フィリピン留学口コミ評判、体験談「インタビュー」

このコーナーではフィリピン留学をした方の体験談をご紹介します。

今回のフィリピン留学生

・お名前:K
・ご年齢(留学前):26
・ご職業(留学前):会社員
・通われた語学学校:CNS2
・留学滞在期間:2018年7月〜8月

1,なぜその学校を選んだのですか?

IELTSに特化した学校なので、IELTSのスコア達成には最適だと思ったため。

2,フィリピン留学前に準備してきた事は何ですか?

【参考書や勉強】
IELTSの単語帳に載っている単語をひたすら覚えた。

【アイテム】
IELTSの単語帳、ケンブリッジシリーズ

3,フィリピン留学してみて、準備が足らなかったものは何ですか?

語彙力が不足していたので、もっと覚えて行くべきだった。

4,学校の施設はどうでしたか?

○部屋
古くて綺麗とは言い難いが、毎日掃除してくれるので寝るだけなら問題ない(8:30〜22:20までランチとディナー時間以外は部屋には入れない)。シャワーは他の人が使っていると水圧が弱くなったり、お湯が出にくくなったりする。

○教室等
自習室があり、1人1席与えられる。空き時間と夜の強制自習時間はそこで勉強することになる。窓がないため、人が多い時期は空気が澄んでいた。

○マネージャー
日本人マネージャーがいたが、特に頼ることはなかった。今は居ないようです。何かあったら韓国人のオーナーもしくはジェネラルマネージャーに直接伝えた方が早い上、交渉もしやすい。

5,授業のカリキュラム内容を教えて下さい

マンツーマンクラス3コマ(スピーキング、リーディング、ライティング)、グループクラス5コマ(発音、文法、スピーキング、リーディング、リスニング)。

スピーキングはIELTSの練習問題を繰り返し練習する。
マンツーマンのリーディングは主に宿題の答え合わせをしていた(宿題で3つのパッセージを解く)、余ったら問題を解いていた。

グループのリーディングは、最初の1ヶ月はどんな問題があって、どのように解いていくのかを教えてもらい、2ヶ月目以降は、授業前半の20分間問題を解いて、後半はみんなで答え合わせをしていた。

ライティングは、1ヶ月目にTASK1を単純なグラフから複雑なグラフへ順番に学ぶ。2ヶ月目はTASK2の問題をタイプ別に学ぶ。3ヶ月目以降は宿題で問題を解いて、授業中に添削してもらう。

文法は2種類あり、1ヶ月目は主にライティングのTASK1と連動する内容を学び、2ヶ月目はTASK2と連動する内容を学ぶ。2種類しかないので、3ヶ月目以降は、文法授業を取らないか、再度同じ内容の授業を取るか選択できる。

リスニングは、授業中心に1セクション解いて、みんなで答え合わせをする。新入生(最初の1ヶ月)とその他(2ヶ月)で2クラスしかないので、1クラスの人数が多い。

毎週金曜日は模擬試験を行うため、グループクラスはなく、マンツーマンクラスのみとなる。

6,最もためになった授業と、ためにならなかった授業を教えて下さい

マンツーマンのスピーキングは非常に良かった。良い先生に当たったこともあり、的確にアドバイスをいただき、できるまで何度も練習させてくれた。宿題も弱点に特化したものを出してくれていたので、成績が飛躍的に伸びた。

文法のクラスもライティングと連動していて、実践で使える知識が身についた。発音とリスニングのクラスは人数も多いためか、時間の無駄としか感じなかった。

7,周りの環境、治安はいかがでしたか?

バギオ市の中心部に位置しているため、気軽に買い物や食事に出かけられて良かった。しかし、交通量の多い道路に面しているため、騒音が気になる方にとっては苦痛かもしれない。

バギオなので治安は良く、夜も一人で出歩いていた。タクシーでぼったくられることもない。スリはあるので、混雑する場所では、かばんを体の前で抱えるように持っていた。

8,食事内容はいかがでしたか?

食事は3食提供されるが、週末は食べ残しを減らすために事前にチケットをもらう制度となっている。

味は普通の人なら文句を言うかもしれないが、私は特に気にならなかった。口に合わない人は、徒歩圏内に沢山レストランがあるので外食できる。

9,インターネットの環境はどうでしたか?

インターネットはほぼ繋がらない。自習室がある階にwifiが一応ある。寮の階にはない。ネットワーク通信も今ひとつだった。

10,その学校の最大のメリットと最大のデメリットを教えて下さい

メリットは、IELTSの最新問題(スピーキング)の情報を持っており、学校で練習した問題が本番のスピーキングテストで出ることが多い点。また、ほとんどの生徒がIELTSの目標スコアを取るために来ているので、お互いに切磋琢磨しながら勉強できる点。

デメリットは、リスニングクラスが無意味な点。リスニングはマンツーマン授業がないにも関わらず、グループは大人数のため勉強にならない。

皆自分で勉強している状態。稀に追加料金を払ってリスニングのマンツーマンクラスを取っている人もいた。
※学校に追加料金を支払えば、マンツーマンクラスを増やしたり、土日に授業を受けることもできる(担当する先生と時間・曜日を交渉する必要がある)

11,ずばり、この学校での留学を成功させるコツとは?

留学前に可能な限り単語を覚えること。留学中は、大量の宿題をただこなすのではなく、学んだことを生かして行うこと。

12,何か他に留学エピソードや、今後の留学生のためにお伝えしたいことがあればお願いします

先生はピンキリです。良い先生は少なくなってきています。しかし、先生よりも自分で勉強する時間の方が成績UPには重要なので、先生にはさほど期待せずとにかく勉強し続けることが大切です。

また、授業や先生の変化などは、ヘッドティーチャーが聞いてくれますが、数名の生徒が同じ先生を選んだとき、その選ばれた先生が先生たちの中で評判の良い生徒かどうか(頭の良し悪しではなく、面倒くさい生徒かどうか)で選ぶこともあるようなので、良い態度で授業を受けていた方が得です。

フィリピンセブ島留学の語学学校全リストはこちら

こちらも読まれてます