フィリピン留学口コミ評判、体験談「インタビュー」

このコーナーではフィリピン留学をした方の体験談をご紹介します。

今回のセブ島留学生

・お名前:Manaka
・ご年齢(留学前):21
・ご職業(留学前):大学生
・通われた語学学校:English Fella2
・留学滞在期間:12週間

1,なぜその学校を選んだのですか

休学しての留学ということで、より早く英語力をつけたかったことから、強制自習があり、平日外出禁止であるスパルタな学校で、遊び中心ではなく勉強中心な環境に身を置くことで、英語力がより早く身につくと思った為。

大規模な学校で生徒数が多く、韓国資本のため、日本人が少なく韓国人が多いということで英語でコミュニケーションを取れる機会が多いと感じた為。また、数あるスパルタ校の中でも特に人気が高い学校だった為。

2,フィリピン留学前に準備してきた事は何ですか?

【参考書や勉強】
金フレ、速熟で英単語、英熟語の勉強をだいたい1日1時間行なっていました。

【アイテム】
電子辞書

3,フィリピン留学してみて、準備が足らなかったものは何ですか?

英語の基礎知識が圧倒的に足りなかったと感じました。特に、英語の基礎となる文法が曖昧だった為に文章が組み立てられず、せっかくのマンツーマンレッスンでもなかなか話すことができませんでした。

また、留学前に英単語、英熟語の勉強はしていましたが、実際に留学してみると、自分の持っているボキャブラリーの数が少なく、言いたいことが言えないことが多かったです。

4,学校の施設はどうでしたか?

寮は部屋によって綺麗さが異なる印象でした。しかし、部屋自体は広かったので、楽に荷物を広げたりできました。また、エアコンも効きが良かったです。

洗濯は、洗濯機の数が少なく休日は空いていないことが多かったため、いつも授業の空き時間などを使って洗濯をしていました。教室の棟はエアコンがセクションごとに1つしかなく、エアコンに近い教室だととても寒かったので、毎回長袖のパーカーが必須アイテムでした。

サービス面では、普段外出禁止というスパルタ校だった分、校舎にカフェと売店があり、校内でお菓子や文房具なども購入することができました。

カフェはバナナシェイクなどの美味しいフルーツシェイクが50ペソから購入でき、辛ラーメンやホットドッグなども販売していてバリエーションがとても充実していました。

カフェは外のお店に比べても安かったため、実際に多くの学生が利用していました。校舎はとても広く、バスケットコートとプールがあり、強制自習が終わった後にランニングをしている人もいました。

夜でも外に出ることなくランニングが可能なので、安全面で良かったです。悪い点は強制自習後など、みんながシャワーを浴びる時間帯にシャワーを浴びようとするとシャワーがぜんぜん出ない、お湯が出ないことです。

5,授業のカリキュラム内容を教えて下さい

マンツーマンクラスが5クラス、グループクラスが2クラスでした。授業内容としては、マンツーマンレッスンでリスニング、リーディング、スピーキング、文法、グループクラスでネイティブスピーカーのスピーキングクラス、サバイバルイングリッシュです。

入学時のテストのスコアにより、時間割が個別に割り当てられるようで、私の場合はスピーキングが弱かったため、2クラスありました。

6,最もためになった授業と、ためにならなかった授業を教えて下さい

最もためになった授業は、スピーキングです。

マンツーマンレッスンのため、話せなくてもとにかく話さないと授業が成立しないという良い緊張感から単語単語でも言葉を発す流ことができ、初めのうちは話せなくても先生が出てきた言葉を拾って文章にしてくれたため、こう言いたい時はこういう文章なのだと勉強することができ、卒業時のスピーキング力がかなり上がりました。

ためにならなかった授業はリスニングです。普段の授業、生活がすでに英語なため自然にリスニング力が上がる環境の中で、教科書を使ってリスニングを勉強する意味はないと思いました。

テストを受けた時も、リスニングの授業を受けたからリスニング力が上がったというような実感は湧きませんでした。

7,周りの環境、治安はいかがでしたか?

タランバンの奥の方に位置していたため、静かで治安は良い方だと思います。ストリートチルドレンやホームレスには学校周辺にはいませんでした。徒歩圏内にマッサージ屋、カフェ、韓国料理のレストラン、飲み屋、スーパー、レートの良い両替所があります。

学校の前を通るフィリピンの乗合バス、ジプニーはアヤラモールまで1本で行くことが可能です。学校周辺で特に危ない、怖いと思った経験はありません。

しかし、あまりタクシーが来ない場所であるため、外出時はタクシーを捕まえるのに30分ほどかかることもありました。

8,食事内容はいかがでしたか?

平日は朝昼夜の3食、土日祝日はブランチとディナーの2食でした。韓国資本の学校ですが日本人生徒もいるということもあって、そばなどの日本食も結構な頻度で出たように思います。

食事内容は韓国料理が中心でしたが、辛くて食べられないということはなかったです。また、野菜も出ていました。味はもちろん日本のクオリティーには劣りますが、美味しい方だと思います。

9,インターネットの環境はどうでしたか

インターネットは私が留学していた時は、カフェと売店、アカデミック棟、プール前でしか繋がらなかったです。しかし、つながらないことも多かったので学校のWi-Fiには頼らず、現地でSIMカードを買い、データをローミングして使っていました。

ちなみに、寮では一切繋がりませんでした。

10,その学校の最大のメリットと最大のデメリットを教えて下さい

最大のメリットは、勉強に集中できる環境が整っている点です。外出禁止、毎日強制自習というスパルタな環境ですが、校内に息抜きできるスポットも整っているので、勉強でストレスを溜めすぎることなく、バランスをとって生活することができます。

デメリットは、逆に休日に遊びに行こうとすると、どこに行くにも遠い点です。タクシー代がかさみます。

11,ずばり、この学校での留学を成功させるコツとは?

周りに流されず、メリハリを持って生活することです。大規模校なので沢山の人と仲良くなれる機会がある反面、それぞれ留学してきた目的も英語力のレベルも異なります。

そういった環境の中で、周りに流されて遊んでしまい、気づいたら最低限の英語の勉強しかできていなかった、という人も少なからずいました。

スパルタ校で遊ぶことをある程度制限された環境ではありますが、周りに合わせすぎずに勉強するときはする、遊ぶときは遊ぶとメリハリを持って生活することが留学を成功させるコツであると思います。

12,何か他に留学エピソードや、今後の留学生のためにお伝えしたいことがあればお願いします

フィリピンでしかできない経験をたくさんして欲しいです。当たり前ですがフィリピンは外国なので、日本と異なる、日本にはない文化がたくさんあります。

英語力を高める為にたくさん勉強するのはもちろんですが、身につけた英語力をアウトプットすることも非常に重要だと思います。

私は学校だけの生活にとらわれず、休日は気分転換を兼ねて外に出て現地の人とコミュニケーションを取った際に、学校の先生の英語は聞き取れていたのに、現地の人の英語はよく聞き取れなかった、という新しい発見をしました。

そういった経験をしたことで、モチベーションが下がることがなく、平日はしっかり勉強ができました。

また、危なくない程度でローカル料理に挑戦してみたり、旅行に行ったりと勉強だけでなく留学先でしかできないことに挑戦して、英語力以外にも新しい発見をしてみてください。そういった経験が後々の宝物になり、全て含めて自分自身の成長に繋がります。

English Fella2の学校詳細はこちら

フィリピンセブ島留学の語学学校全リストはこちら

こちらも読まれてます