フィリピン留学口コミ評判、体験談「インタビュー」

このコーナーではフィリピン留学をした方の体験談をご紹介します。

今回のフィリピン留学生

・お名前:アイサソ
・ご年齢(留学前):29歳
・ご職業(留学前):フリーター
・通われた語学学校:Christian Language Study Center
・留学滞在期間:6か月

1、なぜその学校を選んだのですか?

私がこの学校を選んだ理由は友人の勧めでした。私は日本で知り合ったフィリピン人の友人がいます。その友人と英語学習について相談していると、友人の実家の近くに英語学校があるということで、そこに通学することにしました。

また、フィリピンの学校であれば学費も安いですし、卒業までマンツーマンレッスンを受けられる、さらに自分でレッスンのスケジュール調整ができるのでこの学校を選びました。

2、フィリピン留学前に準備してきた事は何ですか?

フィリピン留学で持って行ったのはEnglish Grammar in useという本です。学校で文法を学ぶ前日に、予習としてこちらの本をもっていきました。

生活用品については友人の勧めで、虫よけスプレーをもっていきました。というのも、フィリピンは蚊が多いので、対策をしないと寝ている間にぼこぼこ刺されます。

あとは日焼け止めクリームを日本から持っていきました。フィリピンで販売されている虫よけクリーム及び、日焼け止めクリームはべたべたしています。更に熱帯気候なので汗と混じるととても心地悪くなります。

3、フィリピン留学してみて、準備が足らなかったものは何ですか?

ウェットティッシュを常備したほうがいいと思います。フィリピンでは手を洗える場所が日本ほど多くないです。また、女性向けの話になりますが、生理用ナプキンを日本から持って行った方が良かったと思います。

フィリピンのものは水はけや、吸水性が悪かったと思います。熱いのでムレてしまいます。頭痛や生理痛に鎮痛剤も持って行った方がいいですね。

4、学校の施設はどうでしたか?

学校の施設はとても良かったです。机とウォーターサーバーだけが提供されるボロボロの学校でした。寮や宿は付いていないので、自分でアパートを借りました。

学校で使う教科書は印刷が斜めになっていたり、かすれていたりして読みにくいことも多々ありました。しかし、内容はしっかりしていました。先生の教え方も熱心で、ものが少なくとも、言葉を教えることに支障は一切ないということを感じさせてくれました。

本の料金も安いですし、毎月自分で組んだスケジュールの分だけ学費を納めるスタイルでした。

5、授業のカリキュラム内容を教えて下さい

カリキュラムはマンツーマンレッスンのみでした。レッスン数に関しては自分でカスタマイズすることができます。滞在日数が少なく、とにかく一日にたくさん学びたいという方は朝から夕方まで学ぶことができますし、長期滞在できる方は、少ないレッスンを長く続けることができます。

6、最もためになった授業と、ためにならなかった授業を教えて下さい

私がフィリピンで学んだことは英語だけではないと思います。フィリピンは日本と同じようにおもてなし精神をもっています。私が悩みがあったときも先生達は私の話を一生懸命聞いてくれ、先生自身の体験談も含めながら相談に乗ってくれました。

私が英語がうまく話せないときでも、先生が代わりに話してくれているような感覚さえありました。そうして英語表現も自然と身につきました。先生が心を開いてくれることとで、自分も言いたいことをすべて話そう、一人で悩むことを止めようとおもいました。

そして、先生方には感謝し、いつか先生のように英語を通して人の役に立てるような人間になろうと思いました。そして今日まで英語を学ぶスタイルを取っています。

7、周りの環境、治安はいかがでしたか?

日本に比べれば治安はかなり悪いです。先生たちは通話中に携帯を盗まれたり、ジプニーに乗っている間にカバンをナイフで切られ、財布や携帯を盗まれたこともあったようです。しかし、カバンを切られている間に抵抗すればナイフで切り付けられたり、銃殺される可能性もあるので抵抗してはいけないようです。

私は馬車に乗る際に費用は20と言われました。私は20ペソだと思い、安いと思って乗車したら、降りた時に20ドル払え、と言われました。この時は泣き寝入りして支払いました。

8、食事内容はいかがでしたか?

学校はあくまでも勉強を教えるだけの場所、というスタイルでしたので、食事は支給されませんでした。よって自分で近くのレストランや食堂で食べたり、マーケットやスーパーで食材を調達して自分で調理する必要がありました。

食堂では個人経営のお店が出す現地の料理や、家庭料理を食べました。私はアドボや魚(ティラピア)などが大好きで、特に好き嫌いはありませんでした。

朝はタホーと呼ばれるタピオカ豆腐や、グリーンマンゴー、ココナッツジュースの路上販売がありましたので、とってもヘルシーに過ごすことができました。

9、インターネットの環境はどうでしたか?

学校のWi-Fi環境はとても良かったです。休み時間の際に携帯をいじることができたので、連絡を取り合うことに特に支障はありませんでした。

10、その学校の最大のメリットと最大のデメリットを教えて下さい

メリットは勉強に集中できることです。マンツーマンレッスンなので先生とだけ話すことに集中できます。レッスンスタイルは教科書を使ったレッスンなのか、会話力を高めるレッスンなのか、TOEICや英検に特化したレッスンなのか自分でカスタマイズすることができます。

入学時には英語のレベルを図る筆記テストのみを受けます。その後、管理人の方とカリキュラムを設計していきます。このとき自分の英語が片言でも頑張って理解してくれます。

デメリットは寮がないことです。食事も支給されません。また、停電になったときは天井をはがして青空教室になります。雨の日の停電時はキャンドルを灯します。格安である分、設備が乏しくちょっと不安です。

また、レッスンに関してはカリキュラムが決定された後は、基本的に先生と生徒のみのやり取りになりますので、厳しい先生や自分と合わない先生が担当になると少し苦痛になることがあります。

11、ずばり、この学校での留学を成功させるコツとは?

自分に合ったカリキュラムを自分で設計すること、自分の好きな先生とレッスンをすることです。レッスン時間を大幅に変えない限り、先生は基本的に卒業まで変わりませんので、先生選びは重要な要素といえます。

日本に帰って試験がしたい、というのであれば試験に特化したレッスンをしたいと管理人に伝えることが必要になってきます。

12、何か他に留学エピソードや、今後の留学生のためにお伝えしたいことがあればお願いします

セブパシフィック航空を使えば格安でフィリピンに行くことができます。さらに時差もほぼ変わらず、飛行機で4時間で到着できます。暖かい場所で南国のフルーツが好きな方にもおすすめです。

一方で貧富の格差が激しいのも現状であり、それが犯罪率の高さにも繋がっています。警察官も応戦用のライフルを常備していますが、その銃口は犯罪者だけでなく、私たちの心に向けられていると、考えさせられる場面も多々あります。

こうした場面を見てしまうと、日本から出る前には何もないと悲観していた日本人でも、フィリピンから帰る際には自分は全てを持っている、と自信をもって帰ってこれます。

幸せとは何なのか、ものを保有することではなく、人に与えることができる能力を有することであると学ぶことができます。

世界を広く知りたい方は人生の勉強として、是非行ってみてください。

フィリピンセブ島留学の語学学校全リストはこちら

facebook限定で最新情報をお届け!

この記事が気に入ったらフォローしよう

Twitterでフォローしよう

こちらも読まれてます