フィリピン留学口コミ評判、体験談「インタビュー」

このコーナーではフィリピン留学をした方の体験談をご紹介します。
今回はフィリピンの語学学校、Man to Man Boaring schoolに通われた留学生へのインタビューです。

今回のフィリピン留学生

・お名前:中村あらた
・ご年齢(留学前):19
・ご職業(留学前):アルバイト・フリーター
・通われた語学学校(校舎も):Man to ManBoaring school
・留学滞在期間:留学滞在期間は2ヶ月

1,なぜその学校を選んだのですか?

MMBSを選んだ理由としては、自分はワーキングホリデーでオーストラリアに行く予定だったので、ある程度の英語力、向こうでの会話がスムーズに行くようになるためにフィリピンの語学学校を選びました。

MMBSはフィリピンの語学学校の中でも有名で語学学校を紹介しているサイトで、英語初心者が4週間で基礎文法を徹底的に学ぶことができ、講師同室で確実な英語レベルの向上が望まれること。

授業は自分が勉強したい科目を自由にアレンジして自分好みのスケジュールを作成可能で、毎月のテストとカウンセリングで長期の留学者のだるみを防ぎ、学校内にクリニックがあり、無料で初期の診察が可能なので健康管理も安心というキャッチコピーを見て、ここにしようかなと思い決定しました。

2,フィリピン留学前に準備してきた事は何ですか?

フィリピン留学前にした準備としては、自分はフィリピン留学が終わったあとすぐにオーストリアにワーキングホリデーに行く予定だったので、まずパスポート、ワーキングホリデーのビザ、オーストラリアのゴールドコースト行きのフライトなどまず、オーストラリアの準備から始めました。

そのあとフィリピンに対する準備を始めました。

主な準備としては学生ビザの取得。語学学校の手続き。この手続きは自分ではやらずに有料のエージェントを利用しました。そしてフィリピン行きのフライト。荷物に関してはソフトタイプのキャリーバックに必要最低限の荷物を揃えました。

例えば、服2、3着やパソコンなど。フィリピン留学に行く前はアルバイトと勉強をしていました。

お金がかかるのでそれを賄う分バイトをしたり、勉強は圧倒的にボキャブラリーが少なかったので、高校で使っていた単語帳を1からやり直したり、OXFORD PICTURE DICTIONARYという沢山の日常で使える単語がたくさんのっているものを使って勉強しました。

3,フィリピン留学してみて、準備が足らなかったものは何ですか?

フィリピン留学で持っていけばよかったなと思うものはいくつかあります。1つ目は日焼け止めです。フィリピンは日本よりも日差しが強いので、日焼け止めは出来るだけ沢山持って行った方がいいです。

自分は日焼け止めを持って行かなかった結果、フィリピンで売っている日焼け止めはなかなか肌に合わずとても苦労しました。

2つ目は薬です。慣れない気候で風邪をひくことも多々ありますし、とくにアレルギー持ちや病気持ちの人は薬をちゃんと持っていきましょう。そうしないとフィリピンに自分にあう薬がなかった時が非常に困ります。

4,学校の施設はどうでしたか?

学校の施設としては自分的には快適に過ごせたなと思います。宿泊部屋はそこまで広くなかったですが、想像していたよりも清潔だったのでよかっです。

学校の教室も外観はブルーのラインが入っていて可愛いかったですし、内部も綺麗でした。キャンパス内はとても広くジョギングやサッカー、バスケ、バトミントン、プール、ゴルフなど体を動かすこともできるスポーツ施設が充実していて、そこでも沢山の生徒と交流がありとても充実していました。

個人的にトイレ、シャワールームがもっと綺麗だったら良かったです。納得のいく綺麗さではなかったですね。

5,授業のカリキュラム内容を教えて下さい

自分の授業内容のカリキュラムはほとんどマンツーマンの授業でした。基本的な文法をずっとやって、講師との会話をこなしていく中で英語力の上達を図るというものでした。

ビジネス英語対策やTOEIC対策の講座では、グループクラスでみんなと一緒に授業を受けることができましたが、自分はその講座を希望していなかったのでほとんどマンツーマンで受けました。

6,最もためになった授業と、ためにならなかった授業を教えて下さい

最もためになったのは、マンツーマンで講師と自分の英語力に合わせて会話ができたことです。

英語で会話するという経験もできましたし、自分の英語力に講師が合わせてくれるので安心して会話にトライすることができたのが良かったです。ですが逆にオーストラリアに行った時そこが仇となりました。

オーストラリアでは自分の英語力に合わせて話してくれることなどほとんどないので、すごく緊張しました。

オーストラリアでも語学学校に行きましたが、向こうはほとんどの授業がグループクラスだったので、自分から積極的に発言しなければならなるので、フィリピンでの経験がなかなか生きる場面が少なかったです。

7,周りの環境、治安はいかがでしたか?

周りの環境は真面目に英語を勉強しにきてるという人が多かった気がします。とくにTOEICのスコアを向上させるためにきてる日本人が多かったです。治安は良く分かりません。ほとんど学校内にいてあまり外に出る機会がなかったので、治安の良し悪しはよくわかりませんでした。

8,食事内容はいかがでしたか?

食事の内容はぼちぼちでした。しっかり3食は出るのですが、フィリピンの味になれるのが大変でした。やはり日本人の味付けとは全然違かったので最初の1.2週間は全部食べきることが出来ずお腹が空くことも沢山ありました。

日本から食べ物を沢山持って行った方がいいと思います。

9,インターネットの環境はどうでしたか?

インターネットの環境はWi-fiはちゃんと設備されていましたが、電波が少し弱かった気がします。日本の友達とライン通話する時に時々とぎれることなどありました。

10,その学校の最大のメリットと最大のデメリットを教えて下さい

学校の最大のメリットはやはり海外に自分1人で行ったという経験が得られたことです。人生は一度きりなので自分1人で海外に行けたという経験はでかいと思います。

最大のデメリットは日本人が沢山いたことです。想像していたよりも日本人と話す機会が自然と多くなり、その分外国の人と話す機会が減った気がします。

11,ずばり、この学校での留学を成功させるコツとは?

この学校で留学を成功させるには、マンツーマンで接してくれる講師に自分から積極的に高いレベルで話しかけていくことです。何回でも失敗はしていいので、自分の中の恥ずかしさを消して積極的に話しかけて行きましょう。

あとはあまり日本人と関わらないことです。日本人に関わらずもっと積極的に外国の人に話しかけましょう。フィリピンだけでなくいろんな国から集まっているので様々な文化を体験しましょう。

12,何か他に留学エピソードや、今後の留学生のためにお伝えしたいことがあればお願いします

今後留学する人たちはしっかりリサーチをしてください。リサーチをする事でわかることは思っているより沢山あるのでリサーチに時間をかけるべきです。

Man to ManBoaring schoolの学校詳細はこちら

フィリピンセブ島留学の語学学校全リストはこちら

こちらも読まれてます