【シャルガオ島】サーフィンの聖地!行き方からおすすめ観光アクティビティまで

セブ島からショートトリップで行けるフィリピンの有名観光地と言えば、ボホール島・ボラカイ島・パラワン島などがあります。それぞれ違う魅力や特徴を持つ島です。

今回は2、3年前から爆発的な人気を集めている話題のスポット「シャルガオ島」をご紹介します。

実はこのシャルガオ島、サーフィンの国際大会が毎年開かれており、サーフィンの聖地として世界的に有名です。
サーフィンに適した波はもちろんのこと、温暖な気候やお手頃な物価も、世界中からサーファーが集まる理由です。サーフィンと言えば、2020年の東京オリンピックから正式種目として採用され、今人気のスポーツですよね。

でもこの島の魅力は波乗りだけではありません!

どこまでも広がるヤシの木、透明に輝く海、南国風のブティックリゾートが軒を連ねるのどかな田園風景、片手にサーフボードを持って行き交う様々な国籍の人たちなど、盛りだくさんの魅力を持つシャルガオ島に迫りたいと思います。

シャルガオ島とは?

シャルガオ島の場所

シャルガオ島の場所
▶︎グーグルマップを開く

7千個以上の島で構成されるフィリピンは、首都のマニラが位置した北部の「ルソン(Luzon)」、セブ島が含まれている中部の「ビサヤ(Visayas)」、南部の「ミンダナオ(Mindanao)」に3つに大きく分けることができます。シャルガオ島はミンダナオ地方の北東部に位置し、その面積は横浜市とほぼ同じ大きさである437km²の島です。

セブ島のマクタン空港から飛行機で約1時間。アクセスは抜群です!

ちなみに、ボホール島はセブからフェリーで2時間、ボラカイ島は飛行機でパナイ島まで1時間、その後ボートに乗り継いでボラカイ島に入ります。パラワン島も飛行機で約1時間30分ほどかかります。

これらに比べるとシャルガオ島は行きやすいです!

セブ島からシャルガオへの行き方

航空券の予約

セブ島からシャルガオ島行きの直行便セブパシフィック航空の往復スケジュール表
セブ島からシャルガオ島行きの直行便は、フィリピン航空が1日2便、セブパシフィック航空が1日3便運航しています。

セブ島からシャルガオ島行きの直行便セブパシフィック航空の往復スケジュール表
こちらはセブパシフィック航空の往復スケジュール表です。運航時間は記載では約1時間ですが、実際4~50分でした。行きの便は、朝7時10分から出ていますので、1日たっぷり遊ぶことができます。

特にセブパシフィック航空の場合、早めに予約するほど安いチケットを買えることが多いです。

*セブではなくマニラ経由であれば、関東の場合は成田ではなく、羽田→マニラ→シャルガオという行き方も出来ます。

セブパシフィック航空についてはこちらをどうぞ
▶︎セブ・パシフィック航空完全ガイド!座席指定、セール、チェックイン、機内食、安全性まで

シャルガオ空港からホテルまで

シャルガオの空港
シャルガオ空港に到着しました!平屋の小さなターミナルです。連絡バスなどもなく、飛行機から降りて、歩いて中に入ります。

シャルガオ空港で配られる観光客登録シート
ターミナルに入ると、個人情報や旅行期間・旅行目的・旅行先などを記入する観光客登録シートが配られますので、記載して提出しましょう。

シャルガオにはタクシーやバスなどの交通手段がないため、空港から宿までの移動はチャーターバンを利用します。

シャルガオ空港の待合わせ場所
ターミナルから出たところにある待ち合わせ場所では大勢のドライバーさんがお客さんを待っています。宿泊先にピックアップを頼んだ場合は、ここで予約者の名前が書かれた紙を持っているドライバーさんを見付けてください。

もしピックアップの予約をしていない場合でも、ここでバンを拾うことができるので心配しなくても大丈夫です。

どちらも料金は一人片道300ペソで、ドライバーさんと交渉する必要なく、固定料金なので安心してください。宿泊先から空港に向かう際も、フロントデスクに頼むと空港行きのバンを呼んでもらえます。料金は同じく300ペソ。

シャルガオのどかな田舎町
前もって予約したバンに乗って、満席になるとようやく空港からゼネラル・ルナに向かって出発します。

ヤシの木の森やのどかな田舎町を40分ぐらい走ると、ゼネラル・ルナのメインロードに入り、それぞれのお客さんの宿泊先で降ろしてくれます。運賃は到着してから運転手さんに現金で支払います。

ゼネラル・ルナのATM
ゼネラル・ルナは、シャルガオの中でもにぎわっている街ですが、両替所は1箇所・ATMマシーン2、3箇所あるのみです。

特にシャルガオのATMマシーンは故障やオフラインのため使えないことが多々あるので、シャルガオ島に行く前に必ず現金を用意しましょう。

クレジットカードの支払いも対応してないお店が多いです。

ホテルはゼネラル・ルナ(General Luna)エリアで!

シャルガオ島の場所
▶︎グーグルマップを開く
地図に赤い円で囲まれている場所が、クラウドナインがあり、また最もにぎやかなゼネラル・ルナ(ジェネラル・ルナ/General Luna)地区です。お手頃なゲストハウスから南国の雰囲気が漂うブティックリゾート、サーフショップ、レストラン、バーなどが密集しているので、楽しく過ごせる事は間違なしです。

トライシクル
島にはタクシーやジプニーはなく、交通手段といえば、写真のようなトライシクルがメインでです。距離と時間帯にもよりますが、料金の相場は一人当り20〜30ペソです(夜中とか20分以上かかると50ペソになる場合もあります)。

他にもハバルハバルと呼ぶバイクタクシーもありますが、安全な乗り物とは言えないのでおすすめはできません。

また1日400ペソでバイクをレンタルできるショップもあります。街中を走っているバイクも、片側にサーフボードをはめる為のツメがついているバイクが多かったのも印象的です。

シャルガオ島

https://www.gwapitos.com/から引用

 

シャルガオ島の観光とツアー

1時間500ペソでサーフボードのレンタルとプライベートレッスン

シャルガオと言えば、何と言ってもサーフィンの聖地。世界中のサーファーが集まり、練習したり、波乗りを楽しんだりしています。

メインロードやサーフィンポイントの周りには色々なサーフショップがありますし、サーフボードをレンタルやインストラクターによるプライベートレッスンも可能です。その料金はなんと500ペソ!日本では考えられません!

千円ちょっとのお値段で、基礎から実践までしっかり学べることができるので、ビギナーでも安心です。

シャルガオ島

https://www.gwapitos.com/から引用

一番有名なショップとしては、2016年に欧米人のオーナーによりオープンした「グワピトス(Gwapitos)」。

2017年からはフィリピン国内のサーフィンチャンピオンシップの公式スポンサーをつとめるほどで、シャルガオの町中には「Gwapitos」と書かれたTシャツを着ている人もたくさん見かけます。料金は他のショップよりちょっと高めで、2時間1,200ペソです。

2018年シャルガオで開かれた世界大会で2位だったフィリピン人サーファーJOHN MARK TOKONGも、このショップのチームの所属です。

グワピトスの公式ウェブサイトとインスタグラムはこちら
▶︎https://www.gwapitos.com/
▶︎https://www.instagram.com/gwapitos.official/

サーフィンの聖地「クラウドナイン(Cloud)9」

http://www.kawayansiargaoresort.com/gallery.htmlから引用

色んな島に囲まれた地形のおかげで波はほとんどないセブとは違って、フィリピン海に面しているシャルガオ島の波はサーフィンに適しています。

特に「クラウドナイン」は、シャルガオ島内に多数あるサーフィンスポットの中でも最も有名な場所で、毎年9月には国際大会が開催されます。

ちなみにクラウドナインの意味は、「神様に一番近い場所でありこの上ない至福の状態」だそうです。


2018年9月28日にクラウドナインで7日間開かれた国際大会のハイライト動画です。優勝したのはアメリカ人のSkip McCullough氏でした。

シャルガオの名物であるクラウドナインポイント
写真の桟橋がシャルガオの名物であるクラウドナインポイントで、奥に見える3階建ての建物は大会の間は観客席となります。

波乗りに良い時間は、早朝や夕方4時から6時で、干潮になる昼間は空いています。

シャルガオのサーフポイントを示す図
クラウドナインの入り口にあったシャルガオのサーフポイントを示す図です。思ったよりっも沢山のポイントがありますよね!

そしてスポットの名称の下には、サーフィンレベルも表示されているので、参考になります。

実はクラウドナインは国際大会が開かれるだけあり、最も強く高い波に乗れる上級者向けのポイントです。ビギナーは怪我や事故に巻き込まれる恐れがあるため、ここでは観客席で見学だけすることにしました。

クラウドナインの入り口
クラウドナインの入り口で、環境保護基金の50ペソを払い、腕に判子を押してもらってから中に入ります。ちょうど午後5時過ぎだったので、沢山も人たちが片手にサーフボードを持って桟橋を歩いていました。

クラウドナインの桟橋の観客席から撮れた写真
桟橋の観客席から撮った写真ですが、沢山のサーファーが器用に波に乗っている姿は迫力満点で見る側としても飽きずにずっと見てられます。でもせっかくシャルガオに来たなら、みなさんもサーフィンにチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。

↓シャルガオ島の動画を作りました。

3つの島をゆっくり巡るアイランドホッピングツアー

シャルガオ島はサーフィンだけではありません!本島周辺の3つの島を巡りながらのんびり過ごすアイランドホッピングもおすすめです。

シャルガオのアイランドホッピング
シャルガオのアイランドホッピングは、オンラインではなくお泊まりの宿泊先からの斡旋か、街に出てサーフショップやレストランなどで問い合わせして、直接予約することが一般的です。

私の場合は、クラウドナイン近くにあるローカルのBBQレストランで800ペソのプランを見付けて申し込みました。多分シャルガオで最安値です(笑)。

シャルガオのアイランドホッピング
朝8時集合です。まずはお店側が用意したトライシクルに乗って、小さな港に移動しました。私が乗ったボートは12人乗りです。スペインやフランスなどのヨーロッパからの観光客と一緒に旅行できるのも魅力の一つです。

ネイキッドアイランド(Naked Island)
初めに到着したのは「ネイキッドアイランド(Naked Island)」です。海藻などは全くなく、白い砂浜だけの小さな島なので、ネイキッドと呼ばれています。

ネイキッドアイランド(Naked Island)
見てください。この透き通る透明な水と、細かくて滑らかな砂を。ここで約1時間ほど泳いだり、写真を撮ったりのんびり過ごしました。

ただ、木などがないので陽よけができる日陰はなく、白い砂や海水に反射する太陽はものすごく暑いです。日焼け止めは忘れずに持ってきてくださいね!

ダクアイランド(Daku Island)
2番目の島は「ダクアイランド(Daku Island)」です。白い砂浜が広がり、島の中央はヤシの木があり公園になっています。

ダクアイランド(Daku Island)
沢山のバンガローがあるので、この島に寄ってランチを食べるのが定番のコースです。

ダクアイランド(Daku Island)
その他にもビールなどを売っている小さな売店、バレーボールができるネット、トイレなどがあります。

ダクアイランド(Daku Island)
もちろん水遊びにも持ってこいの透明でキレイなビーチもあります。

ダクアイランド(Daku Island)のランチ
ダクアイランドで食べたランチです。焼き魚、野菜の炒め物、ポークベリー、エビ、イカスミ炒め、写真には映ってないが、スイカやバナナまで盛り沢山!水遊びの後の食事は本当にどれも美味しくて手が止まりません!

もう少し高い値段のプランだと、マンゴーやチキンなどもある豪華なランチが用意されるようです。

グヤムアイランド(Guyam Island)
一通り食べて、遊んで、ゆっくりできたら、最後の行き先である「グヤムアイランド(Guyam Island)」に向かいます。その途中にこちらのポイントにボートを停めてもう一度スイミングタイムを楽しみます。 底下まで透き通って見えるエメラルド色の海はまさに絶景そのものです。

グヤムアイランド(Guyam Island)
セブ島でのアイランドホッピングと違って、サンゴ礁がほとんどない場所で泳いだりするので、魚を見ることはなかったですが、朝から午後3〜4時まで、美しい島や海の上でのんびりできるアクティビティです。

シャルガオでサーフィン以外のことも楽しみたい方は、是非アイランドホッピングも体験してみてください。

絶景の広大な潟湖スグバラグーン(Sugba Lagoon)

絶景の広大な潟湖スグバラグーン(Sugba Lagoon)
次に紹介する観光スポットは、ゼネラル・ルナからバンで1時間、ボートに乗り換えて30分の距離にある、広大な湖のスグバラグーンです。

衛星写真からも分かるように不思議な地形をしています。厳しく自然保護されており、向かう時にペットボトルなどは全て廃棄してからボートに乗ることになります。

絶景の広大な潟湖スグバラグーン(Sugba Lagoon)
予約はアイランドホッピングと同じく、宿泊先の斡旋か、メインロード周辺にあるショップでの申し込みが一般的です。ゼネラル・ルナからは少し遠い場所となるので、料金は一人1,800ペソ前後となります。

絶景の広大な潟湖スグバラグーン(Sugba Lagoon)
濃いエメラルド色の水の上でパドルボートやカヤックを漕いだり、飛び込み台からダイビングしたりなどの大自然の中でアクティビティを楽しむことができます。

絶景の広大な潟湖スグバラグーン(Sugba Lagoon)
スグバラグーンで唯一の建物です。中から景色を眺めたり、荷物置き場として使うことができます。

レストランや売店など食べ物を販売するところは全くありません。ですので、行く前に必ず朝ごはんを食べておいてください。

乗ってきたボートはここには停めることができず、少し離れた場所に移動して待機します。1階には管理要員がいて、乗ってきたボートの番号を知らせると、呼んでくれます。

絶景の広大な潟湖スグバラグーン(Sugba Lagoon)
2人乗りのカヤックは300ペソ、3人乗りのカヤックとパドルボートは500ペソで借りることができます。

絶景の広大な潟湖スグバラグーン(Sugba Lagoon)
もし日程に余裕がありましたら、セブ島では見られない景色が見られる「スグバラグーン」にも足を運んでみてください。

その他の観光スポット

マグププンコ・ロックプール(Magpupunko Rock Pool)
ここは引き潮の際だけに見ることができる「マグププンコ・ロックプール(Magpupunko Rock Pool)」です。

マグププンコ・ロックプール(Magpupunko Rock Pool)
プールの向かい側にはこの景色。見渡す限りの青い空と真っ青な海。

マグププンコ・ロックプール(Magpupunko Rock Pool)
天然のプールなので、もちろん中に入って泳ぐこともできます。ただ、底にサンゴ礁が多いので、アクアシューズなどを着用することをおすすめします。

タヤンバン・ケーブプール

https://www.choosephilippines.com/から引用

こちらは、ロープを掴んで水が溜まった洞窟中を通過するアドベンチャー系のアクティビティである「タヤンバン・ケーブプール(Tayangban Cave Pool)」。シャルガオの有名な観光スポットの一つです。

まとめ

シャルガオは、セブ島からアクセスが良く、サーフィンなどのアクティビティにチャレンジできる場所です。国際的にも有名な観光都市であるボラカイ島やマクタン島と比べるとまだ物価も安くて、ロングステイしても飽きがきません。

パラダイスと言っても過言ではない壮大な自然と純粋な街の人に出会えるシャルガオ島。絶対訪れる価値があります!

facebook限定で最新情報をお届け!

この記事が気に入ったらフォローしよう

Twitterでフォローしよう

こちらも読まれてます