セブ留学業界の加圧ジム!?25分で追い込む英語学校「Four Word」

こんにちは。
TARGET Global English Academyの石原です。

今回は今年の4月Four Word English Studioを開校させましたが、こちらの数あるフィリピン留学の学校の中でもユニークポイントが数多くあります。今回はその特徴の一部をご紹介させていただきます。

フィリピン留学の魅力を捨てた!?

フィリピン留学の最大の魅力はなんと言ってもマンツーマン授業の長時間授業ではないでしょうか。

これは他の国ではアメリカ、オーストラリア、カナダなどはもとより、フィジー、マレーシア、マルタなど含めてもほとんどないフィリピン留学のユニークなポイントと言えます。

フィリピン留学の殆どの学校は「マンツーマン授業が長時間受けられる」というポイントがセールスポイントとなっていますし、学生さんもそれを希望する方が殆どです。

ですが、Four Wordはその魅力の「長時間」というポイントをあえて捨てることにしました。

TARGET Global English Academyイメージ5

授業時間ではなく英語力の伸びを売る学校

その理由としては、単なる長時間学習は効率が悪いことが多いからです。

日本人は勤勉な国民性と言われ、精神論が広く支持されています。それはドラゴンボールの世界観で辛い修行を長時間すればするほどそれに比例して強くなるというもの。

とてもわかりやすく、長時間学習した人の多くが口を揃えて「これだけの時間勉強したからこそこれだけ伸びた」と言うのでやはりそうかと思ってしまいます。

しかし、実際に長時間授業を毎日繰り返していくと、最後の2時間位は集中力がきれてしまってとりあえず授業に出ることが目的になってしまうケースが多く見受けられます。

もちろん長時間学習でも英語力は伸びます。ですが、その際に「もっと短い時間に集中して勉強すれば同程度、それ以上伸びたかも」という可能性は殆どの人は考えません。

例えば毎日12時間学習を3ヶ月継続しようと決めそれを達成した場合、確かに達成感は得られますが、その効率は果たして8時間学習の人より1,5倍伸ばしているのでしょうか。

仕事でも同じですが、いつもだらだらと残業している人が今日はデートがあるという日は定時に終わって退社するというようなことが普通にあるように、集中して行えば短時間でもしっかり結果は出せるのです。勉強も単に長い時間やれば良い結果がでるわけではありません。

脳が疲弊した状態でだらだら3時間勉強するより、集中してやった1時間の方が学習効率が高いのは明らかです。

Four Wordはその集中力に注目し、短時間で高い効果が出せる授業を提供し、授業時間ではなく英語力の伸びを売る学校としてデザインされています。

TARGET Global English Academyイメージ4

単に授業時間が短いのではない

カリキュラムは3時間のマンツーマン授業に2時間のグループクラス、そして3時間の自習の日中8時間で自習も含めて完結するようにデザインされています。

しかし、当然のことながら単に勉強時間を短くすれば効率が上がるということはありません。

Four Wordには先生がいない!?

Four Wordの授業は一般の学校と違い先生が一方に教えるという形の授業はありません。それどころか、そもそも先生(Teacher)がいません。Four Wordでは先生をTeacherと呼ばず、Trainerと呼びます。

TARGET Global English Academyイメージ3

その理由は授業は実践型のトレーニング形式となり、先生は課題をだして一緒に並走してくれる存在、ちょうどスポーツジムのパーソナルトレーナーのようなイメージだからです。

学校の正式名称もFour Word English StudioでAcademyやSchoolではなく英語のスポーツジムをイメージしています。

いわゆる文法やライティングの授業というものはなく、体系立てられた実践型のトレーニングを通して総合的な英語力を付けていくスタイルです。これは奇をてらったものでも、よくある赤ちゃんは英語に触れているうちに勝手に覚えるので単に英語を聞き流すというような都市伝説の教授法ではありません。

TARGETで6年のノウハウと第二言語習得論という科学的知見から作れたカリキュラムで既に在校生から高い評価をいただいています。

負荷がかかりすぎるトレーニング

トレーニング型の授業は筋トレのように負荷がかなりかかる内容になっており、通常の授業の50分は持ちません。

そこでFour Wordは1コマを25分に設定しています。25分毎にブレイクを挟むことで高負荷な授業を集中してこなすことができるようにデザインされています。

トレーナーも毎日2時間研修

また、授業内容が他校とは圧倒的に異なり、授業の進め方は細かく指定されているのでそれをしっかりハンドルできるトレーナーの質は非常に高いものが求められます。

ただ英語力が高い、英語講師経験が長いというだけでは通用しません。

一度習得した教授法も放っておくと、トレーナーの独自のやり方がだんだん入ってきてしまいます。常にアップデートしていくことが必要もあります。

そこでFour Wordでは平日毎日2時間のトレーナートレーニングを行なっています。これだけトレーニングに時間と手間をかけているのは、フィリピン留学の学校が多しと言えど当校以外はないでしょう。

「Four Wordの講師はフィリピンでNo1の講師でなくてはならない」をスローガンに徹底して異常とも思える量のトレーニングを日々積み重ねて最強の講師陣を作り上げていきます。

授業場所はフルオープン

その他多くのフィリピン留学の学校の授業はマンツーマンルームという個室やパーテションで区切られていることが多いです。これは学生さんが人に自分が話しているところを見られたくないということから生まれたスタイルですが、Four Wordは個室どころかパーテションもありません。

しかし、これは学生さんにとってメリットがあるスタイルなのです。

カフェスタイルを採用

個室だとマネージャーなどがチェックしたくてもなかなか把握することが難しく、講師が学生と仲良くなると手を抜いておしゃべりをしてしまったり、緊張感がなくなったりするリスクがあります。しかし、Four Wordのスタイルでは常にマネージャーが確認できるのでトレーナー常にほどよい緊張感をもって授業にあたることになります。

TARGET Global English Academyイメージ2

人前で話すことの抵抗が早い段階でなくなる

確かに個室は人の視線はきにならないのですが、逆に言うといつまで経っても人前で話すことに慣れないケースも出てきます。ですが、このフリースペーススタイルなら早い段階で人前で話すことに慣れることができます。 

それに実際は皆自分の授業に集中しているので、人のことを気にしている余裕はありません。

TARGET Global English Academyイメージ1

以上のようにFour Wordは既存のフィリピン留学の既成概念を取り払い、日本人の英語力アップの最短距離を目指す形で0からデザインされています。

今まで英語の勉強をしてきたけど思ったように英語力が上がらなかったという方は是非Four Wordをお試しください。必ずあなたの英語力を伸ばしてみせます。

そんなFour Wordでは現在大変お得なキャンペーンを行なっています。

お得なキャンペーン情報
期間限定で1週1万円引き、3ヶ月で12万円割引、半年留学すると約24万円割引など大型のキャンペーンになっておりますので是非この機会にご利用ください。(2019年7月現在)

詳細はこちら↓
http://4word-english.com/cmp/

TARGET Global English Academy
石原智之

こちらも読まれてます