今回のセブ島インターン留学生

1,自身のプロフィール

名前:Miyu
インターン時ご年齢:20歳
インターン先(場所や会社名):ZEN ENGLISH (3D ACADEMY姉妹校)
インターン期間:4ヵ月
インターンの目的:大学進学に向けた英語力向上

2,インターンをしようと思ったきっかけと、そこに決めた理由を教えてください。

インターンをしようと思ったきっかけは、まず始めに、元々セブでの大学進学を決めていて、入学時期までに半年間の自由な時間があった為、入学までに英語力を可能な限り上げておきたかった事、手続きの関係上あらかじめ現地に滞在していたいと思っていました。

しかし、既に厳しい学校で3ヵ月の留学を終えた後だったので、1日8時間みっちりと講師から授業を受けるという物よりは、どちらかといえば自分のペースで1人で集中できる方が良いと思っていた所、4時間働いて4時間の授業が提供される事は、その時の自分にピッタリの物だったので、インターンをする事に決めました。

インターンをする上でZEN ENGLISHを選んだ理由は、語学学校の中で唯一セブの大学進学コースがあり、それにより事前にセブの大学について詳しくなる事ができると思ったからです。

3,インターン中はどんな仕事をしましたか?

生徒さんの学習面と生活面のサポート、空港ピックアップ、ブログ、インスタグラム、フェイスブックを通したセブ情報や学校の様子の配信、その他の事務仕事が中心でした。

4,そのインターンのメリットや得られた事はなんですか?

ZEN ENGLISHでインターンとして働くメリットは、真面目留学がコンセプトな社会人向け語学学校なので、本来の目的である勉強に全員で打ち込める事、イギリス人講師によるグループレッスンもあるので、ネイティブの英語に触れる事ができる点もメリットです。

また、TOEICとIELTSにも特化している学校で、私はZEN ENGLISHに到着して初日に行われる入学テストで、初めてTOEICを通して自分の英語力を点数化する事ができ、TOEICは英語学習の中で、自分の成果を定期的に確認ができる1つの術だと思い、それから私もTOEICを始めました。

特にTOEICは就職・転職にも使えるので、TOEICに特化している学校を求めてZEN ENGLISHに留学される方も多く、点数も実際に300点アップして帰られる方もいました。

それに加えて、この学校はチューター制度があり、入学テスト後すぐにカウンセリングをしてもらう事ができ、TOEICのスコア、その後に受けるスピーキングテスト、事前に記入したアンケート用紙から個々の留学目的に沿って、カリキュラムを提案してもらえます。

他の学校では、入学テストによって各レベルに振り分けられるだけな事が多い中で、ZEN ENGLISHの様にテスト結果に基づいてケアしてくれる事は、この学校で勉強をする中での1番のメリットだと思います。(生徒さんに提供される上記のサービスは、インターン生であっても同様に受ける事ができます)

仕事面だと、年齢に関係なく沢山の生徒対応をするので、ビジネスマナーを身に着ける事ができます。

また、社会人向けの学校という事で一度就職した事がある方が多く、いろいろな業種の方と年齢を超えてコミュニケーションが取れる事は貴重な機会ですし、視野も広がります。

5,そのインターンの注意点(デメリット)はなんですか?

これは、この学校だけでなくすべての語学学校でのインターンにおいて言える事ですが、事務仕事をはじめとする学校内での仕事は平日のみですが、土日に毎週最低でも1本は空港までのピックアップが入ってきます。

生徒さんと仲良くなって出かける事になった際や、日本から友達が来る際などは、業務の一環なので仕方のない事ではありますが、予定が組みにくいです。

また、どんなに生徒さんと歳が近く、仲良くなったとしても、あくまでも学校スタッフと生徒という関係なので失礼のないよう常に気を使って接する事になります。

その中で、生徒として来てたらもっと仲良くなれていただろうなと寂しくなる事もあります。

また、他の学校のインターン生は、セブなのでTHE夏とういうカジュアルな格好をしていますが、特にZEN ENGLISHは社会人向けの学校で生徒の年齢層も高いので業務中は常にオフィスカジュアルな服装でいなければなりません。(到着してから知らされたので、新たに服を買ったりと大変でした)

勉強面でも、4時間は業務にあたるので、それ以外の時間をいかに効率良く勉強にあてるか等、学校に与えられたカリキュラムに沿って勉強するだけでなく、自分でしっかりと計画を立てなければいけません。

6,これからインターンされる方へのアドバイスをお願いします。

インターン生は、勉強面でも生活面においても、生徒さんのモデルとなる姿を見せなければいけません。

また、生徒さんに、TOEICでリスニングは高得点なのにリーディングのスコアが全然上がらない、スピーキング力を向上させるためにはどんな授業をしてもらうべきかと相談されればアドバイスをします。

勿論、分からなければ他のスタッフに引き継ぐ事もできますが、自分の留学経験が問われると共に、生徒さんに積極的に声をかけたりとコミュニケーション面についても、社交的である事が求められます。(そのため留学経験~ヵ月からの方のみという様な条件を提示している学校が多いです)

これからインターンをされる方は、自分が留学中にどの様に勉強したのが効果的だったか、実際にスコアアップが望めた勉強法など、一度振り返って明確にしておくと、生徒さん対応もスムーズに遂行する事ができるのでオススメです。

また、学習面では、8時から業務4時間、昼食休憩1時間を挟み4時間の授業となるので、終わった頃には5時になっています。

特にインターン生の授業は4時間と少ないので、時間外でもどれだけ勉強へのモチベーションを上げられるかが、インターン生として滞在しながらも英語力をアップさせる鍵となります。

今回インターンした語学学校、ZEN ENGLISHの詳細はこちら

おすすめの記事