、清掃とか)。

26歳:初めてオフィスワークのアルバイトをするようになり、3ヶ月後社員になる(従業員2人のネットショップの会社)。

27歳:そのネットショップの会社で身についた知識を活かし、ウェブサイトの広告の副業をやり始め、うまくいきそうな気配があったので本業にするため会社を辞める。

28歳:紆余曲折ありましたが事業が軌道に乗ったので、フィリピン留学を決意。

29歳:留学後にこのサイトを作り、今(32歳)に至ります。現在はこの俺のセブ島留学を含めた、いくつかのメディアサイトの運営がメインです。

将来は学んだ英語を活かして、外国人向けのウェブサイトを作りたいですね。

英語力

TOEIC®は留学前は300点台(英検は準2級の一次は通過したぐらい)
→帰国後2013年3月にTOEICを受けて705点
→2014年は805点
→その後は受けてません。

TOEICSW(スピーキング&ライティング)は2013年5月に受け、合計280点。スピーキングがレベル6、ライティングがレベル7でした。(参照:TOEICSW 能力レベル別評価の一覧表

当サイトで一番伝えたいこと

私自身がフィリピン留学を通じて得られた事は、英語力、人脈、新しい事へのチャレンジ精神、TOEICの点数のアップなど色々ありますが、、、、一番は「英語を使って会話をする楽しさを知った」事です。

英語が伝わる楽しさを知り、人生が留学前に比べてずっと楽しくなった。

というのが私の中で大きく、「このサイトを作って。多くの方にフィリピン留学を知ってもらいたい!」というモチベーションになりました。

フィリピン留学は金銭的にも、距離的にも、精神的にも、グッと海外留学をするハードルを下げました。つまり、英会話を楽しむチャンスが、より多くの方にめぐってきたと言えます。

子供からご年配の方まで、初心者からでも「英語が伝わる楽しさ」を体験できるのは、フィリピン留学の最大の魅力だと思っています。

当サイトが皆さんにとって「フィリピン留学を志す、一つのキッカケ」になることが出来たら、こんな嬉しい事はないですね。

junsaito.jpg