このコーナーではIDEA CEBUにフィリピン留学をした方の体験談をご紹介します。

今回のセブ島留学生

名前:amyhi
ご年齢(留学前):27
ご職業(留学前): 学生
通われた語学学校:idea cebu
留学滞在期間:3ヶ月半

1,なぜその学校を選んだのですか?

まず、フィリピンはマンツーマンの授業が主でなのでスピーキングの時間が他の国よりも多くとれることです。そして、厳しさのレベルが学校によってあり、せっかく行くのならとセミセパルタを選びました。

また、フィリピンは発展途上国なのであまり治安が良くないと聞いており、学校がショッピングモールの中にあるので遠出をしなくても長期滞在しやすいと思ったからです。

2,フィリピン留学前に準備してきた事は何ですか?

【参考書や勉強】フィリピンに行く前に半年オーストラリアに留学し、インターミディエイト(中級)レベルまで上げました。

【アイテム】単語帳(単語力をあげることで理解できる範囲が広がります。

3,フィリピン留学してみて、準備が足らなかったものは何ですか?

私自身はオーストラリアに半年の留学後だったので比較的すんなりと勉強する姿勢に入りました。しかし途中からTOEICのコースに変更したので、強いて言うならTOEIC の専用の単語帳を日本から持っていけばよかったと思いました。

4,学校の施設はどうでしたか?

宿泊は私は寮の3人部屋を選びました。他に4人部屋、ホテルも選べます。

教室は個別スタイルで区切られています。グループ用の教室も8部屋くらいありました。新しくは無かったですが割と綺麗でした。

5,授業のカリキュラム内容を教えて下さい

選択式ですが2コマグループで、4コママンツーマンでした。金額によって割合やコマ数が変わります。朝7時から単語テストがあり、それに合格しないとその日外出できなくなります。

その後に朝ごはんをたべて8時から一限目が始まります。お昼は2つに分かれててとる授業によります。5時か6時までが授業の時間で、授業が終わった人は5時から外出可能になります。門限は厳しいので守らないと何日間か外出禁止になります。

6,最もためになった授業と、ためにならなかった授業を教えて下さい

ためになった授業は、カンバセーションのグループでみんなと意見を言い合ったりお題に沿って自分の考えを伝えたり、質問し合うクラスです。こちらも選択式なので少人数で先生の指導も手厚かったです。

ためにならなかったのはマンツーマンのクラスで、おしゃべり好きな先生がいてすぐに雑談にそれたり、時間いっぱい雑談をしたり教科書にそって進まないこともありました。先生は変えられるのですがすぐ変えるのもなと思ってしまい、しばらく続けてしまいました。

7,周りの環境、治安はいかがでしたか?

ショッピングモールの中に位置していたので特別問題はなかったですが、道を渡る際に車を避けて渡る事やストリートチルドレンがお金を要求してきたりは頻繁にありました。

ジプニーは地元の方が使うので使わないように学校から言われていましたが、使った人の話を聞くとアクセサリーをとられたりお金をとられたとの話もありました。

8,食事内容はいかがでしたか?

基本的には3食でました。私は日本経営の学校に行ったので割と美味しかったですが、日本と比べるとやはり質素でした。食堂では、日本食も出ました。味噌汁や煮物など。

友人は夜は毎回外食してる人もいました。私は現地の料理を食べたいのと、外食しても安いので毎週末のみ外食してました。平日は勉強に集中したいので時間の有効活用のために食堂を利用していました。

9,インターネットの環境はどうでしたか?

寮の部屋の中はそんなに良くないですが、教室の周辺に移動するとライン電話でも問題ないくらい良好です。wifiのルーターの近くの部屋に当たるとラッキーです。

ただ、まれにwifi今日繋がらないなということもあります。

10,その学校の最大のメリットと最大のデメリットを教えて下さい

最大のメリットは立地が良いので買い物、外食がしやすいことです。また親切な先生が多いと聞きました。オーストラリアなどに行く前の準備のために勉強に来ている人も多かったので、モチベーションがあがりました。

また、セミスパルタの学校なので羽目をはずしすぎる人は少なく、真面目に自習や宿題をしてる人が多かったです。

最大のデメリットは日本経営だからか日本人が8割9割くらいいますので、日本語で話している声は良く聞こえます。日本人は英語のレベルがやや低めですので、学校全然の英語レベルは高くないです。これから英語を始めたいという方が多いです。

11,ずばり、この学校での留学を成功させるコツとは?

自分で目標をしっかりたてて計画的に勉強することが大事だと思います。

フィリピンの国柄かフレンドリーな先生たちばかりなので親しみやすいですが、馴れ合いになりがちにもなるので、しっかり英語力をあげたい人は先生たちとの距離を保ちながら、自分のスピーキングする時間を多くとれるとようすることも重要だと思います。

12,何か他に留学エピソードや、今後の留学生のためにお伝えしたいことがあればお願いします

結論からいうと私はセブに留学して正解でした!勉強スタイルが充実していて有意義に過ごせるので、一日中勉強したい方も、これから英語を学びたいと踏み出した方もおススメです。

ただ、自分がどれだけ努力できるかで満足いくかいかないかが決まると思います。

私は、一般英語を2ヶ月半TOEIC クラスを1か月受けて最後にフィリピンでTOEIC を受けて帰りましたが、150点くらい上がってました。

週末は学校でできた友人たちと息抜きのため毎週外出しました。

物価が安いので、ショッピングはもちろんそれだけでなく、オスロブ(サメと游泳)ボホール島(チョコレートヒルズやバギー、ターシャ)、モアルボアール(うみがめ、砂のビーチ)などフィリピンは自然が豊かで海も透き通っていて綺麗です。

ぜひアイランドホッピングやマリンアクティビティなど楽しんでほしいです。

メリハリをつけて楽しむことが英語力の向上になると思うのでぜひこれから行く方は目標を立てて目標に向かって勉強しながらセブのステキな海と自然を楽しんでください!

IDEA CEBUの詳細についてはこちら

フィリピンセブ島留学の語学学校全リストはこちら

おすすめの記事