【アンガス ダン】リーズナブルなのに美味しい!ステーキならAngus Dan's

BBQやポークバックリブ、豚の丸焼きのレチョンなどの肉料理が発達しているフィリピン。物価も安いので、お手頃な値段で肉料理を楽しめるのもフィリピン滞在中の楽しさの一つです。

今回はリーズナブルな価格で美味しいステーキが食べられる、新しくてキレイなレストラン「アンガス・ダン(Angus Dan’s)」をご紹介したいと思います。

このお店、実はエビ料理の有名店としてセブ島に6店舗を展開している「Choobi Choobi」のグループ会社なので、エビもオススメなんです!誰もが好きなステーキとエビ、皆さん、楽しみにしてくださいね!

アンガス・ダンの場所・行き方


セブ州庁舎がある「キャピトル」というエリアにあります。

語学学校なら老舗の日系学校である「桐原グローバルアカデミーセブシティ校」、全てマンツーマン授業である「CAEA(カエア)」 、20名規模で完全EOP制度の「ストーリーシェア完全英語漬け校」の近くです。

配車アプリの「Grab」を使う場合は、目的地を「Angus Dan’s」に設定し、タクシーを利用する場合は、近くにある「ダイナスティーイン(Dynasty Inn)」と伝えれば、大体分かります。もしストリート名を聞かれたら、「ジャスミンストリート(Jasmin Street)」と答えてください。

▶︎セブ島タクシー・Grab(グラブ)完全攻略!捕まえ方・配車アプリ・ぼったくり対策まで

アンガス・ダンの外観
静かな住宅街に平屋のレストランが「ドン!」と見えるので、すぐ見つかります。

アンガス・ダンの外観

アンガス・ダンの外観
自家用車で行く方も、レストランのすぐそばに専用の駐車場があるので、ご安心ください。ちなみに、レストランのゲートでバレーパーキングサービスも行なっています。

店内の様子は?

アンガス・ダンの外観
それでは皆さん、店内に入りましょう。

アンガス・ダンの店内
店内はとても広々として大きい窓がたくさんある為、開放感さえ感じられます。暗すぎず、明るすぎない照明も、良い雰囲気を醸し出しています。店内に流れている音楽も大きくないので、会話するにも妨げにならないです。

アンガス・ダンの店内
中央ホールの奥側、赤レンガでできた壁には、お店のサイネージが描かれていて、訪ねてくるお客さんたちの写真スポットとしても使われています。

アンガス・ダンの店内
窓側には、紅色が印象的なパフリックソファ席のエリアがあります。くつろげるソファ、4人用としては大きめのテーブルなので、ゆっくりと食事を楽しむことができます。

アンガス・ダンの店内
奥にはさらにスペースがあります。メインホールとほぼ同じサイズでガラス張りで区切られているので、他のゲストを気にせず、宴会場として使うこともできます。

アンガス・ダンの店内
メインホールだけでほぼ50人、奥のスペースも50人程度のキャパシティがあります。

アンガス・ダンの店内
個室もあります!最大12名まで対応できるこちらのルームは、おしゃれかつ大人っぽい落ち着きが漂っています。

アンガス・ダンの店内
打ち合わせや会議に使っても申し分ない空間です。美味しい食事もできるので一石二鳥!ですね。

アンガス・ダンの店内
入り口の壁に描いてあったチキン、豚、そして牛の絵が可愛かったです。

アンガス・ダンの店内
こちらは陽気な笑顔で丁寧に接客してくれる従業員たち。

アンガス・ダンのメニュー

最近セブ島のレストランでは、急増している中国人観光客の影響なのか、「アンガス・ダン」のように写真付きのメニューブックがどんどん増えていて便利です。

アンガス・ダンのメニュー
引用元:アンガス・ダンの公式Facebook

まず、朝食のメニューです。朝7時から10時まではブレックファーストにも対応しています。ライスと卵、コーヒーも含めてこの値段!

アンガス・ダンのメニュー
サイドディッシュや、おつまみとして食べられるスターターも10品ほどあります。

アンガス・ダンのメニュー
パスタやヌードル、スープ、サラダです。

アンガス・ダンのメニュー
アンガス・ダンのメニュー
アンガス・ダンでは、主にアメリカンビーフを使っています。その中でも「USDA CHOICE」というマークが付いているのは、「アメリカ農務省の認証を受けたグレードのお肉」という意味です。

アンガス・ダンのメニュー
ロブスター丸ごと一匹も、わずか1,200ペソ(約2500円)です。

アンガス・ダンのメニュー
ステーキの専門店でありながらも、シーフードや「Choobi Choobi」で見たことのあるフィリピン料理も揃っています。

お値段もレストランの規模や雰囲気にしては、安めに設定されていますので、行きやすいです。留学中の生徒さんにが、先生などを招待してご馳走したい場合に使っても負担にならない良い場所です。

実際食べてみました!

アンガス・ダンの料理
まずは注文した料理を待ちながら、フィリピンのローカルビール「サンミゲルライト」を頂きました。1本75ペソ(約160円)で、これは安くも高くもないです。

アンガス・ダンの料理
料理を頼んだら出てくるサービスのピクルスです。大根、ゴーヤ、人参、玉ねぎ、パプリカなどが色合いもよく、シャキシャキと美味しいです。

アンガス・ダンの料理
お肉を食べる前に、胃を温める為にスープを頼みました。120P(約250円)の「Mushroom & Truffle」スープで、ちょうど1人前の量でした。

正直トリュフの風味は特に分かりませんでしたが(笑)、クリーミーなスープに大きめの椎茸がたっぷりと入って想像以上に美味しかったです。次回もまた頼みたいです。

アンガス・ダンの料理
セブ島では何かと野菜不足になりがち、野菜も大事です!195P(約410円) の「Greek Salad」を選びました。サラダは4種類のありますが、全てオーガニックのマークが付いています。

新鮮なグリーン野菜とトマト、ブドウに甘くコーティングされたクルミが香ばしくて良いアクセントとなりました。2-3人でシェアするにも良い量です。

次はおつまみ系のメニューを3品続けてご紹介します。
アンガス・ダンの料理
まずはスターターから、170P(約360円)の「Crispy Onion Mound」です。オニオンリングと違って衣が厚くないので、玉ねぎの甘みが伝わりやすく、手が止まりません。ビールのおつまみとしても、ステーキの付け合わせとしても良かったです。

アンガス・ダンの料理
この可愛いのは、スターターからの「Gambas Tostados」、175P(約370円)です。

「ガンバス」とは、エビとにんにくをオリーブオイルに炒めたスペイン発祥の料理で、スペイン文化の影響を受けたフィリピンでは良く見られるメニューです。「トスターダス」は、揚げたトルティーヤの上に刻んだ具材をのせて食べる南米の料理です。

このお店では、この2つをアレンジした創作料理となっています。自家製チップスの上に刻んだエビなどの具をのせて、さらにその上にフィリピンの海ぶどうをのせています。ただチップスが水分を吸収してしまうので、正直チップスと具と別にして付けて食べた方が良いと思いました。次回は多分頼まないと思います。

アンガス・ダンの料理
最後のおつまみは、「Grilled Chicken Wrap」、150P(約315円)です。自家製のピタブレッドに焼いたチキンとスライスした玉ねぎ・キャベツなどの野菜を巻いたものです。ポテトも付いているので、女性には軽いランチとしてもちょうど良いメニューです。

それでは、お待ちかねのメインメニューをご紹介します!

アンガス・ダンの料理
こちらは、400gの「USDA Rib Eye Steak」です。お値段は1,100P(約2,300円)。

写真では400gまでには見えないですが、2cmぐらいの厚みに、実際私一人で食べきれないほどの量でした。お味は柔らかくて、脂身も少なかったです。食べ応えがあり、「肉を食べてる!」という感じです。

ただ焼き加減は、少し焼き過ぎですね。フィリピン人はレアのお肉はあまり好まないので、ここのお店限らず、ミディアムレアを頼むとミディアムが、ミディアムを頼むとウェルダンで出てくる来ることが多いです。

アンガス・ダンの料理
100gのガーリックステーキに大きなジャンボエビ2尾がセットの「Surf & Turf」、365P(約765円)という私のイチオシメニューです。

お肉も食べたいけど、エビも食べたい!ステーキ200gは重い!という女性やお子様にオススメできます。プリプリとしたエビと香ばしいステーキを、食べ過ぎた感じもなく美味しくいただきました!

しかもコスパ最強!エビ専門の「Choobi Choobi」の系列であるだけに、新鮮なエビをお安く仕入れるということです。

アンガス・ダンの料理
こちらもオススメ!分厚いお肉が「Angus Dan’s Spare Ribs」、285P(約600円)です。

びっくりしたのは、その柔らかさ!あえてナイフを使う必要までもなく、フォークでも十分切れるほどでした。今までセブで食べてきたポークリブの中で、一番美味しかったかも!

ただ柔らかい分、皮の方にはけっこう脂身付いてますので、嫌な方は取ってから食べてくださいね!

アンガス・ダンの料理
お肉は遠慮したい場合は、フィッシュメニューもあります。レストランの看板メニューでもある「メカジキステーキ」の「Swordfish Belly」、450P(約950円)です。脂濃くなくアッサリしていたので、ダイエット中でもオススメできるメニューです。

アンガス・ダンの料理
最後はデザートでしょう!「Frozen Brazo De Mercedes」、135P(約280円)で、ふわふわのスポンジケーキの真ん中にバニラクリームを挟んで少し凍らしたものです。甘党の方にはぴったりですよ!

アンガス・ダンのまとめ

広くてオシャレながらもキレイな新しいレストラン。

デートやファミリーの外食にはもちろん、大人数で訪れても対応できるキャパシティ、美味しい料理の上に、お手頃な値段設定までそろった、キャピトルエリアでオススメできるレストランです。

その他のセブ島のおすすめステーキレストランはこちら
▶︎olio(オリオ) | セブ島留学中にステーキを食べるならココ!高いけど納得の味

アンガス・ダン(Angus Dan’s)
住所: 777 Jasmine Street, Capitol Site, Cebu City
電話番号:0323831925/09171396337
営業時間:毎日 (7am–10am, 11am–2:30pm, 6pm–10pm)
予算:400~600/1人
公式Facebook : https://www.facebook.com/Angus-Dans-368372727051762/
こちらも読まれてます